西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

02/02/20(水)

[]子を持っての私の変化 11:22 子を持っての私の変化 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 子を持っての私の変化 - 西川純のメモ 子を持っての私の変化 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の研究室のそこかしこに息子の写真があります。それを見た学生さん・院生さんからは「息子さん可愛いですね」と言われます。それに対しては、「よく目に入れても痛くないと言うけど、私の場合は、目の奥に入れてグリグリしても気持ちいい、だよ」と答えます。大抵の場合、呆れられます。

 我々の興味・関心は、瞳孔の広がりに現れます。例えば、男性の場合は女性ヌードを見ると瞳孔が広がりますが、男性ヌードでは広がりません。女性の場合は、逆となります。赤ん坊写真を見せると、女性の瞳孔は広がります。一方、男性は広がりません。しかし、その男性も自分の子どもが出来ると変化します。自分の子どもが出来ると、他人の赤ん坊を見ても瞳孔が広がるようになります。

 私も変化がありました。一番大きいのは、児童虐待ニュースに対する反応です。以前の場合は、児童虐待ニュースを聞くと、ムカムカと怒りがわきますし、可哀想になり泣いてしまうことがあります。しかし、自分の息子が生まれてからは、ニュースを聞くことが出来ません。アナウンサーが事件の説明をし始めると、とたんに自分の息子に置き換えてしまい、耐えられなくなります。だいたい10秒程度でチャンネルを変えてしまいます。

 つまり、私の変化とは、どの子であっても自分の息子に置き換えてしまうようになってしまいました。男性が自分の子どもを持つと、赤ん坊写真で瞳孔が広がるのは、その写真赤ん坊を見て瞳孔が広がるのではないように思います。きっと、無意識に自分の子どもの姿を思い出し、瞳孔が広がるように思います。