Hatena::Groupmanabiai

(続)nakajimaの「一期一会」

長野県の南部の中学校で社会科の教員をしています。4月より現場に復帰します。授業公開は日程が合えばいつでもOKです。その際は①参観はできるだけ複数名でお越し下さい。②授業後に授業についてお話できる時間を確保して下さい。③可能であれば異学年学習も公開するつもりです。そちらの希望があれば事前にお知らせ下さい。mailはnakachiro0402☆outlook.jp(☆を@に)です。よろしくお願い致します(深々と礼)。

2017-12-01

評価

19:10

結果が出てなくて批判されるのは仕方がない。

しかし、活動もしていないうちから批判される覚えもないし、結果を出すためのプロセスは踏んでいる。批判(評価)をしたいのなら、活動をしてからにして欲しいと心から思う、今日、この頃です。

ストレス

19:03

【ケース1】

部下「課長、先日言われた企画書ができたので見て下さい」

上司「分かった。読んでおくよ」

(数日後・・・)

上司「〇〇君。企画書読んだよ。誤字脱字があったから直しておいて。あと、ここについてはどう考えているの?」

部下「ここは、こういうことだと思っています」

上司「分かった。あとは君に任せたからね。ただ、きちんと結果を出してくれよ!」

部下「はい。分かりました!」

【ケース2】

部下「課長、先日言われた企画書ができたので見て下さい」

上司「分かった。読んでおくよ」

(数日後・・・)

上司「〇〇君。企画書読んだよ。誤字脱字があったから直しておいて。あと、ここは~だから、こうやって直しておいて。あと、ここも~だから、こうやって直しておいて。あと、ここも・・・だから、こうやって直しておいてね」

部下「でも・・・」

上司「私は、君のために忠告しているんだよ。そうやって直しておかないと、企画書なんて通らないよ!」

部下「・・・はい」

どちらのケースの方が集団として健全でしょうか?。自分の価値観(考え方)を相手に押しつける(つもりはないのかもしれませんが・・・)ような指摘からは何も生み出されません。正直に言えばストレスだと思います。集団が健全であることが、その職場の能力を高める大切な要素だと私は思うのですが・・・。

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/iku-naka/20171201