西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

01/11/02(金)

[]測定器 14:33 測定器 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 測定器 - 西川純のメモ 測定器 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 大学卒業研究では、生物に関して様々な測定をしました。その際に、数百万から数億の測定機器で計ります。精度を一桁上げるためには、測定機器の値段は二桁上がることを知りました。科学研究には金がかかるのは当たり前です。しかし同時に、私たち人間が素晴らしい測定機器であることを知りました。私の卒業研究酵母菌を使いました。培養しては、それに紫外線を当てて生存率を計る実験です。酵母菌といえば、顕微鏡で見なければならないほどの小さな生き物です。しかし、それを培養した液を机にたらして指で触るとざらざらしているのを感じます。指導教官によれば、数μの大きさのものも指で触ればザラザラと感じられるとのことです。温度の関してもそうです。38度のお風呂は寒くてしようがないのに、42度だと暑くてとても入れません。風呂の適温に関しては、人間の体はプラスマイナス0.5度ぐらいの精度はあると思います。

 息子を入れる風呂の温度を調整しながら、思い出したことです

[]最初の一歩 14:33 最初の一歩 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 最初の一歩 - 西川純のメモ 最初の一歩 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 家内は元幼稚園保育園先生です。つまり、小さい子どもを育てるプロでした。でも、その家内もてんてこ舞いで息子を育てています。「保育園先生だったんだろ?」と聞いてみましたが、「人の子どもと自分の子どもは違う」とのことでした。それもそうです、私も息子に理科をうまく教えられるか自信がありません。

 しかし、家内尊敬することが度々あります。昨日の夕食の時、ヨーグルトを食べさせました。最近スプーンをうまく使えるようになったので、自分ですくいます。しかし、ヨーグルトの容器を回せないので、一方向からしかすくいません。そのため、すくう方向と逆な壁面にあるヨーグルトをすくえません。ヨーグルトを全部食べてもらえるように、わたしが容器を持って、適当に回して食べさせていました。昨日も、そのように食べさせようとしました。ところが家内が、「持たせてやったら」と言いました。「無理だよ」と心の中では思いましたが、とにかく任せてみました。そうすると、なんとうまく容器を回しながら、まんべんなくすくえました。驚きです。こんな経験は一度や二度ではありません。食事に関しても、最初に手づかみをさせたときも、最初にスプーンを使わせたときも、家内の「やらせてみたら」の一言でした。

 我々の研究は、子どもの有能性を前提としています。院生さんには、「子どもを信じてください」なんて偉そうなことを言ってます。いろいろな雑誌にも「子どもを信じてください」と書いてます。でも、そんな私は息子の有能さに気づくことなく、私がやってしまっています。そんなとき、「やらせてみたら」と言える家内は、やっぱりプロだと感じます。

[]超おバカな話 14:33 超おバカな話 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 超おバカな話 - 西川純のメモ 超おバカな話 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、色々な人から「息子さんはお父さんに似てきましたね」(特に鼻から下が似ている)と言われます。しかし、私としてはしっくりとしません。たまに鏡を見ます。

 親ばかですが、息子は超かわいい、いや、美しい!特に唇がチャーミングです。見つめていると、我慢できなくなってチューします。日に何遍となくチューします。息子が育児サークルに行くと、気に入った子どもがいると、近づいていきなりチューするとのことです(家内よりの情報)。原因は、私です。でも、どうしてもしたくなるようなチャーミングな唇なんです。その息子は私に似ている、特に鼻から下が似ていると言うことは、私の唇は息子の唇に似ていると言うことです。鏡を見ながら、「俺の唇って、そんなにチャーミングかな~」と思うときがあります。(言うまでもありませんが、そんなことはわけないですが・・・)