西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

04/01/23(金)

[]本日の馬鹿話 17:22 本日の馬鹿話 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日の馬鹿話 - 西川純のメモ 本日の馬鹿話 - 西川純のメモ のブックマークコメント

いつもの通り、院生さんの部屋に行って、馬鹿話をしてきました。本日の馬鹿話は、「期待しているよ認定」です。Iさんによれば、自分が教室で子ども達にやっていることというのは、私が院生さんにやっていることとほぼ一致してるそうです。つまり、「期待しているよ」、「信じているよ」、そして「遊んでいてもいいんだよ、結果さえ出せればね」という3つの言葉で、学習者をどんどん追い込んでいくんです。その結果として、いつのまにか術中に陥り、学習者は一生懸命にやることが当たり前の状態になります。でも、これって校長、教頭のような管理職が持たなければならない能力です。

 今日の馬鹿話は、私が「期待しているよ」流の家元になり、「期待しているよ1級」もしくは「期待しているよゴールド」のような資格を金を取って認定するとしたら、というものでした。例えば、喧嘩の際、「俺は空手の有段者だ」と言って相手をビビらせるように、新任教頭は新任校で「俺は期待しているよシルバーだ」と言って職員をビビらせるんです。また、新任校長は新任校で「俺は期待しているよゴールドだ」といって職員をビビらせるんです。そうなると、職員の方は「あ~、駄目だ、抵抗しても無駄だ」となるんです。

 職員集団が手強い学校に管理職を派遣する場合、「期待してるよダイヤモンド」の校長を派遣することになります。そうなると、さしもの職員集団もビビってしまうわけです。その結果、私のところには、「是非、私 に期待しているよ○○の資格を下さい」という全国の管理職から認定料が集まり、左うちわの老後を過ごすことになります。

 この馬鹿話の面白さを、リアリティを持って分かるのは、「期待しているよ」の術中に陥った人でしょう。いわゆる楽屋落ちという話です。ちなみにIさんの認定料は100万円ですよ。

追伸 私は何か重要なことを話すために院生さんの部屋に行きます。しかし、この種の馬鹿話を5~15分間してしまうと、何のために院生さんの部屋に行ったのか忘れてしまいます。一連の馬鹿話のプロトコル分析をすれば、その発端は院生さんの話で、馬鹿話を盛り上げているのも院生さんであることが明らかになるはずです。ということは、私に重要なことを話させないための、院生さんの術中に陥っているのかな~・・・