西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

03/07/25(金)

[]怒濤の日々へのカウントダウン 11:06 怒濤の日々へのカウントダウン - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 怒濤の日々へのカウントダウン - 西川純のメモ 怒濤の日々へのカウントダウン - 西川純のメモ のブックマークコメント

 毎年のことながらが、夏休み前半は怒濤の日々が続きます。現場先生方に参加頂くために、教育関係学会は、夏休み期間の盆前に全国大会を行います。そのため家を長く留守にします。ついでに、この時期に講演会を実施して頂ける場合は、学会の日程とにらめっこしながら、その間に入れて貰っております。そのため、来週の29日から来月の盆明けまでは遠征軍が続きます。合間合間に家族と会えますが、直ぐに次の出張に出かけます。

 ここ半月ほどは、平常の大学の業務の他に、この期間に行われる学会会議用資料の作成、また、講演会用のプレゼンの用意などに追いまくられていました。幸い、やっと本日の夕方に一応のめどがつきました。そうなると、ほっとして、これから始まる怒濤の日々を改めて思います。この期間は、本当に充実し、刺激的で楽しいのですが、家族から離れるのがつらい。出張先のビジネスホテルで一人で寝ると、なかなか寝付けず生活ペースを狂わします。(息子の添い寝をしていると、本当に良く寝られます)さらに、家内の食事を食べられないのが辛い。平常は朝、夕は家族家内の食事を食べ、昼食は家内のつくってくれる弁当を食べているので、すべて家内のつくったものしか食べていません。管理下から離れると、最初は色々なものを食べたり、飲む量が増えて、楽しいのですが、3日もたてばげんなりします。そうなると、一分、一秒でも早く家内の作った食事を食べ、家族と寝たいと願うようになります。その日まで、あと4日です。楽しみ半分、怖さ半分。でも、楽しさ半分。

[]花火が怖い 11:06 花火が怖い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 花火が怖い - 西川純のメモ 花火が怖い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は高田花火大会です。前の宿舎もそうですが、現在の宿舎も、自宅のベランダから花火見物が出来ます。息子が生まれる前は、早めに食事を終わらせ、ベランダから夫婦でぼ~っと花火見物をするのを楽しみにしていました。ところが、息子は雷と同様に花火の「ドン!」という音が大嫌いです。そのため、花火がうち上がり始めると、泣き叫び、我々の胸の中に顔を埋めます。そのため、残念ながらサッシ・カーテンを閉め切り、音と光をシャットアウトです。いつになったら、息子は花火を乗り越えられるのでしょうか?そうなれば、親子三人でぼ~っと花火見物出来るのですが・・・。