西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

03/05/04(日)

[]私のコレクション 16:05 私のコレクション - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 私のコレクション - 西川純のメモ 私のコレクション - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は両手招き猫をコレクションしています。何気なく始めたんですが、現在大学本棚の一段を満杯にして、他の棚に進出中です。集めてみて、良いものをコレクションに選んだな~と思います。第一の理由は、縁起物です。例えば「ドクロ」や「蛇」の置物を集めたら、不気味がられますし、私の人格が疑われます。第二に、縁起物でありながら宗教色が少ない。例えば、十字架阿弥陀如来を集めたら、特定の宗教に結びつきます。ということは、他の宗教の方からは不快なものになる可能性があります。招き猫はお寺関係縁起物ですが、特段、宗教とは結びついていません。第三に、それを趣味とする人が少ない。例えば、切手やコインの場合、それを趣味とする人が多いため、価格が高くなり、プレミヤがつきます。しかし、招き猫の場合、●●年度の、●●社の招き猫のようなプレミヤものは無いと思います(少なくとも私は知りません)。第四に、第三の結果から、それを売っているところはそれほど多くありません。片手招き猫をコレクションしたならば、どこの土産物店に入っても、どかどか売っています。それを全部買い占めたら、お金がいくらあっても足りません。第五に、そうでありながら、探せば見つかる程度はあるんです。だから、どっかに旅行に行ったとき、店にふらっと入って見つかることがあります。とても良いものを拾ったような気分になります。最後に、片手ならば、「お宝」か「人」のいずれかを選択しなければなりませんが、両手招き猫ならば、両方とも御利益があります。欲張りな私にぴったりです。

[]ほくほく線 16:05 ほくほく線 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ほくほく線 - 西川純のメモ ほくほく線 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 電車好きの息子のために「ほくほく線」に乗りました。乗る前から息子は狂喜乱舞です。しかし、十日町までが千円弱という料金にビックリしました。第三セクターを成り立たせるためには、そのような料金になるのかと思いました。息子は無料ですが、夫婦で往復となると4000円ほどになります。すごい出張をしたような気になります。次にビックリしたのは、ワンマン電車だったことです。先月、兵庫加古川線に乗ったときワンマン電車に乗ってビックリしましたが、なんと、身近にワンマン電車があることにビックリしました。二両編成で、後ろの電車無人駅ではドアが開きませんでした。

 ほくほく線トンネル区間が多くを占めます。そのため、一部電車では、トンネル区間において電車天井プラネタリウムになる電車が導入されました。院生のKさんが親切にも、その時刻表が載っているホームページを紹介してくれました。時刻の関係で、その電車には残念ながら乗れませんでした。しかし、ホームページを見ていると、なんとペーパークラフトのコーナーがありました。そこには、カラーペーパークラフトPDFファイルがありました。それをカラープリントに印刷し、厚紙に張り、組み立てると、ほくほく線電車が出来上がります。試しに作ってみると、息子が大喜びです。原価数十円程度のものでありながら、その喜びようは、数千円のプラレール模型に匹敵します。調べてみると、そのようなペーパークラフトを用意するホームページは、少なくないことが分かりました。だいぶ得した気分です。