Hatena::Groupmanabiai

(続)nakajimaの「一期一会」

長野県の南部の中学校で社会科の教員をしています。4月より現場に復帰します。授業公開は日程が合えばいつでもOKです。その際は①参観はできるだけ複数名でお越し下さい。②授業後に授業についてお話できる時間を確保して下さい。③可能であれば異学年学習も公開するつもりです。そちらの希望があれば事前にお知らせ下さい。mailはnakachiro0402☆outlook.jp(☆を@に)です。よろしくお願い致します(深々と礼)。

2017-08-17

何だかなぁ・・・

09:29

お盆休みといっても、息子は部活の遠征があったりして家族で休みが取れないため、家で2学期の仕事を少しつづして暮らしています。また、普段より少し時間があるため、テレビやネットを眺める時間もありました。

以前から感じていましたが、事実?(もしかすると、事実でもないのかもしれませんが・・・)の一部のみを切り取り非難するような記事がやたらと多い。おまけに、その事実かどうか分からない記事に感情的なコメントする人たち・・・。正直、何だかなぁ~と思ってしまいます。自分の意見を主張したいのであれば、きちんと調べてから言えば良いのに・・・。自分の感情の赴くまま、匿名性という「隠れ蓑」を利用したコメントは単なる自己満足です。こういうものを見ながら育った子どもたちは・・・なんて思うと、非常に心配になります。

しかし、これは何もネットに限ったことではありません。例えば、生徒を看取る力がない教師は、ある生徒に「○○は××だから」とレッテルを張り、色眼鏡で見ることはないでしょうか?。生徒たちは、自分が教師にどんな見方をされているのかなんてすぐに見抜きます。自分のことをきちんと見てくれない教師に対して心を開いてくれる訳がありません。

だからといって、1人の教師が全ての生徒の姿をきちんと看取れるとは思いません。少なくとも、私にはそんな力はありません。だから、生徒に助けてもらうのです。私たちより仲間の良さをきちんと看取れる生徒がいます。誰かに認められているという安心感が生徒の成長を促します。たとえ、それが教師でなくても良いと思うのです。

学び合い』は方法論ではなく「考え方」です。

学び合い』は放任ではなく「義務と権利がきちん位置づけられた民主的な学習」です。

学び合い』において、教師のすべきことの多くは「授業中」にあるのではなく「授業が始まる前」および「日常の学校生活の中」にあります。

学び合い』は「やらされている学習」ではなく「生徒自らが見通しを持って主体的に学ぶ学習」です。

・・・なんて言っても分かりませんよね(大汗)。でも、そういうものだと私は思っています。だから、聞かれたことに対してはキチンと説明をし、結果を残して行かなくては・・・と思います。

ただ、今まで私が大事だと思っていた「結果」も、あんまり大事じゃないんだよなって最近は思うようになりました。この辺についてはまたどこかで触れたいと思います。

2017-08-07

闇雲にやってもダメ・・・

17:19

週末に行われた部活の大会ですが、惜しくも準優勝。正直、優勝を狙っていただけにかなり残念でした・・・。10年前なら間違いなく生徒を罵倒し、学校へ戻って暗くなるまで練習をしたことでしょう(大汗)。もちろん、戦略的なことなど考えず、自分の腹の虫が治まらないからその気持ちのはけ口を練習に求めていたと思います。

しかし、今はチームや個人としてできたこととできなかったことをはっきりさせ、できなかったことをどうやってできるようにするのかを考えながら生徒に話をし、これからの練習について考えるようになりました。もちろん、厳しく指摘すべき点は指摘をします。しかし、何だか訳の分からない怒り方はしなくなったと思っています。生徒にしてみれば、何だかよく分からない事で怒られても、今後の成長にはつながりません。今回の敗戦が生徒の成長につながる指導をしていきたいと思います。

学び合い』も同じです。

「何で関わらないんだ!」

「どうして困ってる友達を放って置くんだ!」

「課題が終わった者が何で遊んでいるんだ!」

つい言いがちですよね?。でも、そういう状況にしているのは私たち教師です。そして、それを許している、つまり、困っている仲間を放って置いても良いような状況を作ったり、困っている仲間を助けられないような状況を作っているのも私たち教師なのです。

また、テストの点数が上がらないのは、点数が上がるような「戦略」を私たち教師が持ち合わせていないからです。『学び合い』は決して「魔法」ではありません。教師の側にしっかりとした「戦略(ビジョン)」がなければ生徒は成長しないと私は思っています。

そういう視点に立てば、教材研究を「したくなります」。学習カードを毎年「作り直したくなります」。そして、生徒に語る内容も変わってきます。もちろん、やったことがすぐに結果につながる訳ではありません。でも、常に考え、戦略を練り続けることで生徒の姿は必ず変わると思います。

「・・・そんなことを言われても」と気持ちが前向きにならない方々。私も以前は(今もか?)そうでしたからよく分かります。

*********************************

人の物をうらやむ気持ちは、目の前にあるものを見えなくさせます。

目の前の生徒たちが見えなくなったら、適切な指導はできません。

私の経験から言わせてもらうと

「他人のものをうらやましく思う」「自分のことを理解してほしいと思う」

このようになっている人は、疲れています。少し休んで下さい。

そして、周りを見回して下さい。意外と近くに仲間も理解者もいます。

また、あなたの一生懸命な姿を見ている生徒は裏切りません。最大の理解者は生徒です。だから私たち指導者は生徒のために、を常に心に置かなくてはならないと思うのです。

*********************************

甲子園に7度出場し、すべて初戦敗退という経歴をお持ちになる元盛岡大附属高校野球部顧問の澤田先生のお話の一部です。私たちの仕事は何のためにあるのか?。その部分は「熱い気持ち」で。しかし、その裏には「冷静な分析と戦略」が必要。・・・なんて最近は思えるようになりました。まあ、その辺のさじ加減は結構難しいんですけどね(汗)。

2017-07-31

そんなに「自主性・主体性」が大事なのか・・・?

15:31

キャリア教育の話の続きと言えば続きです。

最近(という訳ではないと思いますが・・・)「自主的」とか「主体的」とかいう言葉が妙にクローズアップされているような気が私はします。

確かに、自分で考えて行動する力は必要です。そして、その力を義務教育の段階で身につけることも大切だと考えています。

しかし、主体的な活動が出来るようになるまでのプロセスには、長い時間と繰り返す(やり直す?)時間が保証され、自ら判断に迷ったり、間違った判断をした時に自分を支えてくれる他者の存在が不可欠です。自分の人生を振り返った時、自分で考え、自分で決められるようになるまでにどのくらいの時間がかかったのかと考れば、決めるプロセスには膨大な「他者との関わり」が必要だと私は思います。

外へ出て働いている方々の姿に感じ

自らの生き方について考え

自分の生き方について選択をする

これって学校の中ではできないのでしょうか?。というか教科授業の中でできないのでしょうか?。理屈をあれこれこねくり回しているだけのように私には感じます。・・・で、結局元のままで・・・ってなるような気がしてなりません。目の前の授業を変えないで他領域を変えることでなんとか出来る訳がありません。生徒を育てるために1番時間を費やしていることは何か?。答えは明確だと私は思っています。

ホントにそうなのか…?

10:53

来春に大学を卒業した学生のうち、勤務校のある村に戻ってくる人数が0になるらしい=キャリア教育だ‼️

…ホントにそうなのか?

2017-07-25

結局のところ…

20:27

本校では本日が1学期の終業式だったのですが、学年毎の特別日課があと2日ある関係で、休みは金曜日からという、何だかスッキリしない日程となっています。長野県は学年行事として泊を伴う登山をする学校が多く、梅雨の時期を避け、天候の安定した時期に登山を予定すると、どうしてもこの時期になるようで…。まあ、雨の中を何時間も山を登ることを思えば、そういう配慮は致し方ないとは思いますが、個人的には全ての行事が終わってからの終業式の方がスッキリします。

慌ただしく過ぎた1学期ですが、少しずつ学びの質は上がってきています。しかし、その一方で、学びに慣れ、学びが甘くなっている生徒がいることも事実です。そんな生徒たちには厳しい目標を与え、みんなでを求めています。でも、毎回のように私がグダグダ言うと、生徒は当然引きます(汗)。そんな状況を改善する方法の1つとして、普段とは違う刺激?があると考えています。つまり、いろんな方に授業を参観して頂くことで、生徒たちにいつもとは違う刺激を与え、学びの質を高める…って感じです。

生徒は見られることや評価されることで成長すると思います。ご存知の通り、本県は2学期のスタートが早いです。お時間のある方は、是非本校においで頂き、私の授業を見て頂きたいと思います。特別な準備はなく、普段通りの授業ですが、興味のある方はよろしくお願いします(深々と礼)。

2017-07-22

ようやくここまで来たか・・・

15:52

昨日は主幹指導主事の訪問日でした。

私は、研究主任として主事の先生と懇談する時間がありました。しかし、懇談が設定されている時間は、私の授業がある時間・・・。「いつもは『普段の授業が大事』って言ってるくせに、こういう時は授業より懇談の方が優先なのか・・・?。変なの・・・」と思いながら、授業のあるクラスの係の生徒に「先生はちょっと遅れるから、いつも通りやっといて」とだけ伝えました。係の生徒からの返事は「はい」の一言だけ。まあ、授業の最初に私がいようがいなかろうが、授業は普通に回るので、生徒にとっては「授業の最初に先生がいないだけでしょ?」って感じだったと思います。

主事の先生との懇談を終え、授業クラスへ。予定通り(?)、いつも通りの授業が行われていました。その姿を見ながら私が「先生なんかいてもいなくてもいいんじゃない?」とつぶやくと「まあ、そうですね。ただ、学習カードがないと困りますけど・・・」とある生徒。また、その反応に「じゃあ、いつも授業の最後に短時間やってる先生の説明も、毎回誰かにやってもらおうかな?」と私が言うと「・・・え!?。でも、急にはムリだけど、そういう事をやるって前から分かってれば、できるかも・・・」とある生徒。

4ヶ月かかりましたが、ようやくここまで来たって感じです。1学期は残すところ数日ですが、2学期はもう少しアグレッシブに行けそうな気がします。何となく、今までやってきたことが形になってきたような気がしました。