西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

01/11/30(金)

[]話し合いの東西文化比較 14:15 話し合いの東西文化比較 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 話し合いの東西文化比較 - 西川純のメモ 話し合いの東西文化比較 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は附属小学校研究会がありました。その研究会関西学校先生と話すことが出来ました。その際、うちの研究室での「じゃれ合い」研究に関して話しました。つまり、一見、不真面目そうに見える子どもたちのじゃれ合いは、実は教育的に意味ある行動であると言うことです。それを聞いた、その先生からは、「文化の違いと言うこともあると思うんですが、関西では、そういった話し合いは普通に出来ます」、「関東東北から来られた先生が、うちの授業を見ると、ケンカをしているのか?と聞かれることがある」というようなことを教えてくれました。その先生によれば、テレビに映る関西のおばちゃんは素人でも面白いが、子どもたちも自然ボケとツッコミが出来るとのことです。話し合いの東西比較をすると面白いと思いました。

 グレンという人が国連での議論を分析し、各国の議論の進め方を調べました。その結果、旧共産圏の諸国の場合は、事実より原理原則を重んじ、その原理原則を一貫して、かつ強硬に主張しつつけるという特徴がありました。アメリカでは事実を重視し、そのデータに基づき論理的に主張するという特徴がありました。アラブ諸国の場合は、その目的とは直接関係ない当事者に対する感情に基づき議論するという特徴がありました。ちなみに日本アラブ諸国に近い議論を展開するそうです。

 偏見・単純化を含んでいると感じます。また、共産主義が崩壊した後のロシア東欧諸国での議論はかってとは異なっていると思います。それらを割り引いたとしても、文化の違いがあることは確かです。