Hatena::Groupmanabiai

(続)nakajimaの「一期一会」

長野県南部の中学校で社会科の教員をしています。授業公開は日程が合えばいつでもOKです。その際は①参観はできるだけ複数名でお越し下さい。②授業後に授業(『学び合い』)についてお話をする時間を確保して頂けるとありがたいです。③必要であれば異学年学習の公開も可能ですので、希望があれば事前にお知らせ下さい。連絡をする際のmailはnakachiro0402☆outlook.jp(☆を@に)です。よろしくお願い致します(深々と礼)。

2019-02-08

その通りです

21:00

西川先生が教え子に小学校と中高のどちらを勧めるのかという話をされていました。

中学校の現場にいる者から言わせて頂きますが「まさにその通りです」ってのが正直な気持ちです。私がもし同じ立場であれば、おそらく同じアドバイスをします。だからと言って小学校がラクだとは全く思っていません。しかし、相対的に考えてみるとそういう結論になります。

もちろん、中学校の現場はやりがいがあります。でも、自分の息子に勧めるかと言えば勧めません。もし、息子たちが教師になりたいと言えば応援しますが、実際、中学生の息子たちは教師にだけはなりたくないと言っています。嫁さん曰く「最近のお父さんは変だ。いつも疲れてる。そんなに教師って大変なのか?。そんな仕事ならやりたくないな…」と言ってるみたいです。まあ、私も息子と同じくらいの時は同じ気持ちでした。私の両親も教師で、父親が休みにウチにいた記憶はあんまりありません。

中高のネックが部活動なのは分かりますが、今後これが劇的に変わるなんてことはないと私は思ってます。本県では10年以上前に部活について改革を…と始めましたが、1年もたたずに形骸化しました。正直、行政に期待はできません。つまり今の状況が今後も続くと思っています。ただでさえ仕事量が増えているのに減らすことにつながる動きはほとんどありません。上ではお題目が飛び交っていますが、現場には何も届いて来ません。

つまり、変えたくないのです。変えたら批判されるから。残業時間が過労死レベルを超えている…なんて話は鼻で笑ってしまうくらい、現場は過酷だと私は思っています。今年度、私の残業時間が所謂過労死ラインを下回った月などありません。おそらく、これからの教師は、自分の身は自分で守らないといけない時代になるでしょう。残念ながら、職場は教師一人ひとりを守ってくれる場ではなくなりつつあります。さらに、今までアドバイスをくれたであろう年代の教師が減り、若い年代の教師が増えるのも本県では明らかです。職場が本来あるべき姿ではなくなりつつあることを、ここ数年で強く感じています。

私が定年を迎えるまであと10年ちょっと。都市部では厳しいかもしれませんが、そうでない場所であればギリギリ逃げ切れる年数かもしれません。都市部に比べると周辺部はかなり保守的ですので。

そんな状況の中で自分には何ができるのか…?。なかなか難しいな…って正直思っています。