Hatena::Groupmanabiai

(続)nakajimaの「一期一会」

長野県の南部の中学校で社会科の教員をしています。4月より現場に復帰します。授業公開は日程が合えばいつでもOKです。その際は①参観はできるだけ複数名でお越し下さい。②授業後に授業についてお話できる時間を確保して下さい。③可能であれば異学年学習も公開するつもりです。そちらの希望があれば事前にお知らせ下さい。mailはnakachiro0402☆outlook.jp(☆を@に)です。よろしくお願い致します(深々と礼)。

2018-07-15

あっという間に学期末…

17:50

あっという間に学期末になってしまいました…。

クラスも学年も学校の研究も全てが中途半端で終わって行きそうで、とても不安です。自分なりにはやってきたつもりですが、わたし1人ができることには限界がある…なんて至極当然のことを痛感しています。

つくづく教師は現実維持、言い換えれば変わることができない人の集まりなんだなって思います。いつまで不毛な検討を続けるのか?。疑問符が付くことが多い毎日です。

そんなことを言っても何も変わりませんので、私は私なりに生徒の幸せを求めなければ…と思う、今日この頃です。

こんなことを書くと『学び合い』ができなくなったのか…?と思われる方がいるかもしれませんが、そうではありません。ただ、去年までの風向きとは間違いなく変わって来ています。そんな中で自分の立ち位置を明確にしながら仕事をする息苦しさはあります。そんな経験は山ほどしてきましたのでどうと言うことはありませんが、もう少し広い視野、例えば社会の変化に敏感にならないと教師はいずれ淘汰されるんじゃないかと本気で思います。

若い先生たちが困らないために、私たちのような経験の長い者から変わる努力をしなければと思います。

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/iku-naka/20180715