西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

01/05/28(月)

[]国語は何のためにあるのか? 22:05 国語は何のためにあるのか? - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 国語は何のためにあるのか? - 西川純のメモ 国語は何のためにあるのか? - 西川純のメモ のブックマークコメント

25日に地元中学校理科教師の会が主催する懇親会に参加しました。本学を修了されたOBも多く、懐かしい人たちと楽しい時間を過ごせました。色々と面白い話、ためになる話も多かったのですが、その中の一つを紹介したいと思います。

 I先生という校長先生の話です。その先生が、教諭だったときに、生徒に「国語ってなんのためにあるの?」と聞かれたことがあるそうです。I先生は、「国語理科の本を読むためにあるんだ」、「数学理科の計算をするためにあるんだ」、「社会は、理科研究したことが社会的にどのような意味を持つのかを学ぶためにあるんだ」、「道徳は、原爆を作るようなことがないようにあるんだ」・・・と言うそうです。そして、「それでは理科って何のためにあるの?」と聞かれたら、「人類のためにあるんだ」と言うそうです。文字にすると表現できないのですが、I先生のハリのある声でリズムを持って語られる言葉音楽のようでした。内容的には、他教科の先生から見れば言語道断で、まさに理科帝国主義ですね。

 でも、国語先生は「理科国語の中で花の話があったときに分かるためにあるんだ」と言い、数学先生は「理科数学の応用をするためにあるんだ」と言えばいいことです。中学生であれば、子どもも本気にはしないでしょう。でも、そのことを言う先生を見て、「この先生理科(または国語、算数)が好きなんだな~」というメッセージは伝わるように思います。