『学び合い』の文化を教室に このページをアンテナに追加 RSSフィード

私立の中高一貫校で国語を教えています。

2008-04-05

やる気は満々! 22:30 やる気は満々! - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - やる気は満々! - 『学び合い』の文化を教室に やる気は満々! - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

新年度になって、『学び合い』グループの皆さんの日記にもやる気が満ちあふれていますね。

今日は教師研修会の二日目。新任教師の歓迎式、今日かの打ち合わせなどがありました。

僕の授業の打ち合わせは終わっていたので、同じ学年の古文の授業の打ち合わせに陪席させていただきました。

しかし、話を聞いていると、「大変だ」「やることが多い」「時間がない」ということばのオンパレードです。

一緒の時間にあるクラスは現代文と一緒に…と考えていたもくろみは、早くも頓挫してしまいました。

しかし、負けません。とりあえずは僕と一緒に組んでくれる講師が、最初の僕の授業を見学に来てくれることになりました。

まずは足下から固めます。

また、春休みに『学び合い』の手引書をお貸しした講師の先生からは、やる気はあるけれど、第7章に書いてある心配がいちいち思い当たって「そうだよね、できるのかなあ」ととても不安だという話をしにきてくれました。

こんなやり方をしたら『学び合い』にならないんじゃないかといった相談も知れくれたので、『学び合い』は方法論ではなくて考え方だから、何度でも、先生の考えている『学び合い』について語って下さいと言いました。

「失敗したらどうしよう」ではなくて、失敗したら率直に謝って、もう一度語り直せばいいですよ、と話しました。

新任の先生も、授業を見に来たいと言ってくれています。

学級通信、授業通信でも、授業の実践をどんどん発信していきます。

ああ、でも時間が足りない。

あんまり欲張らないで、シンプルにいかないと。

お気に入りに追加