西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

01/05/15(火)

[]新歓コンパあれこれ 22:14 新歓コンパあれこれ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 新歓コンパあれこれ - 西川純のメモ 新歓コンパあれこれ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日(5月14日)は戸北、西川研究室の合同新歓コンパ直江津で行いました。当初は、高田駅近くのディオセレッソビアガーデンにしたらと提案しました。理由はサービス期間ですので、飲み放題食べ放題で3700円とお得なコースがあるからです。そのように提案しましたが、修士2年生の方が「あそこはビールの注ぎ方が悪いから、美味しくない!」とのことで却下されました(わたしなぞは、十分美味しいんですが・・・)。 いつもは高田駅近くの店でコンパをやりますが、今度は直江津駅でやろうとなり、戸北先生がご存じの場所にきまりました。

 新入院生西川研究室が5名、戸北研究室が8名ですので、学部学生修士2年生を含めると圧巻の人数です。なにしろ、新入院生の数は、我々が所属していた理科コースへの新入院生の数(11名)より多いのですから。それと、院生数と学部学生数の逆転現象が顕著となりました。今年は西川、戸北とも学習臨床コースへ異動のため、新3年生の新入ゼミ生がおりません。そのため、院生の方は修士1年、修士2年ですが、学部学生は4年生のみです。そのため、院生の方々のパワーに圧倒され、少々おとなしくなっていました。しかし、1時間後は院生さん達の中に混じって、わいわい元気にやっていました。

 新入院生さんも徐々に地を出してきます。面接試験であったときは、実におとなしげで暗い人のように感じていた人が違った面を見せてくれます。メール電話やりとりしているときは、実に真面目で石部金吉(いしべきんきち)のような方のように感じていた方が、実はおもしろい話を連発する方であることを知ります。

 戸北研、西川研の総勢20名の院生さんとワイワイやっていたら、1年間は退屈することはないなと感じました。同時に、今年の夏の学会広島宮崎でありますが、出張中の夜の飲み会楽しみです。