西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/04/24(火)

[]静岡の会 06:27 静岡の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 静岡の会 - 西川純のメモ 静岡の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 6月23日に静岡市で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。http://kokucheese.com/event/index/518207/

18/04/23(月)

[]医者 07:17 医者 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 医者 - 西川純のメモ 医者 - 西川純のメモ のブックマークコメント

学び合い』に対して批判される方は、医療を例に挙げています。その多くは、「医者が患者に「なおしなさい、さあどうぞ」では直るわけない」というような論です。一見、正しい論のように思えます。しかし、違います。http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20170915/1505423454

[]内容依存 07:01 内容依存 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 内容依存 - 西川純のメモ 内容依存 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』は内容によって出来ない物があるという方がいます。違います。何故なら、『学び合い』はホモサピエンスの基本的な戦略であり汎用性があります。現在の学校教育はあだ花です。詳しくは「『学び合い』の手引き ルーツ&考え方編」(https://amzn.to/2HRtICV)をご覧下さい。

[]願い 06:55 願い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 願い - 西川純のメモ 願い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は「分かりやすい授業」、「楽しい授業」、「教科の本質を伝える授業」を目指しているわけではありません。私は「一人も見捨てられない社会・教育」を目指しています。そのツールとして「分かりやすい授業」、「楽しい授業」、「教科の本質を伝える授業」の方法論を構築しています。この違いは、問題・限界があった時に、「一人も見捨てられない社会・教育」と「分かりやすく、楽しいく、教科の本質を伝える」ことのどちらを優先するかに関わってきます。

 例えば、『学び合い』でやると自分の考える教科の本質が伝えられないと思ったときに、『学び合い』でその教科の本質を伝えられるにはどうしたらいいかを考え、さらに、そもそも一人も見捨てられない社会・教育に繋がらない教科の本質に意味があるのかを問い直す」か、それでは『学び合い』をしないかの選択に現れます。

 そして、子どもは分かりやすいから、楽しいから、教科の本質が伝わるからで授業を聞くか聞かないかを決めているのではありません。授業者の心で決めています。さて、「一人も見捨てられない社会・教育」と「分かりやすく、楽しいく、教科の本質を伝える」のどちらを子どもは選ぶでしょうか?私は前者だと思います。特に、一人も見捨てないことは得だと語る『学び合い』においては決定的です。

18/04/22(日)

[]花見 21:10 花見 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 花見 - 西川純のメモ 花見 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、近くの高田公園で家族で花見パティーをしました。誰もいません。屋台もありません。でも楽しかった。高田公園を西川家で独り占め。

18/04/21(土)

[]泣く 21:59 泣く - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 泣く - 西川純のメモ 泣く - 西川純のメモ のブックマークコメント

 色々な意味で、今、泣いています。

 ネットサーフィンしていると、今は亡き中学校時代の教師の「一人も見捨てないことは得だ」というメッセージを理解して、情報発信している高校生がいます。凄いことです。このことを理解し、情報発信するレベルに達していることを感激しています。

 その方にメールして、それを伝えた人を聞きました。

 絶句です。

 私が理科教育学を専門としているとき、その研究仲間と一緒に遊びに来た修士の学生です。素直な可愛い学生でした。彼が就職してから、何度かメールのやりとりがあり、アドバイスをしました。

 彼は死んだのですね。

 そして、彼の志を受け継いでいる生徒がいる。

 私の頭の中は、今、ぐるぐるしています。

[]普通 21:39 普通 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 普通 - 西川純のメモ 普通 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「新婚さんいらっしゃい」という番組があります。全国から出場希望者が来ます。そこに落ちた人に対しテレビ局の人が「あなたたちはまともなのです」と言うそうです。

 私の願いやヴィジョンが分からない人の方が大多数であることを理解しています。でも、『学び合い』のセオリー通りでに、それを理解する人、それが好ましいと思う人と一緒に願いを実現します。

[]願い 21:33 願い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 願い - 西川純のメモ 願い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の語ることには毒がある。色々な本には口当たりの良い表現を使います。事実、そのレベルでもかなりのレベルの成果を上げることが出来ます。が、私の本を読めば、臭い言葉、暑苦しい言葉があるはずです。それが大事です。それを読み飛ばす人が大多数です。でも、私はそこに引っかかる人がいると思って書いています。それは奥義への入り口なのです。分からなくても、それに引かれる人がいることを思って、書かなくてもいいことを書き続けています。

[]奈良の会 12:39 奈良の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 奈良の会 - 西川純のメモ 奈良の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 5月27日に奈良市で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。http://www.kokuchpro.com/event/f163710771a8605f48ac7374cd3a6173/

18/04/20(金)

[]全員が実践できる 07:13 全員が実践できる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 全員が実践できる - 西川純のメモ 全員が実践できる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある『学び合い』実践者のブログの中に、『学び合い』は誰でもできる実践ではないと書かれていました。その通りです。でも違います。

 『学び合い』はテクニック的には超簡単です。が、性根が据わっていないと子どもに見透かされます。どれほどの思いを持っているかが勝負です。『学び合い』の授業ではクラスの闇が見えます。『学び合い』では説明責任があります。その中でぶれずにいるためには、子ども全員の幸せを願い、可能だと信じなければなりません。そのためには単なる願いだけではなく、その裏にはエビデンスに基づくこれからの社会の有り様のヴィジョンが必要なのです。これを全ての人が持てるとは私は思っていません。

 が、『学び合い』のセオリーに立ち戻って下さい。

 子ども達の中で本当に「一人も見捨てないのは得である。少なくとも、それを掲げ、自分の出来る範囲で続けることは得である」ことを理解できるのは一部です。でも、その一部がいれば、大多数の子どもはそれに準じた行動をします。結果的に集団の大多数は、一人も見捨てない行動をします。

 これを教師集団に置き換えましょう。これと同じなのです。

 「一人だけ」では『学び合い』は誰でも出来る実践ではありません。しかし、集団の中に一定数の『学び合い』を実践できる人がいれば、集団の大多数は実践できます。結果として、最後まで『学び合い』を実践しない人(ラガート)も含めて、教師集団としては凝縮力を高めます。それは子ども達全員の幸せを保証するのです。