西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

03/07/28(月)

[]研究の出発点 11:05 研究の出発点 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究の出発点 - 西川純のメモ 研究の出発点 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨週末に学卒院生さんと研究に関して議論しました。それぞれの議論の方向やレベルは異なるものです。しかし、同じ誤解をしているのが印象的でした。

 我々の研究室の手法の特徴は、中長期にわたって平常の学習者・教授者の生の姿を丹念に記録し、その膨大なデータの山(本当に山のようです)を丹念に分析する方法をとっている点です。例えば、教室の場合、1~3、4台のビデオカメラ、8~40台のカセットテープレコーダー(最近ICレコーダー)で記録します。1時間の授業記録を分析するには、その4,5倍の時間がかかります。ところが、上記の方法で記録すると、1時間の授業ごとにその40倍以上の記録がかかることになります。つまり、単純に時間換算すると150~200時間分となります。それを1ヶ月から3、4ヶ月にわたって記録するのだから、気が遠くなる作業です。でも、そのような研究が可能なのも、我々の研究室の主力が現職院生さんであるという強みがあるからです。自分が授業を行い、自分のクラスで調査できるという強みです。おそらく、上記のような研究をしたいと大学研究者が願っても、それを受け入れてくれるような奇特な現場教師は殆どいないでしょう。

 学卒院生さんの場合、自分自身のクラスを持っていません。したがって、上記のような研究をするためには、それを受け入れてくれる場を探し出す必要があります。これに関して、学卒院生さんは子ども受け入れて活動させる施設にボランティアとして参加するという方法を採用しました。しかし、その施設の活動の殆どが野外活動であるため、従来我々がやっていたクラス内での記録方法が採用できないという難点があります。学卒院生さん達が悩んでいたのはその点です。

 彼らが私に、どのように記録すればいいのか悩んでいる、ということを色々と語り終えた後、私が質問したことは「その施設の活動に参加して何を感動した?」という質問です。いずれの院生さんも鳩が豆鉄砲をくらったみたいに、ポカンとしていました。おそらく、とにかくデータを取りさえすれば、あとで分析すれば何か出る、と考えていたのでしょう。しかし、教育研究の場合、そのようなことはまずありません。私は、教育研究とは、その場において感じたことを、一定の方法で説得力のあるものにする営みだと考えています。そして、その場において感じられなかったとしたら、どんな分析をしても出てくるものではありません。もちろん、○○分析(なにか難しげな言葉を入れてください)を色々すれば、何かは出てきます。しかし、それらの結果として出てくるのは、学者の世界では通用しても、現場教師の心に響かぬ結果ばかりです。私自身が、その種の論文日本でもっとも書いた一人であるので、その種の研究がやろうと思えば簡単に出来、それでいて自分自身の教師の心に響かぬ空しさを感じていました(それでいて学者社会での業績にはなります)。

 彼らには、その場において何も感動しなかったなら、そこには何もないことを説明しました。私が出来るのは、君が感じた感動を、どのようにデータ化し、分析することに関して手伝うことであることを述べました。そうすると、ぽつぽつを語り始め、しだいに色々語るようになります。

 それに対して、「今、色々語ってくれたよね。いま、思い出して語ってくれたことでも十分に心に響くよ。それを、記録にして分析するのが研究の出発点なんだよ。そのエピソードを記録しているわけではないよね。でも、それを小さな手帳に書き込むことは出来るよね。いや、写真に撮れるんじゃない。そして、その後にインタビューして、その声を記録することは出来るよね。そう考えれば、出来ることはあるんじゃない。その出来ることを出発点にして、少しずつでもデータの厚みを増やせば良いんだよ。でも、一番大事なのは、人に伝えたい心に響くものだよ。」と説明した次第です。