『学び合い』の文化を教室に このページをアンテナに追加 RSSフィード

私立の中高一貫校で国語を教えています。

2008-04-23

修学旅行の準備 18:33 修学旅行の準備 - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 修学旅行の準備 - 『学び合い』の文化を教室に 修学旅行の準備 - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

水曜日の5・6時間目は、中学はロングホームルームです。

今日は修学旅行の部屋割り、班分けをすることになってました。

時間があれば、班ごとの自主見学コースを検討するところまで行きましょう、ということを昼休みに打ち合わせました。

5時間目、教室に行って黙って板書をしました。

LHRでやること

1 旭川と札幌のホテルの部屋割り

2 旭山動物園と札幌市内見学の班分け

3 札幌市内見学のコースの見当をつける。

『今日は欠席が二人います。その二人も加えて、クラス全員が満足できるように決めて下さい。2まで決まったら、班ごとに教卓に置いてあるプリントを見て、コースを検討して下さい。では、どうぞ。』

あとは、横にいて、学習カードの仕分けをしてました。

部屋は二人部屋、三人部屋、四人部屋などの条件がありましたが、それぞれの希望グループごとに話し合いをしたり、じゃんけんをして、決めていきました。

もめることもなく、実にスムーズに決まっていきました。

班分けも滞りなく進み、30分ほどで各班ごとにコースの検討に入っていました。

5時間目終了でいったん職員室に戻ると、バスの座席表も決めるとのこと。

それを持って6時間目に教室に行くと、休み時間もみんなあれこれ相談していて、ほとんどのグループが6時間目初めにはおおよその見学コースを決めてました。

これなら大丈夫、とバスの座席を黒板に貼り、条件を伝えました。

すると、旅行委員がパッと出てきて、あとはそれぞれのグループの要望を確認し、あぶれた生徒がいないように配慮しながら全部の座席を決めていきました。

おかげでその後、健康診断の読み合わせをしっかりと確認しながら行うことができました。

実に気持ちのいいロングホームルームでした。

お気に入りに追加