西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

01/11/22(木)

[]ノウハウ 14:21 ノウハウ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ノウハウ - 西川純のメモ ノウハウ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日はMさんと個人ゼミを行いました。その議論の中で、大事なことを気づかせてくれました。

 私は「教師が教えることを控えるべきである」という立場です。しかし、いっさい教えるべきではないと言っているのではありません。教える必要のないところまで、教えるべきではないと主張しているのです。となると、教えるべき部分と、教えるべき部分との境目が問題となります。

 西川研究室には、現職の先生方が院生として所属しておられる。その院生の方は、現場において「自由と放任」を取り違えている事例を数多く知っておられます。そのため、我々の研究室の主張が、自由と放任に取り違える方向に誤って捉えられることの危険性を指摘されることは一度ではありません。そのため、多くのノウハウ本のように、「教えるべき場合/教えるべきではない場合」の一覧表を作成することを提案されたことがあります。

 しかし、現場の状況は千差万別である。教えるべき場合は多種多様です。もし、教えるべき場合を枚挙していたならば、何ページを費やしても一覧表を完成することは出来ないでしょう。さらに完成させることが出来たとしても、その一覧表を表面だけなぞるならば、結局、今と同様に、全ての場合で教師が教えなければならないということになります。先に述べたようにノウハウ的に書くことも可能ですが、書けば誤解が生じます。重要なのは、授業や子どもに対する考え方であって、個々の事例に対する判断はそれの影にすぎません。影を追っても、そのおおもとの「考え」を誤って捉えてしまいます。

 それでは、筆者らが考える授業や子どもに対する考え方とはどんなものであるのか?それは、第一に、子どもは有能である、子どもを信じるという考え方です。第二に、その有能性を生かすためには、子ども相互の学び合いが有効であるという考え方です。第三に、その学び合いを成立させるためには、教師は目標の設定と評価、それと外部との調整を行わなければならない、特に、目標の設定が重要であるという考え方です。第四に、その目標の設定を成立させるためには、個々人の目標とするのではなく、子ども集団の目標とすべきであるという考えです。4に関しては少々補足する必要があるでしょう。例えば、「これが分かると、おまえに有利だ」という目標の場合、その子が「俺が不利になっても、俺はいいや」と開き直れば終わりです。しかし、「これが分かると、おまえを含めたみんなのためになる」という目標の与え方の場合、「俺」という個人の問題ではないので、なかなか開き直れません。なんとなれば、子どもにとって教師に嫌われることは屁とも思わなくても、同級生集団に阻害されることは相当きついものです。

 それでは、上記の4つを標語的に覚えればいいかといえば、そう簡単なことではありません。例えば「子どもを信じる」という言葉でも、一般的な状況で、この言葉を発したとしても、それを否定する教師は少ないでしょう。「子どもを信じる」という言葉をどのような意味で捉え、行動するかは多種多様です。従って、上記4つを標語的にまとめても意味がありません。

 「日本人倫理観とは何か?」をテーマにした日本人論は本屋でよく見かけます。ある人は「恥」と言い、ある人は「甘え」と言います。しかし、それらの単語を与えられても、何を言っているのかは分かりません。それらの単語が意味することを理解するには、具体的な事例を学ぶ必要があります。例えば外国人日本人を理解するためには、日本人の多くが知っている「桃太郎」、「忠臣蔵」等の童話古典を読むことが必要だと思います。我々日本人は、それらの影響を多く受けて倫理観を形成しました。おそらく、我々が考える4つの基本も、具体的な事例を通して、我々が経験したことを追体験することによって正しく理解されると考えています。

 現在、新しい本の原稿を書いています。本年度中には出版を予定しています。それらの本では、なるべく生々しい事例を出しつつ、コンパクトにまとめるよう努力しました。それは「桃太郎」、「忠臣蔵」のようなお話であってほしいと願っています。それを通して我々と同じ経験を追体験し、4つの基本を理解してほしいと願っています。ノウハウ的に記述することの方がウケがいいことを十分に承知しつつ、そうかくのはあきらめました。

追伸 新しい本の中に、さっそく上記を書かせてもらいました。どこに書いたかは、読んで探してくださいね。(と宣伝を締めくくる)