『学び合い』の文化を教室に このページをアンテナに追加 RSSフィード

私立の中高一貫校で国語を教えています。

2016-04-18

[][][]お久しぶりです 19:07 お久しぶりです - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - お久しぶりです - 『学び合い』の文化を教室に お久しぶりです - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

ずいぶん長いこと放置しておりました。

前回記事が2014年1月11日!

2年経っちゃったよ。前回中1を担任してたときじゃない。

ということで、存在証明がてら、近況を。

中学1年生の学年主任になりました。

学年主任になっても、担任を持つことができるんですが、学年教師団の話し合いで、他の先生方に任せて、私は後方支援に回ることに。

具体的には保護者対応ということです。

で、まずは月一回程度の発行が常態となっている学年だよりを最初の一週間、毎日発行して、生徒たちの様子をできるだけ伝えるように心がけました。

今までクラス通信を出していたものを学年に広げた感じですね。こういう作業は全然苦ではないので、学年の先生方に確認をとりつつ発行しました。

そして昨日17日。久しぶりに「おにぎりの会」に参加しました!

僕が「おにぎりの会」の名付け親だなんて知らない人の方が多いよね。

もう8年も前だもの。

でも旧知の皆さんが全然違和感なく迎い入れてくださったので、すんなり入ることができました。

そこで「質問づくり」について熱く語っていたら、なんと『たった一つを変えるだけ クラスも教師も自立する「質問づくり」』(ダン・ロスステイン、ルース・サンタナ 吉田新一郎訳)というネタ本を持っている先生がいらっしゃるではありませんか!

思わず乱入して、昨年度の実践で作ったプリントなどを紹介してしまいました。

何人かの先生とフェイスブックでつながることもでき、授業を見に来てくださるというお話もいただき、遅れたけれど行ってよかった。

大満足でした。

上越教育大学の准教授になった片桐さんにも会えました。

ぜひ、今度群読の授業をうちでやってもらおう。

そして、今日。

いよいよ教科書を使って授業開始です。

東京書籍「新編 新しい国語1」を使います。

今日は「風の五線譜」(高階杞一)の群読の導入。

「『風の五線譜」を群読する」というテーマで質問づくりを行いました。

・生活班(6人1グループ)5班に分かれます。

・書記を決めるのに1分。

・テーマについて、「質問づくりのルール」4つを提示。

 

  質問づくり4つのルール

  1 できるだけたくさんの質問をする。

  2 質問について話し合ったり、答えたり、ダメだししたりしない。

  3 質問は発言の通りに書き出す。

  4 意見や主張は疑問文に直す。

ルール2は昨年度実施してみての反省から、言葉を変えてみました。もともとは「質問について話し合ったり、評価したり、答えたりしない。」でした。

このルールを、杓子定規に捉えて、「肯定的な反応もしない」としてしまいました。

誰がどんな質問を出しても無反応。

これはやりにくい。

ということで、「いいね!」という肯定的な反応はオーケーにしました。

・4つのルールの難しさを評価し、その理由を書く。

  「簡単、難しい、どちらとも言えない」の3つで評価をします。

  プリントを用意して、それぞれに書き込みます。

  3分で延長を希望する生徒多数のため、1分30秒延長。

  1つずつ、どこに丸をしたか聞き、その理由を代表者1名を指名し発表。

  みんなしっかり答えてくれたので感動。

・質問を作る。

 3分時間をとりました。

 早速「五線譜って何?」「音楽で使うやつじゃない?」いうやりとりをしているところに介入して、「答えは言わないんだよ。五線譜って何?という質問を書記さん書いて」と指示。

「あ、つい答えちゃう」と笑いながらルール3の難しさに気づいたようでした。

 3分後、いくつかき出せたかを確認。2〜4というところでした。さらに3分、質問づくり。

 6〜11という数になりました。

・「開いた質問」「閉じた質問」に分類する。3分間です。

 簡単に二つの質問の違いを説明します。

 開いた質問(オープンクエスチョン)

  説明を必要とする質問です。

 閉じた質問(クローズドクエスチョン)

  「はい」や「いいえ」、1つの単語で答えられる質問です。

 ここはうまくいくとグループとしての集中力がグッと上がるところです。

 ただ、初めての話し合いなので、全員で取り組まずにちょっとバラバラになってたかな。

 早く終わった班には次の「開いた質問と閉じた質問の長所と短所を考える」のプリントを渡して作業させました。

・開いた質問、閉じた質問の長所と短所を考えよう

 黒板に表を書いて、できた班から書き込ませます。

 全部の班が書き込んだところで時間終了。

中学3年だと最後の振り返りまでなんとか入ったんですが、まあよしとしましょう。

次回は質問の書き換えと、最も重要な質問の選び出しと振り返りを行い、群読の指導に入ります。

2014-01-11

私の謝罪に対してエーミールのとった行為は正しかった。 09:26 私の謝罪に対してエーミールのとった行為は正しかった。 - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 私の謝罪に対してエーミールのとった行為は正しかった。 - 『学び合い』の文化を教室に 私の謝罪に対してエーミールのとった行為は正しかった。 - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

「少年の日の思い出」を扱います。

意見文を書いてもらいます。

表題の主張を本文から根拠をあげて論証してもらおうと考えています。

実は「少年の日の思い出」を授業で扱うのは初めてです。

皆さんはどんなアプローチをされていますか。

2014-01-10

あらら 07:59 あらら - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - あらら - 『学び合い』の文化を教室に あらら - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

ぼちぼち更新するといいつつ、年を超してしまいました。

明けましておめでとうございます。

さて、残り三ヶ月、『学び合い』に基づく授業で一年生を締めくくりましょう。

六年前に中一を担当したときは、あれこれ自分なりに工夫したつもりでしたが、その工夫がかえって生徒たちの学習の妨げになるということに思い及びませんでした。

できるだけシンプルに。

これで行きます。

2013-04-01

新年度 00:44 新年度 - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 新年度 - 『学び合い』の文化を教室に 新年度 - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

4月になりました。

昨年1年は、高校3年生の授業ということで、センター対策に特化した授業をしてました。

今年は下におりますので、もう少し融通のきく授業をします。

ぼちぼち更新していきますので、よろしくお願いします。

2012-12-05

高校演劇サミット2012のお知らせ 20:15 高校演劇サミット2012のお知らせ - 『学び合い』の文化を教室に を含むブックマーク はてなブックマーク - 高校演劇サミット2012のお知らせ - 『学び合い』の文化を教室に 高校演劇サミット2012のお知らせ - 『学び合い』の文化を教室に のブックマークコメント

来る12月15日(土)16日(日)に行われる、高校演劇サミット2012の稽古が終わりました。

http://summit.koko-engeki.info/

今回田中圭介さんに都合3度演出をしていただいたのですが、的確な言葉が最適のタイミングで投げかけられるのを目の当たりにして、「プロってすごい!」と心の底から感じました。

今ももう一人の顧問とちょっと興奮しながら話してたんですが、演劇には「ダメだし」という言葉があります。

演技の直しが必要な部分を指摘していくことなんですが、今回の田中さんは「ダメ」を出すのではなくて、「勇気づけ」が基本なんですね。

例えば、私が見ていて、どうしても一本調子になっているなと感じていた部分がありました。しかし、どうしたら直るのか、言葉を持っていませんでした。

そこに田中さんは、

「相手の言葉を聞いて、ここは驚いてるんだよ」

「相手の言っていることを否定しようと、一言言い放つ。ところがまた反論が返って来るんで、さらに決めのセリフと思って言うんだ。ところがまた反論が返ってくるからさらにまた「これでどうだ!」と言い放つんだね」

と丁寧に役の心理まで解き明かしつつ演出をしてくれました。

これで、ガラリとセリフ回しが変わりました。

部員たちがどんどん自分たちのアイデアを出してくるのを、温かく受け止めて、それをベースにさらに良くなるような声かけをしてくれる。

可視化ってこういうことなんだ、と実感しました。

翻って、教師としての自分は、そこまで生徒にかける言葉を持っているだろうか、と反省させられました。

さて、この演劇サミットでは村田女子と専大松戸と本校の3校が上演します。

詳しくは高校演劇サミット2012のサイト

http://summit.koko-engeki.info/

をご覧下さい。

小さな劇場でおこなう大きな(志の)高校演劇フェスティバルです。今年の高 校演劇サミットのテーマは「高校生が演劇部の活動を通して他者と出会う」です。「家族」「先生」「高校生」以外の方々との出会いを、高校演劇サミットは ワークショップや稽古、そして公演本番を通してプロデュースします。演劇ファンのみなさん。ぜひ劇場で高校生たちと出会ってください。高校生たちにとっ て、高校生の演劇を初めてご覧になる方々にとって、この小さなフェスティバルが、小さくとも素敵な贈り物になりますように。

サミットプロデューサー:林成彦

参加校

専修大学松戸『ケ・セラ・セラ』(生徒創作)

女子聖学院『夏芙蓉』作:越智優

村田女子『各駅』(生徒創作)

公演日程

2012年12月15日(土)▷12月16日(日)

12月15日(土) 14:00-

12月16日(日) 13:00-

*詳細は上演校・タイムテーブルをご覧下さい。

会場

アトリエ春風舎

〒173-0036 東京都板橋区向原2-22-17すぺいすしょう向原B1

TEL 03-3957-5099(公演期間のみ)

サミットディレクター 田中圭介サミットディレクター

田中圭介(たなか けいすけ)

演出家・劇作家。武蔵野音楽大学大学院を修了。演劇、舞踏、オペラ、ミュージカルなど様々なジャンルの演出を手がける。近年では「身体の景色」にて山の手 事情社、SPAC、ク・ナウカの俳優などと共に公演を重ねつつ、ワークショップリーダーとしても様々な地域で活動している。2011年演劇フェスティバル 「ガチゲキ!!」に劇作家、黒川陽子とのユニット「クロカワタナカ&Co.」として参加(演出)特別審査員賞受賞。2012年「身体の景色」として密陽演 劇祭(韓国)に招聘される。

—Credit

[サミットプロデューサー]林 成彦[サミットディレクター]田中圭介[アドバイザー]平田知之

[舞台監督]加藤 唯[照明]井坂 浩[宣伝美術]西 泰宏[制作]金澤 昭

[制作協力]谷 賢一(アトリエ春風舎芸術監督)木元太郎(アトリエ春風舎支配人)

[総合プロデューサー]平田オリザ[企画制作]青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場[主催](有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

上演校・プログラム

専修大学松戸『ケ・セラ・セラ』(生徒創作)

女子聖学院『夏芙蓉』作:越智優

村田女子『各駅』(生徒創作)

2012年12月15日(土)▷16日(日)

12月15日(土)14:00-

14:00☆ 専修大学松戸『ケ・セラ・セラ』

15:40  村田女子『各駅』

17:10  女子聖学院『夏芙蓉』

ゲスト:吉田小夏(青☆組)

12月16日(日)13:00-

13:00☆ 村田女子『各駅』

14:40  女子聖学院『夏芙蓉』

16:10  専修大学松戸『ケ・セラ・セラ』

ゲスト:わたなべなおこ(あなざーわーくす)

☆サミットディレクターとゲストによるオープニングトークあり

=各回終演後、サミットディレクターとゲストによる10分程度のアフタートークを実施=

各日、サミットディレクターとゲストによる[高校演劇の魅力や特殊性を語るオープニングトーク]によって開幕し、

各校終演後、10分程度サミットディレクターとゲストによる[各作品の解説を中心としたアフタートーク]が実施されます。

高校演劇サミット2012は高校演劇が凝縮されている”1日券”での観劇がお勧めです。

観劇方法・チケット

高校演劇サミット2012は“1日券”での観劇がお勧めです。

各日、サミットディレクターとゲストによる[高校演劇の魅力や特殊性を語るオープニングトーク]によって開幕し、各校終演後、10分程度サミットディレク ターとゲストによる[各作品の解説を中心としたアフタートーク]が実施されます。高校演劇サミット2012は高校演劇が凝縮されている”1日券”での観劇 がお勧めです。

チケット

1 日 券

2,000円(自由席・日時指定)

12月15日(土)14:00ー

12月16日(日)13:00ー

【受付開始・開場】開演の20分前

1演目券

1,000円(自由席・日時指定・枚数限定)

12月15日(土)

14:00☆ 専修大学松戸『ケ・セラ・セラ』

15:40  村田女子『各駅』

17:10  女子聖学院『夏芙蓉』

12月16日(日)

13:00☆ 村田女子『各駅』

14:40  女子聖学院『夏芙蓉』

16:10  専修大学松戸『ケ・セラ・セラ』

【受付開始・開場】開演の20分前

チケット取扱い

2012年11月17日(土)予約受付開始

青年団 03-3469-9107 (12:00-20:00)

お気に入りに追加