西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

02/03/29(金)

[]本日の大発見 11:14 本日の大発見 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日の大発見 - 西川純のメモ 本日の大発見 - 西川純のメモ のブックマークコメント

上越教育大学には全国各地の現職教員の方々が、院生として所属されます。そのような方と話していると、何気ない一言によって発見することがあります。本日は、沖縄県派遣のHさん(中学校)と、来年度(数日後ですが)に実施する実践研究の方法について話し合いました。その中で、子どもたちのグループ編成に関して、出席番号順にグループを編成すると、同じ小学校の出身者が集まるので、それは避けたいという発言がありました。わたしは、「エ!?」と驚きました。「なんで出席番号と出身中学が関連するんだろう、聞き間違いに違いない」と思い、聞き直しましたが、聞き間違いではありませんでした。良く聞くと、住所別に出席番号を割り振っているそうです。そのため、同じ学区の子どもが、近い番号になるそうです。

 私の経験では、出席番号は氏名のアイウエオ順序で決めるのが普通と思っていました。不安になったので、新潟県中学校先生であるKoさんにも内線で確認しましたが、やはりKoさんの経験でもそうだそうです。そこで、何で住所と出席番号が関連するのかを聞いたところ、家庭訪問のとき便利なためだそうです。その理由を聞いて、「なるほど」と思いました。Hさんにしては、アイウエオ順序で決めることの方が「エ!?」なんでしょうね?

 この年になっても、知ることは多いと思いました。(それも専門である学校教育に関して)