Hatena::Groupmanabiai

(続)nakajimaの「一期一会」

長野県の南部の中学校で社会科の教員をしています。4月より現場に復帰します。授業公開は日程が合えばいつでもOKです。その際は①参観はできるだけ複数名でお越し下さい。②授業後に授業についてお話できる時間を確保して下さい。③可能であれば異学年学習も公開するつもりです。そちらの希望があれば事前にお知らせ下さい。mailはnakachiro0402☆outlook.jp(☆を@に)です。よろしくお願い致します(深々と礼)。

2018-10-14

普段の積み上げ

09:23

先週、本校で郡の研究授業が行われました。私は研究主任として参加しました。今まで何度もこのような会に参加していますが、今までと明らかに違う点が2つありました。

まず、参観された先生方の多くが「普段の授業の積み上げ」について評価して下さった点です。以前は、所謂「研究授業のための授業」が当たり前で「特設単元の特設授業」の公開が普通でした。ですので、参観される先生方としては「授業や生徒はいいけど、こんな授業は普通の授業ではムリ・・・」と思うのが普通でした。しかし、本校の授業は「いつも通り」でしたので、普段の生徒の学びを見て頂けたと思います。課題に対して仲間と当たり前のように関わり合う姿は、参観された先生方にとって参考になったと思います。

次に、当日までの準備の時間が極端に短かったことです。これは授業を公開して下さった教科の先生方の意向もありましたが、毎日残って何時間も授業の準備をすることはありませんでした。その理由としては、やはり「いつも通りやったから」だと私は思います。授業は「ショー」ではありません。つまり、教科の先生方は、普段から生徒の学びを考えた授業をして下さっていたからこその「本時の授業」だったのだと思います。生徒たちも「いつも通り」だったから「いつもの姿」を見せてくれました。

物事の正否はそれが始まるまでにその9割が決まっている」

「その時限定の活動」がいかに無意味か。そして、活動をきちんと評価せず、「その場限りの活動」にしていることがどれだけ無駄なことかを改めて感じた1日でした。