西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

03/06/24(火)

[]肩書き 15:07 肩書き - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 肩書き - 西川純のメモ 肩書き - 西川純のメモ のブックマークコメント

 世の中には肩書きに拘る人もいます。年代が60歳代ともなると、何が何でも「長」がついた役職に就きたいと願い人がいます。教授学長のような職階の場合、給料が変わります。ところが学会学会長などの「長」は給料が変わりません。一方、仕事が多くなり、出費もかさみます。学会長になっていいことって何かあるかな~、と考えて思いつくのは、勲章の位が上がることです。例えば、勲三等の人が、うまくすると勲二等になる場合があります。でも、勲章にしてもお金を貰うわけではありません。むしろ、勲章を入れる盾をつくらなければなりません。受賞記念記念品を人に贈ったりするとものすごい出費です。でも、何が何でもと頑張っている人がいます。

 私が印象深く、今でも鮮明に覚えている映像があります。当時は、研究者といっても最下層のペイペイです。学会長などは雲の上の人で、学会の懇親会で声をかけられると直立不動で話さなければなりません。そんなときです。学会全国大会の受付でウロウロしているとき、昨年まで学会長だった大先生が受け付けをしようとしておられました。大抵の学会では学会員と非学会員で受付の方法が違います。受付をしているのは、会場大学学生さんです。その学生さんが、前学会長に向かって「学会員でいらっしゃいますでしょうか?それとも非学会員でらっしゃいますでしょうか?」と質問しました。なんと前学会長にむかって学会員であるか否かを質問しているんです。私はあっけにとられるし、受付にいたその大学先生は、「何を言っているんだ!」と学生をどなり、一方では前学会長に平謝りでした。あっけにとられる私も、しばらくして冷静に考えれば、学生さんが分からないのが当然だと言うことが納得できました。同時に、学会で肩で風を切っていた学会長も、一年経つとこうなるかと、むしろ滑稽に思えるようになりました。

 私が退官したあとで、私のことを覚えている人は何人いるでしょうか?私が死んだあとで、私のことを覚えている人が何人いるでしょうか?たとえ、ノーベル賞を取った人でも100年後に記憶される人は希と思われます。ましてや、私ごときが記憶されると期待するのはおごがましいように思います。たとえ、麗々しい肩書きで飾り立てても、そうは違いがないように思います。私が死んだあとも確実に覚えてくれると期待できる人は、家内と息子です。となれば、「肩書き」よりも、家族孝行のほうが大事だな~と思いました。ふと、昔、昔、某学会での学会選挙の際、怪文書(名前を明かさず、誹謗・中傷する文章)や怪電話でやっきになって運動した人を思い出して、メモしました。

追伸 上記の馬鹿馬鹿しさを分かっている人は少なくありません。私が尊敬する人は、大抵、ご遠慮する方々です。ところが、周りが許さず、脅し・泣き落としで逃げられなくなる人です。まあ、私の場合は、「徳」がないため、そのような状況にはならないとは思います。でも、年齢を重ねると、順繰りでそういう状況になるかもしれません。それを避けるために、せいぜい、今から不義理と不徳を重ねようと思います。これに関しては、意識しなくても、積んでしまいますから安心です。