西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

02/01/30(水)

[]昨日のヒット作 11:26 昨日のヒット作 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 昨日のヒット作 - 西川純のメモ 昨日のヒット作 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日の午後に院生のHさんが個人ゼミの予約を入れていました。午前中に別件で院生さんの部屋に行きましたら、ニコニコしながら作業をしているHさんがいました。聞くと、子ども達の自由記述を付箋化し、KJ法的に整理しているところでした。私が、「個人ゼミの時には、それを持ってくる気じゃないよね?本(実証的教育研究の技法)にも書いたように、生データの束をもってゼミに来ないでね」とお願いしました。Hさんは、困ったな~という顔をされていました。それを聞いていたKoさんが、「大丈夫だよ。そのデーター、だいぶ時間たっているから、もう”生”じゃないよ」と助け船を出しました。その絶妙な間と、「生」という意味に掛けた洒落に思わず大爆笑してしまいました。

追伸 Hさんは生データではなく、整理された資料を持ってゼミに来られました。

追伸2 よくよく考えると、「生」ものが時間がたって「生」でなくなったということは「腐った」という意味です。となると、フォローになっていないな~、と気づきました。

[]自慢 11:25 自慢 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自慢 - 西川純のメモ 自慢 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今年も研究によって新たな知見を多く得ることが出来ました。その一つに、学び合いが成立すると、教師と子どもとの関係が変わることが分かりました。平常のクラスで、子どもから教師への語りかける場合、その多くは「これでいいですか?」という評価を求める発言でした。ところが学び合いが成立すると、「これすごいでしょう!」という共感を求める発言が増加し、評価を求める発言は減少しました。即ち、子どもにとっての教師は、評価者から共感者へ変化することが分かりました。

 昨日、卒研生のSと廊下でばったり会いました。ニコニコしながら、「先生卒論の製本が出来ました。あとで先生の部屋に見せに行きます」と言いました。しかし、卒論自体は何度も読んでチェックしています。内容的には良いものですから「OK」を出しています。そのため製本した卒論を改めて読む必要はありません。そのため、「何で?」と聞きましたら、Sはニコニコしながら「自慢をするため」と答えました。その時になって、先に挙げた教師との関係を思い出して、大笑いしつつ納得しました。しかし家に帰ってから、色々考えました。

 修士2年のKiさんの授業におけるプロトコル(発話記録)を読んだことがあります。Kiさんの授業では、子ども達がKiさんのところに集まり、「すごいでしょう」と自分の成果を自慢している姿が数多く見られました。Kiさんはそれに対して、一人一人に「すごいな~」と誉めていました。

 院生さんも2年目になると修士論文の方向性が見え始めます。データ分析によって出される結果にも予想が出来るようになります。また、その結果重要性にも自信を持つようになります。また、私との関係も堅苦しい関係でもなくなります。そうなると、個人ゼミでの報告の様子がだいぶ異なります。Kiさんも、そうです。いきなり私の研究室に来て、ニコニコしながら「先生、聞いてください」と分析結果を報告します。そのことを家に帰って思い出しました。その時、「自慢」を正しく受け止めていたかと考え直すと、自信がありません。やはり、「教える」ということではKiさんは私よりもプロだな~と思いました。