『学び合い』の文化を教室に このページをアンテナに追加 RSSフィード

私立の中高一貫校で国語を教えています。

2011-02-27

7notesで授業記録を取る 17:51 7notesで授業記録を取る - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 7notesで授業記録を取る - 『学び合い』の文化を教室に 7notesで授業記録を取る - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

ご無沙汰してます。

ブログに意識的に触れないようにしていたので、本当に久しぶりの更新です。

現在、授業でiPadを活用する方法を模索しています。主に教師が、ということなんですが。

最初は議事録を作るのに使ってみたり、マインドマップを描くのに使ってました。

これはこれでけっこう使い勝手がいいな、と感心してたんですが、如何せん、画面が指紋でべたべたになるのはいやだなあと。

キーボードを買うのには年度末で予算がないし、と思っていたら、会議で小学校のI内さんからタッチペンを見せていただきました。これはいい。

タッチペンの前にアプリの7notesも購入していたのですが、使い勝手としてもう一つかな、なんて思っていたのが、タッチペンを手に入れて劇的に変わりました。

そういう経緯を経て、7notesでブッククラブの様子をメモしてみようと思い立った次第。

【7NOTEでグループの活動を記録する。】

ブッククラブで話し合っている様子を観察し、記録するのに、7notesを使ってみた。

1、雛形を作る。

・新しい書類を作るときに、「3カラム」の書類を選ぶ。

 「タイトル」をタップして、「グループ活動記録」と名前をつける。

・「スタイル」をタップして「用紙選択」から「A4横」を選ぶ。

 デフォルトだと、中央の列が広くて両脇が狭いので、画面右下のアイコンをタップする。すると列の幅を自由に変えられるようになるので、ドラッグして幅を調節する。

・「ユニットの追加」から、「テキストユニット」を選び、 3列ごと3つのテキストユニットを作る。あ、これってマンダラメモみたい。

私の授業では、グループが10〜11個あるので、右側の列にもう 2つテキストユニットを増やす。

・各ユニットに番号を振る。左列の上から1~ 11と通し番号を振った。

・ここまでの作業を保存する。

 「ドキュメントスタイルとして保存して終了」を選ぶ。

これで、次回から新期書類を作るときに、「3カラム書類」「2カラム書類」などの下に、「グループ活動記録」という名前が出てくる。

2 クラス毎の雛形を作る。

・新期書類のアイコンをタップし、「グループ活動記録」を選ぶ。

・「タイトル」をタップして「グループ活動記録 1組」と名前をつける。

 1~ 11の各テキストユニットをタップして、それぞれのグループのメンバー名を記入。

・「ドキュメントスタイルとして保存して終了」を選択。

この作業をくり返して、5組までの雛形を作る。

あとは、授業の時にクラス毎の雛形を呼び出し、「日付、何時間目、何組」と名前をつけてメモをとればいい。

3 7notesの利点

・生徒の話し合いを見ながら、あるいは話を生徒としながら、メモがとれる。

・テキストユニットはメモが長くなれば自動的に折り返しながら、下へと広がっていくので、メモをとることに気をとられないで(!)気づいたことをどんどん書き込んでいける。

・かなり乱雑な字でも読みとってくれるので快適。

 しかも、テキストユニット間の移動はタップするだけなので、すばやく次のグループの記録に移ることができる。

 そして、授業の後で眺めてみると、どのグループはどれだけメモできたか、ユニットの大きさでパッと把握できる。

例えば、2組のメモを見る(このクラスは10グループ)と、2班が記録が何もない。話し合いをしている時の私の観察の位置の問題とか、グループの話し合いの活発さとか、いくつかの要素が合わさって、このグループへの関わり方が疎くなってしまったと気づかされる。

学習カードの生徒たち自身のふり返りや話し合いのまとめを確認していけば次回授業での改善ポイントが見えてきそうだ。

お気に入りに追加