西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

01/04/04(水)

[]お客様は怖い 22:33 お客様は怖い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - お客様は怖い - 西川純のメモ お客様は怖い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 定時制高校に勤務したときに、色々なことを学びました。その中でも、最も重要なことは、学習者はお客様で、お客様はとても怖いということです。

 自分自身が、児童・生徒だったときは、先生に対する愛着がある一方、恐ろしい存在でもありました。もし逆らったりしたら、「○○される」(自由に想像してください)とビクビクものでした。その経験から、自分が先生になったとき、「○○すること」は教師の天与の権利と思っていました。ところが教師になってみると、自分が児童・生徒の時に恐れていた教師の権利は、実は何もないということに気づきました。仮に、そのような権力を振るった場合、正当なプロセスで法的に訴えられれば、かなり不利です。さらに、訴訟が起こった場合、仮に最終的に司法上は勝ったとしても、訴訟が起こったという段階で、実質的には「負け」となります。私は中学校3年間の出席日数の総計が10日以下の生徒(内申書にはそう書いてありました)を教えたことがあります。そうなると、中学校では、「出席しない生徒を進級させない」ことも出来ないんですね。

 平均的な学校だったら、教師が権威を振りかざせば、児童・生徒の時の私と同様におとなしくなるだとおもいます。ところが、定時制高校の場合、私が権威を振りかざしても、「へ」とも思ってくれません。そうなると、権威を振りかざした手の下ろし所を見つけだせず、極めて滑稽な状態になります(本人にとっては地獄ですが)。高校に勤めた最初の年の1学期の私がそうでした。

 私を含めて、それ以降の経過は以下のようになります。まず、初期症状は職員会や職員室でのお茶飲み場、また、飲み会で、生徒に対する悪口が多くなります。また、自分の正当性を過剰に主張します。本人は、必死なんでしょうけど、有能な教師から見れば「私は無能で~す!私のクラスでは授業が成立してませ~ん!」と大声で宣言しているようなものです。第三者には滑稽の極みです。次の段階では、結局、いくら主張しても無駄で、自分の負けが動かしがたいことが明らかになります。そうなると、「自分は負けていない」と思いこむ自分という殻に閉じこもってしまうタイプ、異常に生徒に卑屈になってしまうタイプがあるようです。

 幸い、私は最終段階に至る前に踏みとどまることが出来ました。これは先輩教師のおかげです。生徒の悪口や、自分の正当性の主張をするようになった段階で、先輩教師が私の状態を察し、やんわりと救ってくれました(つまり、私のプライドを傷つけないように)。

 冷静になって考えれば明らかです。教師の権威は、子ども達が権威があると認めるから存在します。その権威の源泉は、その先生に教えてもらうと面白いし、分かるということだと思います。従って、面白くないし、分からなければ、どうしようもありません。結局、最終段階前にやったことは、権威を振りかざした手をとにかく下ろすことです。方法は、「勝った・負けた」の次元で考えることをやめました。そして、それまでのことは忘れて再出発しました。それからは、一人でも多くの生徒に面白く、分かる授業をするように心がけました。また、生徒に対しては、卑屈にならず、かといって権威を振りかざしません。教えるという役割を、出来るだけ誠実に果たすだけです。そうこうするうちに、クラスの大多数が支持してくれるようになりました。そうなると、クラスの支持というものが教師の権威となりました。そうなると、ことさら権威を振りかざす必要は全然ありません。繰り返しますが、本当に先輩教師の方々には感謝しています。

 今は大学の教師です。が、定時制時代の「あの状態」の恐ろしさを忘れることは出来ません。