『学び合い』の文化を教室に このページをアンテナに追加 RSSフィード

私立の中高一貫校で国語を教えています。

2009-02-26

もったいないお化けが出る。 17:01 もったいないお化けが出る。 - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - もったいないお化けが出る。 - 『学び合い』の文化を教室に もったいないお化けが出る。 - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

あーもったいない。

今日は3クラスで最後のディベートの試合でした。

しかーし。録画しませんでした。orz

6時間連続授業をこなすことで精一杯だったんです。

ところが、こういう時って、いい試合が行われるんですよねえ。

1時間目の4組。試合結果は圧倒的多数で否定側の勝ちでした。

でも、僕は肯定側の立論をきいた時点で目を見張りました。

というのは、肯定側は、当初携帯電話使用に賛成の意見しか出ていなかったグループだったんです。

それが、「子どもの生活習慣が向上する」「対人関係がよくなる」というメリットで、きちんとした立論を作ってきました。

現状分析の2点目では、今朝の朝刊で一斉に報じられた「中学生の2割が携帯依存」という資料も盛り込んできていました。

ちなみにデメリットは「携帯電話関連企業の利益減少」で、小中学生が持たなくなることで毎年1900万円の損失が生じ、そこから不景気になって失業者が増えて自殺者もでる、というものでした。

肯定側第1反駁で、デメリットに対する反駁を何もしなかったのと、否定側の反駁が印象的だったので議論を持っていかれてしまいましたが、どうしてどうして、いい議論を作ってました。

ちなみに僕の判定では、デメリットが取れなかったので肯定側でした。

5時間目の3組も、がっぷりとかみ合った試合でした。

この試合では、メリットデメリット両方で議論が展開していったので、なかなか見応えのある試合でした。

メリットが「犯罪に巻き込まれにくくなる」で、デメリットが「緊急時に連絡がとれない」でした。

この試合では、メリットデメリットともに議論が伸びていったのですが、反論された所に反論して、全体を見ていなかったために自分で墓穴を掘ってしまうということが起こりました。

デメリットの攻防で、携帯電話は緊急時に使えない、公衆電話があれば大災害の時は無料で開放されるから公衆電話は使える、という2点の反駁が肯定側からありました。

これに対して、否定側は公衆電話の議論に反駁しようとして、「長期でなく、ちょっとした災害の場合は無料にならないので、公衆電話ではだめだ」という反論をしました。

大きな地震の時には携帯も公衆電話も連絡がとれないという議論もしてましたので、じゃあ携帯電話が使えるのは、ちょっとした災害のときだけ、という風に小さくなってしまいました。

肯定側にそこを第2反駁で引っぱられてしまい、負けてしまいました。

そして、6時間目の1組。

肯定側の立論が実に見事でした。

「有害サイトからの被害が減る」というメリットでした。他のグループは同じ議論でも、小中学生が被害者になることを中心に議論を作っていたのですが、このグループだけ、小中学生携帯電話で安易に書き込みなどをし、加害者になっているという分析を出してきました。

さらに、被害者の場合を出会い系サイトとそれ以外のゲームやプロフなどのサイトに分け、今は出会い系より非出会い系サイトから被害者になる場合が多い、という分析をしてました。

これは相手から反論として出てくるフィルタリングをすれば問題ないという議論を予想して作ったのでしょうか。実に効果的な議論でした。

ただ、反駁の方は、フィルタリングがあるから大丈夫という議論には、肉声音声カプラによって、フィルタリングを外すことができるという非常にレアな事例を出して反駁してきたので、ちょっと笑ってしまいました。

しかし、このグループは、ものすごい量の資料を用意していて、ちょっとしたディベート部では太刀打ちできないくらいの準備をしてました。

試合の後「ディベート部に入らない?」と勧誘してしまいました。

否定側も、いつもはアテンションが強くて、あまり授業に積極的でない生徒が、実に立派に自分の仕事をこなしていたので、感心してしまいました。

さて、こうして試合を終え、今まで準備してきた資料や、自分たちで作った議論を元に、最後に携帯電話小中学生が持つことに関して、作文を書いて終了となります。

4組と5組では今日からその作業に入りました。

以前紹介した『非論理的な人のための論理的な文章の書き方入門』で紹介されていた「クイズ文」の書き方をざっくりと説明し、問題、結論、理由の3点に分けて書くことを指示しました。

また、理由の中で、「譲歩の型(たしかに〜という意見もあるだろう。しかし〜である。」を使って、反対意見を否定する方で説明をしていくと説得力が増すことも紹介しておきました。

4組では、作文ノートに下書きをするように指示すると、40分間、ほとんどの生徒が鉛筆を走らせていました。最初の方でおしゃべりをしていた生徒もいたのですが、他の生徒の醸し出す雰囲気に押されて、いつの間にか下書きに集中してました。

5組の方は作文ノートを忘れてきた生徒が多くて、原稿用紙をもらいにくる生徒が続出しました。

ノートを忘れたこと以外に、自分が書く文章の規模をある程度把握して書きたいと考えていたようです。

授業は来週の月曜日で終わりますので、そこを締め切りにしようか、火曜日まで待とうか、考え中です。

iPhone「0円」? 07:55 iPhone「0円」? - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - iPhone「0円」? - 『学び合い』の文化を教室に iPhone「0円」? - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

期間は2月27日~5月31日。2年契約が条件だが、記憶容量8ギガバイトのタイプは「0円」(通常は2万3040円)に、16ギガバイトでも1万1520円(同3万4560円)になる。

ソフトバンク iPhone「0円」 販促キャンペーン(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

ふーん。でも、電話機能はいらないなあ。

iPod touchだったらほしいかもしれない。

お気に入りに追加