西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

01/05/18(金)

[]ホームページお国言葉版)続 22:12 ホームページ(お国言葉版)続 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ホームページ(お国言葉版)続 - 西川純のメモ ホームページ(お国言葉版)続 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今年のM2(修士2年)のKさんは異学年の学び合いによる総合学習研究している。その中で、私語・雑談重要性に着目する分析を行っている。さらに、今年のM1のHさんは、それを深める研究を計画しているところである。

 「ホームページお国言葉版)」で紹介した、コンピュータ変換した長崎弁の文章を、長崎県出身の戸北教授にチェックしてもらった。その意見に基づき、修正した文章を最後に付けました。戸北先生によると、この文章は長崎弁と言うより、佐賀弁に近いとのことでした。(こんなバカなことに熱中する教官も少ないですが、それにつきあってくれる教授はもっと少ないでしょう)

 昼飯の際、Kさんから「西川先生は、そんなことをやっているんですか?」と呆れられてしまった。しかし、「Kさんは私語・雑談には重要意味があることを調べているでしょ」、「大学だって同じです」、「本当はやりたくないんだけど、Kさんの研究の事例を提供するために、あえて身を挺してバカなことをしているんです」と反論しました。もちろん、Kさんは一層あきれてしまいましたが。

戸北教授修正版

 大学ん学部の時ん話ばい。友人ん部屋(青森県弘前市出身)でダベッテ(とりとめんない話)いる時に、電話がかかったっとった友人が受話器ば取り、話し始めて数秒後には、ぜんぜん彼の言葉が分からなくなったと。呆気にとられとっうちに電話が終とさ。そして聞いてみたら、母親からん電話やったそうばい。普段はお国言葉の片鱗も見せん彼やけど、お国言葉で話しかけられたとたん、お国言葉がしゃべれますけん(あたりまえかもしれんばってんが)。そんとき、彼はバイリンガルなんだな~と感心した覚えがあると。

 本日、M2んKさんから、ホームページ院生学生ん部屋ん大幅改訂があったことば聞いたと。それがきっかけでホームページん話となったと。大学関係ん知人んホームページば見たら、English、Japaneseのごたる選択スイッチがあると。

「English」ば選択すっと、画面全体が英語洪水となっと。オイなぞは英語が大の苦手で、数行の英文ば書くことすら大苦痛やとに、世の中には語学才能に恵まれた人がいるんだな~とビビリますけん。死ぬごと、そがんホームページは出来そうにもなか。

 そん時、ふと思い出したことのあると。10年ぐらい前に、文章ば関西弁に直すソフトば手に入れたことのあるっさ。比較的簡単なプログラムばい。文中に特定の文字ば見いだせば、それば関西弁言葉に直せばいうプログラムばい。たとえばたい、例ばあげればたい、「しかし」っちゅう言葉ば見いだせば、「せやけどダンさん」に直せばいう具合ばい。試しに、学会誌に投稿しようとった論文ん文章ば変換したと。読んでみて爆笑したと。堅苦しい文章が、なんとも親しみやすい文章に変わっていたっさ。

 そいで考えたとばってんが、ホームページトップページに「沖縄弁」、「薩摩弁」、「関西弁」、「名古屋弁」、「秋田弁」、「青森弁」なぞの選択スイッチがあるホームページがあってもよかとって感じたばい。今年は、沖縄から派遣されとぉHさんもおると。また、全国各地にはOBがおるとって言いようやろが。やろうと思えば、実現でくっかもしれん。さらに、新潟県ん場合は、「上越弁」、「中越弁」、「下越弁」、「佐渡弁」んごと同一県ばさらに地域別に分くっこともでくっばい。オイは生来、馬鹿な話がすいとっですけんが、考えただけでワクワクすっけん。