西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

01/11/26(月)

[]ジェンダー 14:17 ジェンダー - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ジェンダー - 西川純のメモ ジェンダー - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近院生のYさんとこんな会話をしたことがあります。Yさんは、最近男女差別に関わる研究発表を聞いたそうです。その際、「これからは男だから○○、女だから△△という考え方を改めなければならない」という趣旨の発表を聞いたそうです。それを聞いたYさんが、「男だから、とか、女だからという考えをやめろと言っても、男女の性差は歴然とありますよね。工事現場のような仕事の場合力の強い男ということはどうしようもないですよね。」と聞きました。それに対して、以下のように私の考えを述べました。

私:Yさんは、無意識男女差別をしているよ。

Yさん:え!?

私:Yさんの考え方で、一般社会では普通じゃない。それに、ことさら言われなければ、僕も同じように判断して行動すると思うよ。でも、あえて、その発表者の意図を読みとろうとすればという意味で、「男女差別をしているよ」って言ったんだよ。子どもを腹の中で育てられる、育てられないということは男女と"ほぼ"一対一対応しているよね。でも、あくまでも"ほぼ"だよ。でも工事現場で必要な「力が強い」ということは男女では必ずしも対応していないんじゃない。例えば、工事現場作業員の募集の中で「男」という条件を付けるのは男女差別だと思うよ。もし、「男」とつける理由が、力が強いことを求めての条件ならば、例えば「片手で○○kgを持ち上げられる人」という条件をつけたらいいんだよ。女だから力が弱いと勝手にラベル付けすることは男女差別じゃない?

Yさん:そうすると、家内が重いものを持つとき、「持ってやるよ」と言っているんですが、それも男女差別なんですね?

私:それは2つの意味で違うと思うよ。第一に、Yさんは奥さんが力持ちかそうでないかを実際に知っているよね。女というラベル"だけで"判断していないから男女差別じゃないと思うよ。第二に、Yさんが重いものを持ってあげたとき、奥さんが喜んでいるなら、それはそれでいいんじゃない。本当は奥さんは重いものを持ちたいにも関わらず、Yさんがそれを邪魔したなら問題だけど。例えば、理科実験女の子が活躍できないことが何故問題かと言えば、それが「女」だからというラベルによって決定されていることだよ。そして、その女の子が、実は心の中で「活躍したい」と願っているのに出来ないからだよ。仮に、ある女の子が活躍したくないと思ったとしても、それが本心とは限らないよね。潜在意識としては「活躍したい」と思っていても現実には活躍できず、結果として、「私は活躍したくないから活躍していないんだ」と合理化した理由を、本気で信じているのかもしれないよね。だって、理科が好きでないとしても、普段見慣れない珍しい道具を使ってみたり、色が変わったり、光ったり、音が出たりすることを面白がるのが普通じゃない。男女の別なく、大抵の人は理科実験に参加したいと思うよ。

追伸 私が上記のようなことを思ったかと言えば、私の妹が原因です。妹は見かけによらず力持ちです。そのため、職場で重い棚を運ぶ際、男の職員から「西川さん、手伝って」と言われていると、彼女独身時代に話してくれたことを思い出しました。