西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

01/07/09(月)

[]感激したこと 21:44 感激したこと - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 感激したこと - 西川純のメモ 感激したこと - 西川純のメモ のブックマークコメント

 数日前、修士2年のKさんから、研究途中経過の報告を受けました。聞いている内に、感激のあまり目頭が熱くなり、果ては、拭いても拭いても涙が出るという状態になってしまいました。報告したKさんも、私が泣き出したのでぎょっとされたんだと思います。すばらしい内容でした。最初は「え!」と思うのですが、直ぐになるほどと納得できる内容です。また、聞いている内に、教師としての心が洗われるような内容でした。

 このように研究を聞いて、涙を流すことは少なくありません。内の研究室では、数ヶ月に渡って現場学校で調査します。その調査の途中経過メールで送ってくれます。その新鮮なメールを読んだときに、目頭が熱くなります。それらの報告を読むことによって、自分自身の中にある偏見や囚われが、するすると溶けるのを感じます。

 ところが、Kさんはなかなか報告が無く、現場調査校から帰ってからも、データ分析を続けていました。「報告はまだ?」と聞いても、「分析、大変なんですから~、先生」と言われてしまいます。ところが、研究室に来て、いきなり研究結果のコアを話したものですから、心の準備無く、不覚にも院生さんの前で泣いてしまいました。院生さんをいくら指導しても、給料は変わりません。それでも院生指導をするのは、このような研究成果を、最前線で聞き、関われるという醍醐味があるからです。 

 Kさんには、より多くの人に私の今感じているものを共感してもらう仕事があります。そのために、Kさんの尻をもっと叩かねば、という気になりました。

追伸 「勘弁してくださいよ、先生」というKさんの声が聞こえるようです。