西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

03/10/05(日)

[]自戒 22:15 自戒 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自戒 - 西川純のメモ 自戒 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学び合いを始めた子どもと、それ以前の子どもを比べた時、両者の違いはどんなものがあるでしょうか?目の前の子どもを見たとき、その変化は劇的です。学び合いが生じたときの子ども達のパワーには愕然します。それゆえ、変わったと考えがちです。しかし、その見方は、ある意味で我々が陥りがちな罠のように思います。

 例えば、生まれてからずーっと籠の中で育てられた鳥を想像してください。あるとき鳥籠から、その鳥を出して放てば大空に飛びます。確かに飛び方ははじめは弱々しいとしても、直ぐに力強く飛ぶでしょう。それでは、その鳥は放たれる前と、放った後で何か変わったでしょうか?明らかに、何も変わらず、ただ障害から自由になったに過ぎません。逆も同じです。放たれた鳥を籠に戻せば、もとの籠の鳥に戻ります。どのような状態にせよ、鳥は飛ぶ能力を持っています。子ども達も同じです。どんなに抑圧されても、その中には学び合う力を持っています。我々がやっているのは、単に籠から出したに過ぎません。 この自覚を忘れてしまえば、「俺がやった」という教師主導の旧来の考え方と何ら変わらない考え方に囚われてしまいます。

 同じような罠は我々自身への自己評価にも現れるように思います。子どもの有能さを自覚し、場を設定することの意味を理解できれば、教師の抱える問題のかなりの部分を、容易く、質高く解決することが出来ます。しかし、そうなる前と、そうなった後で、どれほどの違いがあるのでしょうか?実は無いのではないでしょうか?私はバンジージャンプに近いように思います。

 絶壁から身をなげうつということは、とてつもない恐怖をともないます。同じように、子ども達を有能と信じ、一歩、自分が引くということは、教師にとってはとてつもない不安を伴います。おそらくバンジージャンプインストラクターは、バンジージャンプがいかに安全であるかを飛ぶ人に説明するでしょう。でも、理性で理解しても信じられず、「そういってももしかのことがある」と不安になるでしょう。さらに、言葉に表すことの出来ない本能的な恐怖を感じるでしょう。我々がやっているのは、インストラクターのやっている説明のようなものだと思います。子どもの有能さ、場を設定することの意味を色々と説明することは出来ます。でも、その後、一歩あゆみを進めるか否かは天と地ほどの違いがあります。でも、一歩進めば、その爽快さに驚くことになります。でも、一歩進んだ後の自分と、それ以前の自分にどれほどの違いがあるでしょうか?子どもや籠の鳥と同様に、それ以前においてもその力はあり、ただ、囚われていただけのように思います。

 我々の考えが理解されないとき、我々は「変なやつ」と言われるでしょう。我々の考えを伝えることに疲れるとき、私は「あいつらはバカだ」と言いたい気持ちになります。しかし、その呪縛に囚われるとき、私たちが大事にしている互恵の精神が失われてしまいます。そして、その結果は「変なやつ」と思われるのみならず、「嫌なやつ」となってしまいます。互恵の精神を失わなければ、きっと「変なやつ」から、「興味深いやつ」、「いっしょに仕事をしたいやつ」になれるはずです。

 人を見て法を説けと言います。私、及び西川研究室での研究は、教科教育の世界では異端です。それでも、我々がつぶされずおり、かつ、逆にそれなりの地位を獲得している理由は、旧パラダイム学会世界においても業績を上げ続けているからです。さらに、現場実践の世界でも、受け入れられ、多くの教師用雑誌に掲載され、全国の教員研修団体、教育センターで講演を依頼されているからです。私は私自身の願いや思いはあっても、それを語る場合、相手に会わせて語ります。(最近博士の学位を得ましたが、その時には理学博士の皆さん相手に口述試験を受けることになります。その場合は、それなりの話をします。)互いの違いはあるものの、基本は同じであることを信じ、相手の背景を鑑み、表現することが必要と思います。身近にいる反面教師の集団を目の前にして、自戒としてメモりました。

追伸 子どもたちの力は凄いですが、教師の力も凄いものがあります。なにしろ、子どもの凄い力を押し殺す力があるんですから。仮に学び合いによって籠から放たれた子どもであっても、次の担任が押さえ込もうとすれば、いともたやすく押し殺すことが出来ます。あたかも籠から放たれた鳥も、また籠に押し込めれば籠の鳥のようになるようにです。だからといって飛ぶ能力が無くなったわけではありません。単に飛べなくなったんです。教師の力が大きい故に自戒しなければなりません。