西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

02/03/22(金)

[]私の卒業式 11:15 私の卒業式 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 私の卒業式 - 西川純のメモ 私の卒業式 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日上越教育大学において卒業式、修了式があります。本学を巣立つ方々に対する感慨は強いものです。しかし、本日は私自身の節目の日です。27歳から15年間所属した理科コースという組織を出る日です。15年間所属した組織というのは、私の所属した組織のなかで、最長の組織です(次は筑波大学の7年、下赤塚小学校の6年が続きます)。もちろん、上越教育大学という組織には今後もお世話になります。しかし、27歳で所属した当初はもちろん、現在においても、下っ端の私にとっては大学という組織というのは実感のない組織です。同じ大学に勤めていたとしても、他コースの先生とお話しする機会は、それほど多くありません。従って、この15年間の殆どの時間において、実感として所属していたのは理科コースという組織です。

 12年度より学習臨床コースが立ち上がりました。その時点では、理科コースと学習臨床コースの併任という形でした。従って、その年度の院生さんと学部学生さんが我々の研究室に所属することになりました。ところが、12年度中に急転直下、学習臨床コースの専任となることが決まりました。そのため、13年度からは理科コースの院生さんと学部学生さんが、我々の研究室に所属することが出来なくなりました。それに伴って、理科コースの教官会議に参加することが無くなりました。しかし、12年度に所属された院生さんと学部学生さんの研究指導に関しては理科コースと関わっておりました。その院生さんと学部学生さんが卒業・修了することにより、それも終わります。感慨深いものです。

 私のおかれている状況(即ち、新コースに異動する教官)は上越教育大学においては少数派です。しかし、今は大学の激動期です。10年後に今ある組織が残っているとは私は思えません。それは、学習臨床コースという出来てホヤホヤのコースでさえも例外ではありません。となると、組織を離れた社会生活における私とは何かということを考えなければならないと「ヒシ」と感じます。

 今の時点では、人の繋がりがそれに当たるように思います。組織うつろいやすいものですが、人は残ります。組織を通して他の人と繋がるのではなく、個人として繋がることが大事だと思います。もし、組織を通して他の人と繋がっているならば、その組織が壊れたとたんに人とのネットワークを失うこととなります。そのことは、社会生活における力を失うことに他なりません。

追伸 このメモは、私ぐらいしか共感(また理解)できない内容のように思います(少なくとも今の時点で)。しかし、未来の私自身へのメモとして残しました。