西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

04/05/13(木)

[]ウルウル 16:05 ウルウル - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ウルウル - 西川純のメモ ウルウル - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今週の頭に4年のNちゃんとディスカッションをしました。Nちゃんのテーマは、「学び合いによるテスト」です。すごくおかしなテーマでしょ。多くの教師は、テストといえば、一人で答えを出して、それを教師が採点するものだと考えています。だから、テストの時間に子ども同士が相互作用するなんて、とても考えられないと思います。それを乗り越えよう、というのがNちゃんの研究です。

 ゼミに来た時のNちゃんはだいぶ悩んでいました。つまり、学び合いによるテストでは「教師」が子どもの能力を測れない、という問題にぶち当たってしまいました。Nちゃんは色々と語ってくれました。しかし、それに対して私は以下のように語りました。

私:Nちゃん、なんで教師が子どもの能力を測れないと駄目なの?

Nちゃん:子どもがどんなところが分かって、どんなところが分からないかが分からなければ、それ以降の指導の手だてがつかないからです。

私:子どもは一人一人、多様な誤解を持っているよ。それを40人分ちゃんと評価することなんて出来るの?そんな評価をすれば、ものすごい手間がかかるよ。それに、その手間のかかる評価によって、一人一人、膨大なデータが出る。その40倍のデータが出るんだよ。それを読める?そして、それに対応した指導なんか出来る?少なくとも、私には出来ないよ。Nちゃん、囚われているよ。我々の研究室の考えを思い出してよ。子どもを救うのはまず自分。それを手助けするのは子ども。教師はそれを実現する場を提供するんだ。子どもを救うのは子どもなんだ。だから、テストを通じて、どれが分かって、そんなところが分からないかが分からなければならないのは、まず、本人で、次に周りの子どもなんだよ。周りの子どもが、友達がどんなところが分かって、どんなところが分からないかを知るためには、学び合いによるテストしかないでしょ。

 言い終わった後、それまで不安だった自分のテーマに自信を取り戻し、Nちゃんはウルウルしました。(こういうところも学生さんが可愛いところです) 

 白状しますと、偉そうに諭した私が、分かっていたというわけではありません。Nちゃんとディスカッションするまで、ハッキリしたことは分かっていませんでした。でも、Nちゃんとディスカッションする間に、我々の研究室の考え方で、もう一度考え直すことをしました。その瞬間に私に見えたことを、百年前から知ったように語っただけです。これから、Nちゃんが、どんどん、テーマを膨らまし、深みを与えてくれることでしょう。ワクワクします。

追伸 私自身が自分の囚われに気づいた時、ウルウルなりかけました。しかし、Nちゃんが先手でウルウルしたので、ウルウルをグット我慢しました。皆さんへ、学部学生さんが、私の部屋を目を赤くして出てきたとしても、私が怒って泣かしたわけではありません。誤解がないように。