西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

01/11/20(火)

[]臭い仲 14:22 臭い仲 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 臭い仲 - 西川純のメモ 臭い仲 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 息子を抱いているときは、犬の親子と一緒で、キスをしたり、クンクン臭いをかいでいます。 息子は基本的には無臭ですが、ほのかな臭いがあります。大部分は「おしっこの臭いです」。分かって入るんですが、愛らしい臭いです。

 おそらく尻の贅肉の関係だとおもうのですが、息子のおならの音は大人顔負けです。息子がすると、家内が私の方を見るので、思わず弁解します。その臭いは強烈です。うんこをすると、もっと強烈な臭いがします。しかし、「臭い」とは殆ど思わず、「おむつを代えてやろう」ということが頭にのぼります。

追伸 尾籠(びろう)な話で恐縮ですが、トイレにはいると、息子とは血が繋がって入るんだな~と実感します。だって、同じものを食べて、遺伝的に似た体の構造をもっているんですから・・・・・(それ以上は書きません)。

[]学び合う院生控え室 14:22 学び合う院生控え室 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 学び合う院生控え室 - 西川純のメモ 学び合う院生控え室 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 階段のちょうど前に、我々の研究室院生控え室があります。たまたま階段をのぼっていったら、中学校で実践調査をしている途中のKoさんの姿が、たまたま空いていたドアの向こうにチラリと見えました。「久しぶりに帰ってきたんだな~」と思いつつも、そのまま階段を上って自分自身の研究室に戻りました。後で聞くと、現場での実践研究においてうまくいかないことが起こり、その相談に戻ったそうです。ドアの向こうにチラリと見えたKoさんは、”指導教官を素通りして”、院生控え室にいる長野県中学校教師であるKiさん(修士2年)に相談している様子でした。

 ”その後で”私の研究室に顔を出してきました。でも、安心しました。だって、10年選手の中学校先生(Koさん)に、中学校の授業のことを教えて欲しいなんて相談されたらお手上げです。明らかにKoさんのほうがプロなんですから。私が出来るのは、せいぜい、抽象的な目標論と、「頑張ってね」という言葉ぐらいです。なお、私の部屋から戻った後には、沖縄中学校先生であるHさん(修士1年)と相談していました。

 相談する相手の選択に関して、適切な判断をしています。「教師は頼りにならない」は我が研究室テーマです。