西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

19/11/18(月)

[]長野 21:51 長野 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 長野 - 西川純のメモ 長野 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は長野教育センターの方と語り合えました。私も学ぶことが多かった。

19/11/17(日)

[]次2 21:29 次2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 次2 - 西川純のメモ 次2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 工業化社会の論理で動いている社会を横目で見ながら思います。例えばテレホンカードです。

 テレホンカードが導入されたときはテレホンカードは十分最先端でした。でも、いままでの延長上です。でも、家電からスマホへの以降は流れです。

 今やっている工業化社会の多くの試みはテレホンカードと同じだと思います。

[]次 21:29 次 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 次 - 西川純のメモ 次 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は多くの本を書きました。で、次に書きたい本は何かを考えました。それは「子どもと教師のための個別最適化した学校、広域通信制という選択肢」ですね。

 現状の教育に未来が見いだせない子ども・保護者、これから教師を続けていくべきかを迷っているブラック現場の教師のための本です。

[]大地の会 18:06 大地の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大地の会 - 西川純のメモ 大地の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 12月22日に大阪で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/s/event/index/583281/?fbclid=IwAR1ll2fcLvUeeYnznbEug3kYXYQSbVpRH6i2yCPZ1B0Zsk7GLzaRD-Ou5LQ

[]変形労働時間制 07:10 変形労働時間制 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 変形労働時間制 - 西川純のメモ 変形労働時間制 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 妥当な攻め方だと思います。厚生労働省の幹部の答弁を使って変形労働時間制の前提を明らかにする。文部科学大臣の答弁を聞きながら、「国会では通るけど、労働条件の不利益変更で司法に訴えられたとき、耐えられると思っているのかな?」と思います。司法で黒白を明らかにすればいいと思います。https://www.youtube.com/watch?v=n1bSSwiSnYE&feature=share&fbclid=IwAR0b61asJMVDitHXqfjJFb-dwPO474JOB4KFwI5DzX4cMW39sermoRiY7eQ

19/11/16(土)

[]好評 21:32 好評 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 好評 - 西川純のメモ 好評 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「人生100年時代を生き抜く子を育てる! 個別最適化の教育」(https://amzn.to/2KtwrF3)が好評です。出版してから、今も衰えずニーズがある。何故だろう、と考えました。

 応えは出版意図通りに教員以外の人に読まれているからだと思います。

 出版社の方から、採用数年の人向けに書くことを求められます。つまり、それ以上の教員の多くは学ぼうとしません。ただし、『学び合い』のユーザーは、「とりあえず授業できればいいや」ではありません。

 私はやがて消えます。

 私は伝えます。が、みんなでやりましょう。

[]市場価値 19:27 市場価値 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 市場価値 - 西川純のメモ 市場価値 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「役に立たない資格」でググれば、いっぱい見つかります。もし、その資格をとるための学費が半額になったら、期間が半分になったら、あなたはその資格を取ろうとしますか?おそらく多くの人は、役に立たないことを理解してしまえば、学費や期間に関係なく取ろうとしません。

 この記事(https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191112-00000039-sasahi-life&p=1&fbclid=IwAR0wpN_gUBiqvtjUB0RzBfjqX_ji9k-p1rEip96UvKGzUH8JTaUjRyCsmuk)を読んで、それを思いました。

 私が高校教師の時、中学校3年間の出席日数が数日の子が入学しました。出席日数が数日であっても「中学校課程を修了した」という卒業証書はもらえます。もちろん、工業化社会の多くの高校はそのような子を受け入れないでしょう。でも、高卒の資格にどれほどの価値があるでしょうか?その子が個別最適化した能力を持っているならば、それを受け入れる広域通信制高校はあるでしょう。いや、高校卒業しなくても、高校卒業程度認定試験を受ければいいのです。

 工業化社会の学校の変化は遅いでしょう。でも、工業化社会で生き残れないことを知っている経済・産業界は学校教育制度を捨てて、別の選択肢を選ぶでしょう。すでにGAFAはそうなっています。

 『「役立つ資格」を検索したら出るような資格を複数持っており、実務経験がある小中高をフリースクールで過ごした人』と、資格や実務経験が無く、枕草子を専攻した大学生と企業はどちらを取るでしょうか?

 今回の一連のことで経済・産業界は文部科学省を見切ったと思います。教育再生実行会議において文部科学省の扱いに変化があると予想しています。

makine45makine452019/11/17 06:30都内の某有名書店に行ったら、教育書のコーナーの一番良い場所に平積みになっていました。「注目の書籍」を実感しました。

19/11/15(金)

[]不思議 19:40 不思議 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 不思議 - 西川純のメモ 不思議 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 頭のいい人たちが決めたのですから、ちゃんとした理由があるのでしょう。でも素人の私には分からないのです。教えていただければありがたいです。

 タブレット一人一台を用意しても一過性の経済効果しかありません。

 私はスマートフォンを学校で解禁すればいいのにと思います。慌てて補足しますが、今回の英語民間試験のように一律に強いるのではなく、必要と思い、保護者が子どもの使用の責任をとれるならば、禁止しないというスタンスです。

 ま、今の高校生のスマホの所持率を考えれば、数年のうちに小中でも広がるでしょう。これは一過性の需要ではありません。それに小中高の子どもたちがスマホを使いこなせば、新たなビジネスチャンスがあるように思います。

 それにスマホを国民が使いこなせば波及効果は大きいと思います。

 と思うのに、何故だろう・・・・

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191111/k10012172881000.html?fbclid=IwAR3WhHAG-a_shd19a9xgr-ZT03d3zP03ZM-TspbYi5T82YRuJko2_dtX93Y

追申 上記が経済効果を考えていないという人がいたら、私は笑います。世の中、お金ですから。

[]医療費 19:40 医療費 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 医療費 - 西川純のメモ 医療費 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今後の社会のことを考えれば医療費が拡大するのは避けられないことです。これを避けるためには医師一人が担当できる人数が増やせばいいと思います。例えば、一人の医師が担当する人数を3倍になれば、医師一人への予算が1.5倍になっても医療費を大幅にカットできます。

 病院に来る患者の半数以上はリピーター(つまり、同じ薬を処方してもらう人)です。医師と合う時間は短いものです。簡単な検査をします。ところが待ち時間は長い。これがもったいない。

 例えば、初診でない場合、事前に病院に対してスマホで問診に答え、地域の医療センターで採血、血圧検査を受け、そのデータを送ります(大病院の採血センターを想像してください)。(献血センターと合体してもいい)人工知能がチェックをして、大まかな判断をします。それを医師がチェックします。そして、必要だと思う患者に対して病院に来ることを求めるのです。おそらく、リピーターの患者の大多数は病院に行く必要ないでしょう。そして、医師からの処方(実態は人工知能の処方)は患者が指定する薬局が郵送するのです。

 医師の養成を計画的に減少します。いわゆる町医者の要請を減らし、専門医の要請に主軸を置くのです。

 と妄想します。

[]最先端 09:30 最先端 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 最先端 - 西川純のメモ 最先端 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、ゼミ生に「先生は何故、色々な新しい情報を知っているのですか?」と聞かれました。私は「新しい情報を知っている人と繋がっているから。その人達は最先端の情報をキャッチし、吟味し、本物だと思うものを私に教えてくれる。それが強みだよ。」と言いました。ゼミ生からは「どうしたらそうなれるのですか?」と聞かれたので、「君が本物の情報を発信しつづければ、自ずと本物の情報を持っている人から繋がりを求めてくる。簡単だよ。例えば、君は私と繋がっている。私から得られた情報の中で君が納得した情報をコピペして発信すればいい。」と申しました。

 本日、広域通信制のインフィニティ国際学院の大谷真樹学院長からFBでメッセージが来ました。内容はflier(https://www.flierinc.com/)というサービスの紹介です。ビジネスパーソンが読むような良書をプロが要約した文章を読めるというサービスです。「生徒への圧倒的な「全方位興味」の初期インプットの仕掛けとしてFlierを導入しています。数分から10分もあれば要約を読めますし、関連した書籍などへ興味が連鎖し、与えられる課題ではなく自ら興味を求める理想的な読書への絶妙な仕掛けとなっています。」とのことでした。

 読んで笑いました。いいな~っと思います。広域通信制の学校がネット上のサービスを学校の図書館にしたのです。生徒はアマゾンキンドルで必要な本を読めば良い。また、ビジネスパーソンが読むような本のサービスにしている点が、海外に目を向けているインフィニティ国際学院らしいと思います。ここで紹介されているような本を読めば、日本の大学に進学することが馬鹿馬鹿しく思う子どもも生まれるでしょう。

 さっそく会員登録して、私の既に読んだ本の要約を読み直しましたが、よくまとまっています。お誘いします。

 大谷さん、ありがとうございます。

追伸 このような人のふんどしで、私の価値を高めています。

19/11/14(木)

[]ゼミ生 21:20 ゼミ生 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ゼミ生 - 西川純のメモ ゼミ生 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は教師になって35年間たちます。

 本日、一人一人の教え子の顔を思い出します。

 高校時代の教え子に関しては、思い出したくなくても、思いだし。寝汗でうなされるレベルです。申し訳ない。その気持ちを忘れません。

 大学に異動してからしばらくは学部指導はなく、現職院生の指導だけです。私より、遙かに人生経験のある方々とのつながりです。気楽です。

 やがて学部指導をはじめ、現職院生さんも私より若い人を相手にするようになりました。

 もちろん教師として最善を尽くしました。が、そのころは研究指導レベルです。学生さんがレベルの高い研究成果を出せるか否かで考えていました。その頃は、A論文レベルの成果を学生さんは出していました。ま、私が詳細に教えれば素人でも、そのレベルに達します。

 やがて『学び合い』の理論が確立するレベルです。こうなると、ゼミ集団の力学をコントロールするようになります。私なりに最善を尽くしました。

 でも、一人一人を思えば、こうなって欲しかったという思いはあります。なによりも、卒業・修了後に幸せになってくれているかを思います。

 本日、修了・卒業した人たちの名前を読み直し、教師としてどうあるべきかを考えました。

[]特別支援 08:46 特別支援 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 特別支援 - 西川純のメモ 特別支援 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』の実践が紹介されています。16日土曜日の午後0時半から午後0時55分に再放送されます。https://www4.nhk.or.jp/hogosya/x/2019-11-09/31/33459/1729621/