西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

04/01/27(火)

[]ちょっと怒って 17:18 ちょっと怒って - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ちょっと怒って - 西川純のメモ ちょっと怒って - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は人とつきあうのが好きではありません。正確には、人とつきあうのは好きなんですが、それ以上に人に裏切られるのが大嫌いなんです。それ故、つきあいを広げるより、裏切られることのない限られた人とつきあいたいと願っています。それが社会生活における私の基本戦略です。

 例えば、学会の懇親会がそうです。私が若い頃、「学会は懇親会に参加するために行くんだ。懇親会に参加するために学会で発表するんだ」と教えられていました。そして、それに納得していました。懇親会というのは、学会発表の後、全国から集まる研究者と知り合う機会として、大きな会場に数百人の参加者が集まり、酒を飲みながら話し合う会です。その機能は、「お見合いパーティ」と全く同じです。しかし、10年以上たつとあることに気づきます。しらふで楽しく話せる人と酒を飲むと楽しいが、酒を飲むと楽しく話せる人と、必ずしもしらふで楽しいわけではないということに気づきます。懇親会で活躍している人が、それを離れて人望を集めるわけではありません。そういうことに気づきました。それ故、私は学会の懇親会に参加しません。その代わり、普段話している院生さん達と学会で飲んでいます。学外の人と飲みますが、それは、普段のメール等でつきあえる人と、連絡しあって二人だけで飲める機会を設けます。私のボスのT先生も、私と同じようなことに十分気づいています。しかし、懇親会に参加されます。理由は、私と違って、酒の席で楽しく飲めれば、しらふな時は別だということは十分に分かって割り切って楽しめます。また、私と違って、しらふで楽しく語れる人の数が多いという特質があります。

 もう一つ、私の業者選定の基準があります。それは納期を守れるか、ということです。「これこれまでにやってくださいね」と軽く頼みます。それに対して「はい」と言ったら、絶対に守る業者を大事にします。そのような業者に次も仕事を頼みます。そのような連続の中で、約束を守り続ける業者を最も大事にします。もちろん、守れない場合は生じます。しかし、信頼できる業者は、その期限が切れる以前に、「すみませんでした」と最初に謝り、遅れる理由、現状の説明、改善策を言ってくれます。このようなことが言えるのは、「約束を守らなければ」という気持ちがあるからです。これが守れる業者であれば、値段の多少は問題になりません。まもれない業者は「約束を守れなければ」という気持ちがないんです。まあ、口先だけでごまかせると思っているんでしょうね。

 納期、値段、仕事の質は、それぞれ誠意、駆け引き、能力に対応します。私が重視するのは、第一に誠意であり、第二に能力です。誠意や仕事の質を値段で代用しようとする業者は二流にしか過ぎません。値段は誠意がある業者であるならば、それほどのバカな値段設定をするわけがありません。差があっても、最大でも20%以下です。私には色々な仕事があります。値段の駆け引きをする時間はありません。それ故、その人が納期を守れるか、つまり誠意があるかの1点を重視します。それさえ守れる業者であれば、「お任せ」です。この戦略で仕事のつきあいをして、間違いがありません。納期の守れない業者は、どんなごたくをいっても浅薄なものです。それに値段や仕事の質が落ちる前兆に、納期が守れないという現象が現れます。

 3年前まで、西川研究室に所属したいという学生さんに、最初に結ぶ「ただ一つ」の契約は以下のようなものです。(学部OBの方、そうでしたよね)

 『自分がやると約束した期限は必ず守って。でも、世の中何が起こるか分からないから、守れないことあるよね。その場合は、約束した期限の前に、「出来ませんでした」と言ってね。そうしたら、「じゃあ、いつ出来るの?」と聞くから。』

 最近は言いません。理由は、守れる学生さんは守れるし、守れない学生さんは守れないからです。結局、契約の問題ではなく、私との約束を「守りたい」と思うような人間関係を結べるか否かですから。

追伸 学外者の期限を守れないたわけた理由を、もっともらしく承り、「その通りですね」と言わざるを得ない自分に怒ってメモりました。裏切られるような人とつきあいたくない、と再度、強く感じました。