西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/02/20(火)

[]一人も見捨てない 21:38 一人も見捨てない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一人も見捨てない - 西川純のメモ 一人も見捨てない - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゼミ生から唐突に「私は一人も見捨てないなのか、単なるお人好しなのか分かりません。どちらでしょうか?」という質問を私に振りました。本人が気づいていないかもしれないと思いますが、かなり高度な質問です。

 以下の会話

私:一人も見捨てない、は正確に言えば、一人も見捨てないは得、だよ。君にとって得だった?

学生:分かりません。自分が断れない人なので。

私:ということは、断れない自分にとっては「得」だよね。

学生:はい。

私:世にある倫理観や道徳は、人類の長い歴史の中で洗練された「得」な戦略だよ。だから、人が良きものと思う行動をすれば、大抵は得になっている。でもね、君の場合は得になっていると自覚がない。どうしたらいいか?自らにルールを課すこと。

学生:具体的には?

私:私が得な生き方をしていることをしていることは見ていて分かるよね?

学生:はい。でも、具体的には?

私:例えば、「ゼミ生である間は失敗・失敬をしても許す。しかし、卒業してからは短期間に3回連続して失敗・失敗を繰り返したら関係を切る。非難は無しで、単に切る。そうでないと私の精神は保たれないから。」

追伸 損得勘定が安定した関係を維持すると思っています。その戦略が一人も見捨ないなのです。『学び合い』は博愛主義ではないです。生き残る、戦略です。

追伸 こんなレベルの話を2年間続けるのが西川ゼミです。

[]静岡の会 19:50 静岡の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 静岡の会 - 西川純のメモ 静岡の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 2月24日に静岡で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。http://kokucheese.com/s/event/index/502510/

追伸 かなり前、同日時に日本中で『学び合い』の会が開かれるようになったら良いね、と話したことがあります。実現しました。24日には広島(http://kokucheese.com/s/event/index/509006/)、宮城県白石(http://kokucheese.com/event/index/505497/)、福岡(http://kokucheese.com/event/index/507493/)、茨城県石岡(http://kokucheese.com/event/index/506944/)で『学び合い』の会が開かれます。そして翌日の25日は京都(http://kokucheese.com/s/event/index/503903/)で開かれます。時代は変わったな~。

[]転ばぬ先の杖 12:51 転ばぬ先の杖 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 転ばぬ先の杖 - 西川純のメモ 転ばぬ先の杖 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私のところには毎日、毎日、お悩み相談のメールが来ます。大別すると実践上の悩みと、もう一つは、職場の対人関係に関わるものです。

 学生には「学級崩壊させても退職する人は少ない。しかし、職員室に居場所が無くなれば退職するよ」と話します。

 転ばぬ先の杖です。「みんなで取り組む『学び合い』入門」(明治図書 https://goo.gl/EzikRo)と「私は『学び合い』をこれで失敗し、これで乗り越えました」(東洋館 https://goo.gl/Znq9yp)を読むことを薦めます。

 特に、来年は異動しそうだと思う人は、今から準備しましょう。心機一転で人間関係を構築し始めましょう。

追伸 これらの本は『学び合い』実践者以外の方にも有効です。『学び合い』は何かと誤解されがちなので、その手のいざこざに巻き込まれることは少なくありません。だから、それを乗り越えるためのノウハウが蓄積され、整理されているのです。なんらかの新たなことをやろうとするならば、上記は汎用性が高い知見です。

18/02/19(月)

[]広島の会 21:51 広島の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 広島の会 - 西川純のメモ 広島の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 2月24日に広島で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。http://kokucheese.com/s/event/index/509006/

[]職能 21:49 職能 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 職能 - 西川純のメモ 職能 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある先生が『学び合い』をやめる場面で、私と話し合いました。その人は、「子どもの幸せはどうでもいい。私の幸せのために教師になっている」とおっしゃいました。その率直さを驚き、その環境を哀れみました。

 教師の全員、自分の幸せのために教師をやっています。そうでないことを言っている人は「嘘つき」か「愚か者」です。多くの教師は、その「自分の幸せ」と子どもに尽くす教師の折り合いを付けています。その事を言った人は、その折り合いを先輩教師から教えてもらえなかった。子どもの幸せを、ニコニコしている子どもではなく、子どもの変化で見とれなかった。失礼ながら、哀れです。

 分からない人は、分からないのです。それでいいのです。

[]終わりは始まっています 14:51 終わりは始まっています - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 終わりは始まっています - 西川純のメモ 終わりは始まっています - 西川純のメモ のブックマークコメント

 中学校、公立高校は見捨てられ始めています。以下は氷山の一角です。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO27055400X10C18A2CK8000/

 内申書と関係ない3学期中、ずっと風邪の子どもは少なくないですよ。

18/02/18(日)

[]中国人 08:08 中国人 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 中国人 - 西川純のメモ 中国人 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日泊まったホテルは、中国人従業員が多いです。それも直に客に接するところに。何故だろう?と思いました。分かりました。このホテルは中国人をメインのお客にしているのだと思います。

szeidzsiszeidzsi2018/02/18 19:28中国とは別の流れですが・・
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO17859500Z10C17A6TJ1000/
という記事もあります。
私がいる国でも先日説明会+面接があり2桁名が採用されました。お隣の国でも同じ状況のようです。来年も採用活動にいらっしゃるようです。とてもありがたい話ですが、逆に言うと、日本にいる日本人であれば日本で就職できるという時代も少しかわりつつあるような気がします。

jun24kawajun24kawa2018/02/20 06:36情報ありがとうございました。

18/02/17(土)

[]初めて 20:35 初めて - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 初めて - 西川純のメモ 初めて - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今から二十数年前、結婚して正月に帰省しました。無神経な私と違い、人の心を知っている家内は「お母さんにお年玉をあげよう」と言ってくれました。そうしたら普段はクールな母親が涙を流して、「お年玉をもらえるなんて」と言っていました。母親は中学校の時に両親を病気で亡くし、それから苦労していました。人にお年玉をあげることはあっても、中学校のそれからもらうことがなかったのです。

 本日、弟子、孫弟子と吞みました。非常に楽しかった。もうすぐ、お開きの時間です。私の中で万札を出して、弟子も万札を出して、孫弟子が微調整、という姿をイメージしていました。そんなとき、弟子がトイレに行くというので、「早く帰らないかな~」と思っていました。帰ってきたら、財布をいじくりながら帰ってきた。あ、やったな、と思いました。

 私が大学院を修了し、教師になってから34年です。初めて、教え子に全面的に驕ってもらいました。ビックリ。

 教え子が、立派な教師になっている証拠です。

 じんわりと、それを感じつつホテルの部屋で吞んでいます。

[]フランスはどう少子化を克服したか 09:30 フランスはどう少子化を克服したか - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - フランスはどう少子化を克服したか - 西川純のメモ フランスはどう少子化を克服したか - 西川純のメモ のブックマークコメント

 タイトルに惹かれて「フランスはどう少子化を克服したか」(新潮新書)を読みました。1時間程度で読めました(私は速読の方ですが)。非常に分かりやすいし、事例も豊富ですし、良い本です。フランスは理性の国だと思いました。

 おそらく、現状の日本が学ぶべき点が多いと思います。そのまま使えばいいのにな、と思うところも多くあります。しかし、読み進めていると違和感を持ちます。理由はいかにも工業化社会の論理で動いているからです。つまり、やっている施策が全て「規格化」「分業化」「同時化」「集中化」「極大化」「中央集権化」なのです。それがために、多様な子ども・保護者のニーズに応えられない。そして、高額の社会保障費が必要となります。

 脱工業化社会においては「個性化」、「総合化」、「非同時化」、「分散化」、「適正規模化」、「地方分権化」であるべきと思います。これを成り立たせるためには、地域コミュニティで出産・育児を支える文化が必要です。そして、その基盤は学校教育が担わなければならない。そのためには単線型学校段階を打破し、教育内容の精選が必要です。具体的には、だれもかれもが「数列」、「李白の詩」を学ばなくても良いようにして、その代わり育児と介護を学校教育の柱にするのです。

 あ~。私の中ではリアルにイメージできるが、多くの人には宇宙語としか見られない。分かる人を増やさねば。

18/02/16(金)

[]近づいている 21:56 近づいている - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 近づいている - 西川純のメモ 近づいている - 西川純のメモ のブックマークコメント

 志村けんの名言集(http://kokoro-movie.com/2018/02/08/post-18197/)の中で一番良いなと思うのは『だれもが思いつきそうなことを、人より鼻の差ぐらい先を見越して、現実化すればいいんだ。「鼻の差ぐらい」がポイント。それ以上先でも、それ以下でもダメ』です。

 我が教え子からも私の語る言葉は「宇宙語」と言われます。たしかにそう。でも、世間が宇宙語に近づけば、超宇宙語を語れる。私の頭の中を駆け巡っている超超宇宙語を本にするには超宇宙語を身銭を切って本を買う人たちが納得するようにならねばならない。

 最近、そのスピードが速くなっている。嬉しい

[]奨学金破産 05:58 奨学金破産 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 奨学金破産 - 西川純のメモ 奨学金破産 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 大学の学費を下げる、奨学金を無償にするというのは、奨学金破産問題の本質ではありません。そんなことしても、4年間という時間と、その間の生活費の損失は免れません。そもそも、現状の日本には、教養を高めるというようなものを求める余裕のある人は殆ど無いのです。http://news.livedoor.com/article/detail/14300488/

 アカデミズムを学ぶ人は日本の中でごく一部で良いのです。国文学の蘊奥を極めたり、偏微分方程式を解けるようになる人が日本人の何パーセント必要だと思いますか?1割もいらない。

 では高等教育機関は必要ないのか?

 いります。ただし、ジョブ型としてです。そして、18歳で大学に入学するのではなく、働いて金を貯め、働きながら学び続ける。つまり奨学金に頼らない進学です。リカレン教育に脱皮する。

 「奨学金破産の実態は、大学教師及び普通科高校の教師の給与のために奴隷が必要だから奨学金が維持されている」ではないかと思えます。