西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

01/10/09(火)

[]ゴミ増加の理由 14:55 ゴミ増加の理由 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ゴミ増加の理由 - 西川純のメモ ゴミ増加の理由 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 以前、ポリバケツを作っている会社コマーシャルで、昭和30年代のゴミ収集の様子がテレビで流れていました。ビックリしたのは、主婦がゴミ収集車に持ってくるゴミの量は、スーパーでもらうポリ袋、それも小さめのポリ袋一つ分もないんです。なんで当時はゴミが少なかったのだろうか、一つの謎でした。しかし、最近になってその謎が解けました。

 最近上越市のゴミ分別の方法が変わりました。従来は「燃えるゴミ」、「燃えないゴミ」、「資源ゴミ」、「乾電池」に大別されます。しかし、「燃えるゴミ」は製品(主に食品)包装のための紙とそれ以外に分別することになりました。また、「燃えないゴミ」も製品包装のためのプラスチックとそれ以外に分別することになりました。その結果分かったのですが、燃えないゴミも燃えるゴミも、圧倒的に製品包装に関わるものでした。

 考えてみれば当たり前かもしれません。だって、新聞紙・雑誌以外の資源ゴミ、及び、製品包装以外の紙を探した場合、生ゴミか手紙メモ用紙以外に見あたりません。大学では大量の印刷をするため紙を消費しますが、家で大量の印刷なんてしません。また、木の場合も日曜大工趣味としなければ購入することもありません。耐久製品に木が使われていますが、「耐久」なんですから、そんなに捨てることはありません。同様に家の中のプラスチック製品を探してみると、包装に使われているもの以外は耐久製品に使われているものばかりです。あらためて自分の小さかった時を思い出せば、タッパーなんぞはありませんでした。豆腐は入れ物を持参して買いに行ったものです。

 タッパーによる包装によって金額を記入済みの食品が並ぶようになりました。おかげで、ど素人アルバイトレジ担当することが出来るようになりました。結果としてスーパーのような多売薄利の営業が成り立ちました。結果として、比較的安価で、品揃えの良い店が出現することになりました。こう考えると、ゴミ増加も痛し痒しです。そう考えても困るのは、分別方法が地域によって異なり、また分別基準が曖昧な点です。家内はものを一つ捨てるごとに、市からのハンドブックを片手に悩んでいます。できれば、地域の商店で協力して、商品の値札に番号を付け、それを廃棄する場合の分類を分かりやすくしたらいいのにな~と思います。(案外、いいアイディアだと思いません?)