西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

01/09/03(月)

[]いいですか? 15:14 いいですか? - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - いいですか? - 西川純のメモ いいですか? - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日のMちゃん(学部4年生)は、ゼミ発表で面白いことを教えてくれました。彼女テーマは、スケッチ場面における学び合いの実態分析です。子どもたちがスケッチをしているときに、教室内でどんな会話をしているかを彼女は記録し、分析しています。それによると、子どもたち同士が話し合っている場合、「これどう書けばいいの?」、「こんなの見えなかったんだけど?」のような書き方、見方を聞く内容だそうです。ところが、先生には、「これでいいですか?」と「いい/悪い」を聞くばかりで、子ども同士のような、どうしたらいいかに関する質問が無いそうです。

 これを聞いて思い出したことがあります。うちの研究室に所属される院生さん、学生さんが最初に研究計画レポートを持ってくるとき、大抵、「これでいいですか?」と私に聞きます。それに対する私の答えは、「君はいいと思うの?」と聞き、そうだというと、「だったら、それでいいんじゃない」とレポートを全く読まずに答えます。そうすると、不安なった院生さん、学生さんは、「先生、いいんですか?」と再度聞きます。それに対しては、「君がいいと思うんだったら、それでいいじゃない?」、「もし、これこれのところが分からないから聞きたい、とかなら相談にのるよ」と言います。

 私としては、あなた任せの研究ではなく、主体的な研究であって欲しいと願っています。だって、「1+1」はいくつかに関しては、自信を持って答えられるけど、「この方法でうまくできるか」なんて私も分かりません。お勉強研究の違いは、前者が既に分かっていることを学ぶのに、後者は誰も分からないことを見出す点です。だれも分からないことを、神様でもない私に分かるわけはありません。せいぜい、相談にのる程度のことです。

 1年もたつと、院生さん、学生さんも慣れたもんです。思わず、「目を通してください」なんて私に言えば、レポート用紙を目の中に押し込むような振りをして、「目を通したよ」といってレポートを突っ返すことにもなれてきます。うちの研究室とは、「いかに指導教官に頼れないか」を学ぶ研究室とも言えるでしょう。