西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

03/07/04(金)

[]パニック 15:03 パニック - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - パニック - 西川純のメモ パニック - 西川純のメモ のブックマークコメント

 人間パニックになったとき、普段とは違う一面を出すものです。もちろん、私もです。でもこれは、悟りを開いた聖人以外、凡夫等しくものではないでしょうか?でも、ちょっと時間が経ってからの人の行動は、凡夫の中でも様々なようです。いつまでもパニック状態が続く人もいれば、冷静に現状を分析し、行動する人もいます。最近、ある事情で、そんなことを考えました。自分を振り返ってみれば、パニックから脱するには、状況を把握している人と話すことが大事だと感じます。もっと正確に言えば、「話す」というより「聞いて貰う」ということのように思います。

 パニックに陥る原因は、情報不足に基づくように思います。情報が不足しているため、どれだけ状況が悪化するか、その限度が分からない不安がパニックを引き起こすように思います。情報が十分に与えら得れば、とにかく「それより悪くはならない」という状況を把握出来ます。それが分かり、最悪の状況を覚悟さえ出来れば、努力いかんによって状況は改善する方向しかないのですから。だから、状況を把握している人と話し合うことによって情報を収集することが大事だと思います。でも、情報クローズされている場合、状況を把握している人は情報を明かせないという場合もあるでしょう。でも、それでも、そのような人に話を聞いて貰うと、その時の相手の表情からだけでも様々な情報を得ることが出来ます。いや、それがなくとも気が晴れる部分もあります。

 とにもかくにも、それなりの人とネットワークを組めるか、組めないかが、パニック状態に陥った人の、その後の行動を定めるものです。

[]最近の成長 15:03 最近の成長 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 最近の成長 - 西川純のメモ 最近の成長 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 毎日、息子といっしょに風呂入ります。ふと気づくと、息子が風呂から出ようと、縁に足をかけています。いつものことですので、ほっておきました。ところが、いつもは足をかけても、自分の体を持ち上げることは出来ず断念しまが、今回は、乗り越えることが出来ました。あわてて、息子をおさえて風呂に戻しました。公務員宿舎の小さい風呂ですので、たかがしれています。しかし、体が大きくなった証拠です。昨日は、家内子育てサークルに久しぶりに参加しました。最近は、風邪やなんやかやで1ヶ月ほどごぶさたでした。家内によると、他のお母さんからの第一声は、「まあ、背が伸びたね~」とのことです。毎日見ている私にとっては、当倍率でおおきくなる息子の変化は見取ることは困難です。しかし、何かのきっかけで、大きくなったんだな~と感じます。