西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

02/01/20(日)

[]案内図 11:28 案内図 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 案内図 - 西川純のメモ 案内図 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 2月9日理科学習臨床学セミナーを行います。遠方から参加される方も多いので、会場までの案内図を院生の係りの方にお願いしました。つくられた図を見てびっくり。今まで目にした地図大学作成のものも含めて)の中で、もっとも分かりやすく親切な図です。早速、本ホームページに載せました。ご覧ください。

 この図を作ってもらうようお願いした際、院生のMさんから質問を受けました。Mさんは「うちの研究室子どもを信じて、教師がしゃしゃり出ないようにする研究を進めていますよね」、「それでしたら地図まで、こちらで用意することは、その方針に反するのではないでしょうか?」と質問されました。質問された私は一瞬、言葉を失いました。

 この会話には伏線があります。Mさんの研究は、教師が殆どコンピュータに関して(基本的な操作方法を含めて)教えずに、コンピュータの授業をしようとする方法です。Mさんは、現場では、コンピュータの操作方法に関して丁寧に教えてコンピュータの授業を行っていました。ところが、うちの研究室の方針に触発されて、上記のような教師が一歩引く授業を実践・研究しているところです。その計画を立てる際に、子どもたちが必要となる情報を見つけやすくするため、事前に関連するホームページを教師が検索し、それを整理したデータベースを用意するべきではないか、とMさんは提案されました。子どもたちが適切なホームページを見つけだすまでに、時間がかかりすぎたという経験を、以前の実践の中でMさんは経験されていたためです。それに対して、私は、子どもを信じましょう、それゆえ、そのような教師が先走ったことをするのをやめましょう、と提案しました。Mさんも納得して、そのようなことはやめました。そのような方針の実践の結果によれば、教師が殆ど教えないのも関わらず、子どもたちの進歩は著しかったそうです(その成果の一部は理科学習臨床学セミナー発表されます)。Mさんは、「自分が去年まで必死になって教えていたことは、いったい何だったんだろう!?」という感想を持って大学に帰ってこられました。その経験があるため、「分からないだろうから、地図を用意しよう」という私の提案に違和感を感じられたと思います。

 そのMさんの質問に対して、私は二つの理由を挙げました。第一は、「教室では教師が目標を与える、ひとつのコミュニティーが成立している。でも、今回のセミナーに参加する人たちが、一つのコミュニティーを成立しているとは言えないよね」と言いました。また、「確かに本当だったら参加者を信じて、参加者地図を調べればいいことだとも思えるけど、地図を調べても、大学の場所は分かりやすいとは言えないよね。そんな状態が分かっているから、お願いしたんだよ」と申しました。おそらく納得しがたい部分は多いとは思うのですが、一応、Mさんには納得してもらいました。

 しかし、それ以来、Mさんの質問が頭の中から離れません。自分の説明にも一理あるとは思うのですが、何か引っかかる。Mさんの指摘の方が正しいと感じられます。何か分からないけれでも、このことを整理すると、「教師が教えるべきことと教えるべきではないこと」という、極めて重要テーマの答えがあるように感じてなりません。

 研究において、もっとも大事なのは「直感」です。100の理屈より、1つのあやふやな直感が大事です。特に、現状を乗り越えるには直感しかありません。だって、100の理屈論理的に導き出されるなら、とうの昔に乗り越えられたはずですから。その私の直感が警告ランプを鳴らし続けています。