西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

04/01/17(土)

[]褒める 07:55 褒める - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 褒める - 西川純のメモ 褒める - 西川純のメモ のブックマークコメント

 西川研究室は厳しいということは有名です。そのことは学習臨床コース以外の学生さんにも知られています。我々の学生さん、院生さんが「西川研究室」ですと言うと、「ああ、あの厳しい研究室だね」と「ああ、あの面白い授業をする先生研究室ね」という二つの反応が返ってくるそうです。西川研究室の厳しさは学外に広がっており、学会教育センターで「あの厳しい研究室ですね」と見知らぬ人から突然に言われることがあるそうです。

 ということで、「ちゃらんぽらん」な学生さんや院生さんは我が研究室鬼門です。ところが、「ちゃらんぽらん」なメンバーが所属する場合があります。成績は必ずしも優秀というわけではありません。ところが、コンパの時には、その人がいるだけで、つまみの品数が数品多くなるような人です。とにかく、軽く、面白い学生さんです。でも、二人だけで話すと、「ド真面目」なんです。これが、この人の本性なんだな~と思います。だから、厳しい西川研究室希望するのだと思います。全体ゼミでも、学年ゼミでも、思った疑問を直ぐに言葉にします。その言葉によって堅い議論がかき回され、議論が深まります。どんどんバカをします。そのため、周りの人がバカをしやすくなります。他のメンバーを、「凄いな~」と率直に褒めることが出来ます。

 集団においては多様な役割があり、どの役割が偉い、どの役割が偉くないというわけではありません。重要なのは多様な役割が存在しえることです。それゆえ、私のやるべきことは、見た目に拘ることなく、「来る者は拒まず、去る者は追わず」というスタンスを守ることです。そして、それぞれの役割の人が自身の役割に誇りを持てることだと思います。それ故、私は誇ります。西川研究室には「ド真面目で、バカをやれる」愛すべきメンバーをもてることを、心の底から誇ります。そのメンバーが我が研究室における宝です。