西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

02/07/05(金)

[]今日嬉しかったこと 09:35 今日嬉しかったこと - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 今日嬉しかったこと - 西川純のメモ 今日嬉しかったこと - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日人間ドックのため午前中は近くの病院に行きました。そのため、午前中の全体ゼミは欠席です。ところが、思いの外、早く終わったので途中から参加できることになりました。急いで帰ると、二番バッターのHさんの発表の途中でした。部屋にはいると、皆さん真剣に資料を読みながら、Hさんの発表を聞いています。末席に座りましたが、その間、私の方を見る方はおられませんでした。強いてあげると、Koさんが「ちらっ」と資料から視線だけ動かし一瞥した後、すぐに資料に視線を戻されました。つまり、だーれも、私を気にかけている様子はありませんでした。私がいなかったときも、居たときも、全く無関係に、粛々と、かつ、熱心にゼミをされていました。末席に座りながら、とても心地よくいました。

[]夢にまで見る指導教官(その8) 09:35 夢にまで見る指導教官(その8) - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 夢にまで見る指導教官(その8) - 西川純のメモ 夢にまで見る指導教官(その8) - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ついに「夢にまで見る指導教官シリーズの第8弾が出ました。半年以上ぶりです。

 M1のIさんから本日の早朝にメールが来ました。内容は、私が夢に出たとのことでした。特徴的だったのは、「ニコ」とした顔の私ではなかったそうです。Iさんのメールによれば、『にしかわ先生は 「あの人知らないわ」という感じで横を通り過ぎていました。まるで、世の中には困った人がいるもんだと思われたか、家族のために少しでも早く故郷に帰りたいと急いでいるようでした。(笑顔なし)』だったそうです。

 午前中は人間ドックだったので返信していませんでした。昼飯の際、Iさんは私に、「私も先生の夢を見ました。これで西川研の一員です!」とニコニコ話されていました。同時に、「でも、置いてゆかれる夢を見るのはもうイヤです。」とのことでした。

  Iさんの夢に出てくる私は私なんですが、現実の私ではありません。夢の中であっても、私なんですから、「それは、冷たいことしてゴメンね」と謝りたい気持ちになりますが、でも、私自身はやっていないことです。夢の中の私の話を聞いてると、なにか、双子の兄の噂を聞いているような、みょ~な気分です。