西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

01/05/25(金)

[]古典 22:06 古典 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 古典 - 西川純のメモ 古典 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある民族、また、国等の様々な集団には古典があります。逆に、古典があるからこそ集団が形成することが出来ます。例えば、民族、国の場合は神話があります。また、我が国では忠臣蔵なんていうのも古典です。会社にも古典はあります。例えば松下松下幸之助ホンダには本田宗一郎にまつわるエピソードがあります。それらの古典はその集団の中で何が大事で、何がいけないかという基準を我々に与えてくれます。それらのことが共通しているから、社会生活が可能となります。

 私は我々の研究室古典を作るため、「実証的教育研究の技法」、「なぜ理科は難しいと言われるのか?」、「学び合う教室」、「心の教科指導」を書きました。というとかっこいいのですが、実際は、同じことを何度も何度も言うのがめんどくさくなったためというのが本音かもしれません。でも、おかげで、あれこれ言わなくても研究室内のコミュニケーションはとれるようになったように思います。

 最近、「先生メモの「確率論」のこと言いたいんでしょ」とか、「メモの「学生さんの言い訳に対して」のことを思い出しました」という会話が成立するようになりました。もしかしたら、このメモも我々の研究室古典の一つになっているのかもしれません。

[]遅刻 22:06 遅刻 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 遅刻 - 西川純のメモ 遅刻 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が勤めていた定時制高等学校では、遅刻に対しては厳密に指導していました。私も、先輩教師から遅刻は許してはいけないと教えられました。そのままに見過ごすと、次には遅刻の回数が増えます。それを見過ごすと、欠席するようになります。次は、その欠席が増加して、最終的には退学となります。そのため、その最初の一歩である、遅刻を見逃してはいけないと先輩教師に言われました。卒研、大学院で言うと、さしづめ個人ゼミの開始時間が遅れたり、周期が長くなることが最初の兆候かもしれません。

 でも個人ゼミで見せるような進歩がなければ、指導教官研究室の敷居がとてつもなく高く感じるでしょう。しかし、指導教官として、一番困るのは顔を出さないことです。顔を出さない期間が長くなればなるほど、敷居がさらに高くなってしまいます。こうなると悪循環に陥ってします。目安としては、最低でも1週間に一度、顔を出してほしいな~。書けなければ、率直に「先生、お手上げです、助けて下さい。」と言えばいいだけです。怠けていたならば、「怠けていました、何も進歩がありません。」と言って、ペコッと頭を下げればいいだけです。それだけのことです。(ね!○○さん)