西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

01/02/23(金)

[]暇な同僚に感謝 23:15 暇な同僚に感謝 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 暇な同僚に感謝 - 西川純のメモ 暇な同僚に感謝 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昔、昔、私が高校先生だったときの話です。仕事で忙しくて忙しくてパニックになっているときの話です。先輩の先生に、「忙しくてトイレも駆け足で往復しなければならないのに、○●先生はいつも暇にしているんだ!」と愚痴りました。その先生曰く、「もし、おまえ以外の先生全員が、おまえより授業がうまく、おまえより生徒に人気があり、おまえより仕事が出来たなら、きっと暇になれるよ」、「でも、そうなりたい?」。もちろん「否」です。この言葉は、現在の私の研究室研究テーマに繋がっています。真面目な子どもたちを集め、不真面目な子どもたちを集めて実験をさせました。結果として、もともとの割合と同じ割合で、それぞれの集団の中に、真面目/不真面目な子どもが生じました。つまり、私も暇な同僚のおかげで、忙しくさせてもらっているわけです。

 でも、私は忙しく、○●先生は暇ということ自体が誤りなのかもしれません。高校の職員旅行宴会の際の話です。それまでは酒も入った勢いでワイワイとざわついていたのが、急にシーンとなりました。原因は、宴会に参加した一同が、ある先生が隣にいる先生に話している内容にビックリして聞き耳を立てたためです。その先生は、職員会議のような公の場で、「その日は家族サービスがあるから、私はやらない」と胸を張って主張される方で、ある範囲の人の間では有名な方でした。その先生が隣の先生に、自分は色々な先生から仕事押しつけられて、忙しくて大変だと話していたのです。それに対して、宴会に参加した一同が唖然となってしまい、急に静かになりました。その先生宴会場から退出するやいなや、爆笑が起こったことは言うまでもありません。つまり、「忙しい」、「仕事押しつけられている」という感覚は主観的なものなんですね。ちなみに、最近学生食堂でごく親しい先生から、笑いながら「大学のために何の仕事もしていない西川先生」と呼び止められました。自戒自戒