Hatena::Groupmanabiai

(続)nakajimaの「一期一会」

長野県南部の中学校で社会科の教員をしています。授業公開は日程が合えばいつでもOKです。その際は①参観はできるだけ複数名でお越し下さい。②授業後に授業(『学び合い』)についてお話をする時間を確保して頂けるとありがたいです。③必要であれば異学年学習の公開も可能ですので、希望があれば事前にお知らせ下さい。連絡をする際のmailはnakachiro0402☆outlook.jp(☆を@に)です。よろしくお願い致します(深々と礼)。

2019-01-05

今のままでも…

15:00

新しい年になりました。年末年始は久しぶりにゆっくりしましたが、今日から部活が再開し、いよいよ新学期が始まるんだな…なんて思っています。遅くなりましたが本年もよろしくお願いします(深々と礼)。

2学期は文化祭や研究授業など、なんだかんだと慌ただしく過ぎました。生徒たちは1学期同様頑張ってくれたように思います。…しかし、気持ち的にはすっきりしません。というか、消化不良の状態がずっと続いています。授業がやりにくいとか『学び合い』について批判が高まっている訳ではありません。かと言って肯定的に受け取られている訳でもありません。

「自分のクラスや学年が安定してればそれでいいじゃん…」

最近、私の頭の中には常にこの言葉がよぎります。おかげさまでクラスも学年も大きな問題はありません。授業の方も受け持っているクラスでは問題はありません。だからこのままでいいんじゃないの?…という気持ちが起こります。

でも気になるのです。廊下ですれ違う時に見える「何か不安をか抱えているであろうあの生徒の顔」が。

でも気になるのです。空き時間に廊下を歩いていると授業クラスから見える「つまらなそうに座っているあの生徒の顔」が。

でも気になるのです。集団に入れずグループの後ろを付いて歩いている「一緒にいたいのに一緒にいたいって言えないあの生徒の顔」が。

それはその生徒のクラス担任や教科担任の仕事なんだから…と言う人もいますが私はそんな気にはなれません。しかし、私のできることには限界があります。今私ができることは生徒をもっと大人に育てることなんだと改めて感じています。

私がやるべきことを見失わないよう、自らを律していきたいです。