西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/10/22(火)

[]どちらが権力者か? 21:26 どちらが権力者か? - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - どちらが権力者か? - 西川純のメモ どちらが権力者か? - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は現職教員を受け入れている上越教育大学で33年間勤めています。だから、教え子に校長は山ほどいます。そして、都道府県教育行政のトップの人もいます(そのころは『学び合い』ではありません)。その方と酒を飲んだとき、何も出来ないと愚痴っていました。そうでしょうね。職階のトップに上がっても、管下の部下が動かなければ何も出来ません

 同志諸氏、考えてください。文部科学省がアクティブラーニングをやろうとして、現場はどうなりましたか?都道府県教育委員会、市町村教育委員会の指導主事は何を言いましたか?そして、それを受けた皆さんの職員室に影響力がありましたか?

 ようは、文部科学省、都道県教育委員会が何かを言って、やって、変わったことありませんか?結局、現場は抜け道を見いだしていますよね。

 だから、文部科学省、都道府県教育委員会、市町村の指導主事の言っていることをは聞き流していいのです。もちろん、従ったふりは必要です。ただ、聞き流すだけの大多数の教師と違って、やることをしてください。それは、これからの社会を妄想してください。それができて、多くの人が動いたならば文部科学省、都道府県教育委員会より権力者なのです。権力は、そのことにフォローしてくれる人の数と多様性によって決まります。

[]日本の教育を変えるには 06:26 日本の教育を変えるには - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 日本の教育を変えるには - 西川純のメモ 日本の教育を変えるには - 西川純のメモ のブックマークコメント

 高校教師の方々へ。以下を教員志望の生徒に紹介していただけませんか?

https://www.buzzfeed.com/jp/reonahisamatsu/teacher-real?fbclid=IwAR0nd2CmOKIzTVxPf0M27siRagltHs1W_n4OnOUOvsgb96rdMl2LUDoQ1DI

 日本の教育を変えるにはどうしたらいいのでしょうか。

 一つの答えは、文部科学省、都道府県教育委員会が手を出せない、高校生から「No」を突きつけることだと思います。今、教員養成系大学・学部の学生さんの中で教員を志望しない学生さんが増えています。何も知らずに教員を志望し、教員養成系大学・学部に進学し、入学後に実態を知って進路変更するぐらいだったら、教員養成系大学・学部に進学しなければいい。今、二十年前に比べれば遙かに採用されやすくなっています。しかし、採用されて数ヶ月で教員をやめる人が増えている。その人は教員養成系大学・学部に進学しなければよかった。

 教員養成系大学・学部には、現実の厳しさを知った上で、それでも教員になりたいと思う人が進学すべきです。私は工業化社会の頭で動いている学校の中で生き残るすべを教えます。そして、教師だから得られる喜びも教えます。

19/10/21(月)

[]教え子 22:03 教え子 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教え子 - 西川純のメモ 教え子 - 西川純のメモ のブックマークコメント

晩酌の後、教え子の写真を見ていると苦しくなる。可愛いし、一人一人のこれからの苦難を思うと。でも、乗り越えてほしい。https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2029781600422201&set=a.2029781623755532&type=3&theater

[]非構成的 21:48 非構成的 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 非構成的 - 西川純のメモ 非構成的 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 他ゼミのやっていることを観ていると西川ゼミと違うなと思います。

 何か問題があったら、いろいろな仕掛けを設けて、解決しようとするのが普通です。でも、西川ゼミの場合は、問題があることを語り、解決することが得であることを語ります。そのため非常に簡単です。私はそれが一番強力だし、大人になる子どもにとって一番大事なことだと思います。

 本日、他ゼミの学生からコース長としての私にあることを頼まれました。私は西川ゼミの学生だったら言うことを言いましたが、どうしても私にやってほしいとのこと。普通はそうだよな、と思って、その学生の望みを叶えました。

 西川ゼミの場合、ゼミメンバーを排除するという方法以外を選択することを許しています。そして、どのような方法で解決するかは私に報告なしで決定していいことを伝えています。例外は2つです。その決定において予算を必要とすることです。決定した後に、「お金ちょうだい」は駄目だと言っています。もう一つは、西川ゼミという看板を掲げて、新たな組織と定常的な関係を結ぶ時です。これは私の承諾を必要としています。しかし、この2つ以外はゼミメンバーが話し合って決めたことに関して私に報告、連絡は不要だと言っています。そして、その決定によって発生する責任は私が負います。この関係性は、西川ゼミに入った当初はドギマギしますが、しばらくしてなれます。ようは自分たちで責任を持って判断すればいいだけのことです。

 不遜ですが、おそらく仕えやすい指導教員だと思います。

 私は大学に勤めてから二十数年間、戸北先生にお仕えしました。本当にいい上司です。私が判断したことを、全面的に認めてくれました。戸北先生が副学長の時です。戸北先生との連絡が取れないが、至急の判断を必要なとき事務の人は私に連絡します。私は、「戸北先生だったら、○○と判断するよ」と言います。そして、事務の人はその言葉により事を進めます。それで成り立つ、阿吽の呼吸が成り立っていたのです。という関係なので、私は私のしたいことをどんどんやれました。その結果に関して、戸北先生が尻を拭いてくれることに不安がなかったからです。

 だから、自信を持って任せています。

19/10/20(日)

[]糖質制限 21:13 糖質制限 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 糖質制限 - 西川純のメモ 糖質制限 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 血液検査の結果が悪かったので、禁酒を命じられました。これがきつかったので、糖質制限をしました。結果、体重が10kg弱減り、各種数値は安定しました。それ以降、好きだった日本酒、ビールはやめて、焼酎、ウイスキーにしました。穀類、甘いものは極力制限しています。半年もたつと苦痛ではありません。

 これを維持していますが、減りません。あと数kg減らせれば標準体重なのに、と思います。が、毎日、家内と晩酌して、家内の糖質の多くない食事をつまみに、焼酎で飲んで、いいこんころもちになっています。それで、それ以上を望むのは「むさぼり」かなと思います。が、人の欲望は果てしないもの。

  1. [お誘い]静岡

 10月26日で『学び合い』の公開授業があります。主催者は歓迎モードです。お誘いします。http://www.edu.pref.shizuoka.jp/surugasogo-h/home.nsf/SearchHeaderView/028D2B5A2C8BA9B94925846D00299A51/$FILE/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%ABHP%E6%96%87%E6%9B%B8.pdf

[]大事なこと 19:11 大事なこと - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大事なこと - 西川純のメモ 大事なこと - 西川純のメモ のブックマークコメント

 帰省した息子が東京に帰りました。家内が夕食の準備です。もう一つの日常が戻りました。

19/10/19(土)

[]働き方改革 21:35 働き方改革 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 働き方改革 - 西川純のメモ 働き方改革 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 働き方改革として変形労働時間制を導入するそうです(https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20191018-00000041-jnn-soci&fbclid=IwAR2yv3JussUqMK10PsJG_hPZHTS1ADw-uzUSoBgzJ3FklmhI4kKaYOLnU1k)。ここまでくると大笑いですね。でも、「教師がブラック残業から賢く身を守る方法」(https://amzn.to/2VX0BF6)に書きましたが、都道府県レベルで働き方改革は進んでいます。ただし、軽微修正ぐらいです。

 でも、本丸である部活の社会体育への移行や、肥大化した事務作業を廃止することに手をつけることはしないでしょう。10月30日に発売する「人生100年時代を生き抜く子を育てる! 個別最適化の教育」(https://amzn.to/2pxfHFo)では、現行の法律の中で出来る働き方改革を書きました。実は、本当に個別最適化した教育をやれば働き方改革が進むのです。教師が何もかも一人で抱え込んで、一律の指導をするから教師の負担が多くなりますから。

 とあいえ、本当に権限のある校長が自分の務める2,3年だけ先送りにしたがる人が多いでしょうから。では、どうしたらいいでしょうか?

 『学び合い』の実践者だったら、どうすればいいかは自明です。今の状態でもかなり軽減になっているはずです。とりあえずは「みんなで取り組む『学び合い』入門」(https://amzn.to/35Pfyh6)に従って、隠れキリシタンで実践してください。でも、状況が許されるならば、合同『学び合い』にトライしてください。そうしたら劇的に働き方改革が進みます。その方法は「今すぐ出来る! 全校『学び合い』で実現するカリキュラム・マネジメント」(https://amzn.to/2MYxoWk)に書きました。

 それとお願いがあります。小学校、中学校の教師の方は、広域通信制を積極的に勧めてください。そのために、まずは資料を請求してください。併せて、学費軽減や補助制度を学んでください。読めばわかりますが、胸を張って勧められます。

 私の地域では学年1クラスの中学校や公立高校は少なくありません。ここまで小さくなると授業負担も限られますし、部活自体が成り立ちません。

 想像してください。不登校の子どもが広域通信制高校を選ぶのではなく、個別最適化した教育を受けたいという子どもが広域通信制を選ぶのです。そうなったら、友達に「一緒に入学しよう」と言いませんか?そして、広域通信制がいいことがわかれば、自分の兄弟に勧めます。それは広域通信制の小学校、中学校(正確に言えば1条校ではありませんが)に波及します。そして、広域通信制が16%のキャズムを超えたらパンデミックが起こります。そうなったら工業化社会の学校制度は崩壊し、子どもたちが非正規雇用に流れることから救うことが出来ます。

 そして、高校の先生は教師志望の子どもに変形労働時間制が導入されればどうなるかを教えてください。勤務時間の実態、事務作業量の実態を教えてください。今の都道府県教育委員会は、試験科目の軽減などの小手先の改革で受験生を確保しようとしています。そんな小手先では駄目だと言うことをわからせてください。教員採用率を1倍を切らせればいい。教育力を失った職員室の新規採用者は退職するでしょう。今は教務主任や教頭によってやりくりしていますが、もう一人やめたらどうなりますか?

 今の文部科学省や都道府県教育委員会は改革を出来ません。正確に言えば、改革してはいけないのです。なぜなら、今のステークスホルダーである、子ども、保護者、教師は改革を望んでいないからです。だから、改革を実現するには、現システムの崩壊しかあり得ません。それを早めれば、奈落に落ちる子どもの数を減ずることが出来ます。

追伸 私は「それでも教師」という学生さんに、学校現場で潰れない方法を教えます。

19/10/18(金)

[]情 21:38 情 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 情 - 西川純のメモ 情 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は情の人です。でも、情に流されるとどうなるか、学びました。だから、理で律しています。世の中には理の人がいます。でも、その論理に情がなければ、共感できません。私は苦しんでいる人にあって語れます。その方の苦しみをそく癒やせません。でも、その方に「まし」の道は自信を持って語れます。これが三十年以上前の私に出来なかったことです。

[]鍋島中学校 19:53 鍋島中学校 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 鍋島中学校 - 西川純のメモ 鍋島中学校 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 貞包校長が佐賀市立鍋島中学校に赴任して、『学び合い』文化を広げています。『学び合い』での学校作りを考えている方は参観してはいかがですか?今、発展途上の姿を見られます。貞包校長に連絡を取れば、歓迎してくれますよ。だって、観られることによって美しくなるのは年頃の女性ばかりではなく、男性教師も、そして、なによりも子どもたちも美しくなります。

[]妄想 18:18 妄想 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 妄想 - 西川純のメモ 妄想 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日のゼミで妄想を語りました。そうしたら、ゼミ生が盛り上がってしまいました。つくづく我がゼミに入る学生は面白い奴らだと思いました。以下の36分以降の会話です。https://www.youtube.com/watch?v=eBtIvxysDu0&feature=em-uploademail