『学び合い』の文化を教室に このページをアンテナに追加 RSSフィード

私立の中高一貫校で国語を教えています。

2008-04-14

[]ミニレッスンのネタ2つ 20:10 ミニレッスンのネタ2つ - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - ミニレッスンのネタ2つ - 『学び合い』の文化を教室に ミニレッスンのネタ2つ - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

ミニレッスンのネタになりそうな新聞の記事を2つ紹介します。

1 毎日新聞日曜版連載 石田衣良「チッチと子」

 主人公は男やもめの作家、青田耕平。

 毎回面白いのですが、13日のところでは、作家の生活についての記述があり、考える時間と書く時間が交互にやってくるといったことが紹介されています。書くサイクルの紹介の時に引用できるかもしれません。

 また、送られてきた仲間の小説を読む下りも、リーディングワークショップに使えそうです。図らずもTinking Talkingの形になっています。

2 新聞の日曜版には書評が載ってますよね。

  毎日と読売を読み比べています。

  先週は両方で『シェイクスピアのたくらみ』(貴志哲雄著岩波新書)を取り上げていました。

 読売が作家の小野正嗣、毎日は劇作家の山崎正和です。

 こういう書評を読み比べるというのも面白いかもしれません。

以上、ご参考まで。

お気に入りに追加