西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

01/11/24(土)

[]新潟 14:19 新潟 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 新潟 - 西川純のメモ 新潟 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が上越に来て15年になります。長いものです。今日、ふと、そのことに気づきました。

 テレビを見ていると「新潟」であるイベントがあったことを紹介していました。それを見ていた私は、「ああ、新潟市イベントがあったんだな」と自然と理解し、見ていました。新潟県の方ですと、当たり前のことですが、東京出身の私にとっては進歩です。15年前、はじめて上越に来た当初、地元の人が「新潟に行く」という表現を使われるのに「え!?」と思いました。何故なら、「新潟県にいるのに、何故、新潟に行く必要があるのか?既に、新潟にいるのに」と思ったからです。しかし、聞いてみると、上越市の人の場合、「新潟新潟市」なんです。

 「新潟新潟市」ということに、東京出身の私が違和感を感じた理由は二つあります。第一は、県外出身の人間にとっては、「新潟新潟県」です。しかし、新潟県内の人にとっては、新潟県にいることは当たり前なんですから、ことさら「新潟」と言えば、新潟市を指すことになります。第二は、県庁所在地という感覚です。おそらく、東京都大阪府の人はそうだと思うのですが、県庁所在地という感覚がありません。東京都庁は、昔は千代田区有楽町にありました。今では新宿区西新宿にあります。しかし、都民に都庁は千代田区にある、とか、新宿区にあるといってもピンときません。市街地がほぼ東京都内全域を占めているので、境目がないんです。従って、東京都内のはずれにある板橋出身の私は、都庁所在地の一部にあると考えているんです。おそらく、23区外の都下の人たちも、そう思っているんだと思います。そのため、新潟県の中に、新潟市という独立した県庁所在地があるということが分かりませんでした。しかし、今では「県民」としてしっかり理解しています。

[]上越14:19 上越大 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 上越大 - 西川純のメモ 上越大 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は筑波大学出身です。略してみると「つくだい」なんですが、なんか「つくだに」みたいで据わりが悪い略称です。そのため、「つくだい」という表現はあまり聞きません。筑波大学の工学系では、MIT(マサチューセッツ工科大学)の向こうを張って、TITという略称を使おうと思ったそうです。しかし、それが乳首という意味の3文字言葉低俗俗語)であることが後で分かり、急遽、取りやめたそうです。

 一般的な略称であっても、誤解を生じます。例えば、「しんだい」という言葉新潟では、新潟大学を指しますが、長野では信州大学を指します。「めいだい」は東京のあたりでは明治大学ですが、中京圏では名古屋大学をさします。

追伸  上越教育大学のJUE(Jyoetu University of Education)という言葉も、ある国においては、罰当たりな言葉かもしれません。

追伸2 筑波大学に入学したところ、つくば市の真ん中に「東大」通りというのがありました。東大閥の力は凄いもんだとかってに解釈し、感心しました。しかし、数年たって、「西大」通りというのが少し離れたところにあることを知りました。「西大」ってどん大学だ?としばらく考えました。よく調べてみると「とうだい」通りではなく、「ひがしおおどおり」と「にしおおどおり」であることがわかりました。受験戦争直後の大学1年、2年の場合、「東大」という文字を見たときに、東京大学と解釈してしまいました。

[]種切れ 14:19 種切れ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 種切れ - 西川純のメモ 種切れ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 このメモを書き始めて、今回で195番目のメモです。書き始めた当初は、すぐに種切れになるだろうと思っていました。そのため、複数のメモを同時に思いついた場合は、ちょっと間隔を置いてホームページにアップしようなんて考えたことがあります。しかし、そんなことをしなくても、いまのところ種切れになっていません。その時々に感じたこと、思いついたことを書いているだけです。

 喜劇王チャップリン自伝にあったことです。チャップリンは自分の母親を毎日、笑わそうと思ったそうです。そのために、毎日の出来事を真剣に観察し、それをもとにお話をしたそうです。真剣に観察するならば、日々の普通の出来事の中にも、いろいろな驚きはあるもんです。そのトレーニングが、後の喜劇王の基礎を築いたそうです。

 最近思うことですが、人と議論することによって、自分の考えが整理されます。さらに、それを書くことによって、定式化されます。人と議論する前から、書く前から、自分の考えがあるのではなく、議論し、書くことによって自分の考えが出来るように思います。この「メモ」を書くことが、自分の考えを作るトレーニングになっているように思います。

[]全体ゼミはごまかせない 14:19 全体ゼミはごまかせない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 全体ゼミはごまかせない - 西川純のメモ 全体ゼミはごまかせない - 西川純のメモ のブックマークコメント

 西川研究室希望する学部学生さんには、最初に以下の約束をしてもらいます。

1.私との話し合いの結果、自分で「やる」と言ったことはやってほしい。

2.もし、出来そうもない場合は、その場で「出来ません」と言って欲しい。その時は、別の目標を立てるだけのことです。

3.もし、やれると思ったが、色々な理由から出来なくなりそうになった場合は、前日までに「出来そうもありません」とi言って欲しい。

 つまり、「やる」といってのにもかかわらず、当日になって「やれませんでした」ということは無しにしてくれ、ということです。

 色々な場合を想定している約束なんですが、それでも守れない学生さんがいます。しかし、私に対する期限は守れない学生さんも、全体ゼミでの自分の発表の期限をすっぽかす学生さんは皆無です。一対一(特に教師)に関しては甘えられたとしても、学習者集団の他の成員に対しては甘えられないことをよく分かっているからだと思います。

 ちなみに、期限を守れない場合も、嫌みやカラカイはしますが、怒ることはしません。なんとなれば、卒業研究学生さんの問題であって、私の問題ではないのですから。結果として、あるレベルを達し得なければ、ニコッと笑って留年させるだけのことです(幸い、留年生は今のところ皆無ですが)。

 しかし、ガンガンに叱ることがあります。それは、その学生さんの調査のためにOBに調査依頼をしたが、その学生さんの怠慢のためにOBに迷惑をかけたときです。その時は、その院生さんは好意として協力してくれたのにも関わらず、学生さんが誠意がないため迷惑なったことを叱ります。また、そのことによって、そのOBに二度とお願いできなくなった場合、未来西川研究室所属の学生さんに迷惑がかかることを話し叱ります。いずれの場合も、西川研究室OBを含んで)という一つの集団に対して迷惑をかけたことを自覚させます。

追伸 最近、色々な理由をつけて全体ゼミの中止が続いています。個々の理由はとても「正当」なんですが、続いているので、すこし心配です。

[]コマーシャル 14:19 コマーシャル - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - コマーシャル - 西川純のメモ コマーシャル - 西川純のメモ のブックマークコメント

 かってみたことのある映画なんですが、主人公広告代理店に勤めている人なんです。その人は、テレビコマーシャルをつくることが仕事です。その主人公は、あるとき自分が飼っているペットの猿がテレビコマーシャルに興味を持って見ていることに気づきます。そして、その猿が、手を打って大受けしているコマーシャルは、その商品が大当たりする事に気づきました。それからは、色々なコマーシャル案を、その猿に見せて、最終的なコマーシャル案を選択することを始めました。そのため、広告代理店としての仕事が成功するという内容です。

 息子を見ていると、その映画を思い出してなりません。息子はコマーシャルに興味がありますが、ドラマニュースには興味がありません。ドラマニュースの時は、玩具に集中しています。ところが、画面がコマーシャルになったとたん、どんな離れた場所にいても、とことことテレビの見える場所に移動し、集中して見ます。きっと、音楽が鳴ったためにコマーシャルだということが分かったんだろうなと想像していました。しかし、音楽を流している音楽番組は無視しています。さらに、その音楽番組が中断し、コマーシャルに代わったとたんに気づくところから考えて音楽の有無が原因ではないようです。かって、コマーシャルを飛ばして録画する機能を持ったビデオを使ったことがあります。原理は簡単です。普通番組の場合、音声はモノラルです。ところが、コマーシャルの場合、ステレオで記録されています。そのため、音声がモノラルかステレオかで判別して、番組コマーシャルかを判断していました。息子は、どんな方法で判別しているか謎です。

 何故、コマーシャルであるかを判断しているかは謎ですが、どんコマーシャルを好むかは簡単です。可愛いお姉ちゃん(おおよそ25歳前後)が出ているか、車が出ていればご機嫌です。1歳半ですが、私がかって教えていた定時制高校のアンちゃんと同じです。それらが画面に出ると、ニタラ~(可愛いんですが、すこしスケベっぽい)と笑います。