Hatena::Groupmanabiai

(続)nakajimaの「一期一会」

長野県の南部の中学校で社会科の教員をしています。4月より現場に復帰します。授業公開は日程が合えばいつでもOKです。その際は①参観はできるだけ複数名でお越し下さい。②授業後に授業についてお話できる時間を確保して下さい。③可能であれば異学年学習も公開するつもりです。そちらの希望があれば事前にお知らせ下さい。mailはnakachiro0402☆outlook.jp(☆を@に)です。よろしくお願い致します(深々と礼)。

2018-08-25

当たり前のこと

21:21

二学期が始まり、本校では大きく分けて「行事」と「研究授業」に向けての準備が進んでいます。行事では文化祭に向け、クラスや学年での準備、研究授業では、10月に郡内で公開を予定している授業に向けての準備です。私は研究主任として授業に向けての準備を授業者の先生と進めています。

当たり前ですが、何かをするためには具体的な目標やイメージが必要で、その目標やイメージを教師自身がしっかり持っていることが必要です。言い換えると、行事や研究授業を通して生徒たちにどうなって欲しいのかを教師がしっかりイメージできているのかが大事だと思います。

目標やイメージが明確にならなかったり教師が本気で願っていなければ、生徒たちに必要な力は付きません。やり方やテクニックも大事ですが、それ以上に大切にしなければならないことがあります。しかし、最近は「何のためにそれをするのですか?」と聞きたくなるような活動が多いような気がします。

また、教師の「覚悟?」みたいなものも希薄になっているような気がします。生徒に活動をさせておいて、その振り返りをしなかったり、活動が十分な結果を出せなかった責任が教師自身にあっても、それを生徒に謝ることもせず、責任を生徒に押し付ける教師も、正直います。

そんな教師を生徒が信頼するでしょうか?。生徒たちは成長したいと思っています。その気持ちに本気で寄り添える教師でありたいと思います。教師はクラスや学年をより良い方向に導く責任があります。しかし、言い訳しながら責任ひとつ取れない教師や管理職が多いな…と寂しくなったりします。厳しい言い方をすれば、『学び合い』を実践している(していた?)人にもそう言う人がいるように思います。

言っていることとやっていることが違っている人がどんなに課題を練ったり「1人も見捨てない」と言っても上手くは行かないでしょう。正直「あなたが『学び合い』について語って大丈夫ですか?。そんなこと言う前に、自らを顧みることがあるんじゃないですか?」と言いたくなるような人もいます。長くやっているからいいのではありません。亜流は所詮、亜流なのです。

学び合い』云々ではなく、まずは当たり前のことが当たり前にできる教師でありたいと思います。