Hatena::Groupmanabiai

(続)nakajimaの「一期一会」

長野県南部の中学校で社会科の教員をしています。授業公開は日程が合えばいつでもOKです。その際は①参観はできるだけ複数名でお越し下さい。②授業後に授業(『学び合い』)についてお話をする時間を確保して頂けるとありがたいです。③必要であれば異学年学習の公開も可能ですので、希望があれば事前にお知らせ下さい。連絡をする際のmailはnakachiro0402☆outlook.jp(☆を@に)です。よろしくお願い致します(深々と礼)。

2017-03-31

明日から新年度が始まります・・・

19:44

本日で平成28年度が終了し、明日から新年度がスタートします。新しい学校に赴任するのは3日からですが、一応ブログのヘッダを変更しておきました。3月に赴任先の学校で校長先生と打ち合わせをさせて頂いた際に授業公開について了承を頂きましたので、授業公開は日程が合えばいつでもOKです。また、異学年学習についても早めに下準備をしてスタートさせたいと思っています。なので、早い段階で異学年学習も公開が可能になると思っています。公開のご希望があれば上記のメールアドレスに連絡をお願いします。

さて、本当にいよいよ再スタート(?)です。高ぶる気持ちを抑えながら、ぼちぼちやろうと思っています。

2017-03-29

いつ、誰にとって必要なのか?

20:08

新学習指導要領についての話を聞く度に思うことがあります。

今回の改訂というか、私たちが教師として何を求めなければいけないのかを見誤ると大変なことになると思ってます。

教育は子どもたちのためにあるはずです。ということは、子どもにとって何が必要で、それをどのようなスパンで考えなえればならないのかを私たちが考える必要があると思っています。

しかし、残念ながらその視点が教師(というか自分自身)である人が多いような気がしてなりません。

「今、自分の教科指導が上手くいるのだから、アクティブラーニングなんて必要ないし求めない。ましてやカリキュラム・マネジメントなんて必要ない」

「今、自分の学級経営が上手くいっているんだから今のスタンスを変える必要なんてないし、変えるつもりもない」

おそらく、そんな風に思っている方が多いと私は思っています。しかし、本当にそうでしょうか?。

もし、目の前にいる子どもたちが一生自分の手元にいるのであればいいのかもしれません。しかし、そんなことはありません。そして、私たち教師は子どもたちの将来に責任を持つ義務があると思うのです。

今のままの指導で、子どもの将来は本当に幸せですか?。

子どもたちが学校にいる間の指導に責任を持つなんてことは教師として当然です。でも、その後の人生に責任を持つという意識を持っていなければ、今のままでいいじゃん・・・っていう無責任な意識になると思うのです。

自分の手元を離れても仲間と関わり合いながら自分の将来の幸せを求められる生徒を育てる・・・そういう意識に立った時、自らの指導を省みる視点が生まれるのだと私は思うのです。というか、そういう視点がこれからは絶対に必要だと思います。

もっと広い視野と視点をもって取り組む必要を伝えなければいけないと思っています。

2017-03-28

戦略を練る

11:09

ここのところブログの更新をサボっていました(汗)。

論文の投稿が終わり(査読等が残っていますが・・・)、来年度に向けての準備をやろうかな・・・なんて思っていたのですが、春休みと言っても来年度準備で休みがない嫁さんと入学式まで特にやることのない息子がいる我が家で、毎日「主夫」を頑張っています。以前も思ったのですが、家事を毎日するって本当に大変です。4月以降もできるだけやらなきゃ・・・って思います(笑)。

そんなことを言っていますが、新年度スタートまで残り1週間となり、そろそろ準備をしなくてはいけないと思っています。プリントなどの資料は今までのものを使えば良いと思っています。なので、今の私にとって必要な準備とは、自分の立場をイメージし、周りをどう動かしながら校内に『学び合い』の考え方を浸透させていくかってことだと思っています。

自分だけが突っ走り結果を出すことはできると勝手に思っています。しかし、それは単なる自己満足です。全校を動かす立場になるであろう人物が、周囲との合意ができないでは困るということを、ようやくこの年になって感じています(大汗)。ですので、これからの私にとって「結果を出す」とは、個人ではなく集団というレベルになるのだと感じています。そういう意味で「戦略」という意識が必要なのだと思います。

とは言うものの、基本的に政治ができない人間ですので、自らの活動を通して集団を巻き込みながら『学び合い』の考え方を本校に浸透させて行こうかな…なんて考えています。

・・・あ‼️、あとは、ブログをきちんと更新しなくてはいけませんね(大汗)。

2017-03-15

卒業式。そして再スタート・・・

17:16

本日は息子たちの卒業式に参加しました。

自分のクラスの卒業式は何度も経験がありますが、息子たちの卒業式に参加するのは初めてで(・・・当たり前か)、とても新鮮な感覚を持ちながらの卒業式でした。6年間の成長を感じるとてもいい卒業式だったと思います。去年の卒業式を思い出しながら、私の頭の中はレミオロメンの「3月9日」がリフレインしていました。去年の卒業生の卒業歌が「3月9日」だったので・・・(大笑)。

半月後は息子たちも中学生です。そして、年度末の人事異動により、私も4月から息子の中学校と同地区の中学校に赴任します。とりあえず、息子と同じ中学校ではなかったので、内心ホッとしています(笑)。

赴任先が決まるまでは「赴任する学校でどうやって『学び合い』を広めていこうか・・・」なんて思っていましたが・・・完全に杞憂に終わりました。来年度はN先生やN研の方々、さらにはM先生やM研の方々に協力頂きながら『学び合い』の考え方を広めることができそうです。私にとって、こんな都合のいい学校に赴任できるなんて思っていなかったので、内心ビックリしています。と同時に、そんな恵まれた環境にいるのですから、求められる結果も自ずと高くなるでしょう。「・・・まだこんなレベル?」ってN先生やM先生に言われないように頑張らなくては・・・と思っています。

とりあえずは、異学年学習かな・・・って思っています。でも、あんまり欲張らないよう、着実に結果を積み上げていきたいと思います。

2017-03-14

あっという間の1年でした・・・

17:30

本日の個人ゼミをもって、一応、論文(第2弾)が完成しました。・・・今年度中に終わってホントに良かったです(大汗)。

また、これを持って私のS大での研修も終わりとなります。終わってみると、正直、本当にあっという間の1年でした。研究室の片付けが終わり、何もなくなった自分の机を見つめながら、とても充実した時間を過ごさせて頂いたことに感謝したいと思いました。

特にM先生には本当にお世話になりました。4月当初から今日まで、私の活動を支えて下さいました。まさに「最後まで見捨てずに」です。また、私の下手くそな論文の原稿を一緒に見て下さり、丁寧な添削をして下さいました。ご自分の仕事もあるのに、個人ゼミの時間をオーバーしても付き合って下さいました。また、出張木セミや合同ゼミなど、対外的な活動にも嫌な顔1つせず、私たちに付き合って下さいました。

M先生は『学び合い』の可能性を信じ、何度も出前授業に行かれています。私も同行させて頂きましたが、時には心ない言葉をぶつけられることもありました。しかし、それでもM先生は穏やかな対応をされていました。とても私にはできません。M先生の姿から、私は「『学び合い』のすそ野が少しでも広がれば・・・」という信念を感じました。S大に研修に行きたいと思ってから時間がかかり、その間、私が右往左往した時期もありましたが、M先生のもとで学ばせて頂いたことが、私の今後の教員生活にプラスになることは間違いないと確信しています。M先生、本当にありがとうございました(深々と礼)。

M先生からは「(もっと×3?)期待してるよ」と言われています。M先生に教えて頂いたことを現場に還元することが、4月から私がすべきことです。詳しい話はまだできませんが、おそらく、4月からアクセル全開で行けると思います。M先生に「まあ、こんな感じでいいと思いますよ・・・」って言われるくらい頑張りたいと思います。

種は蒔けたと思います・・・

17:10

先日出前授業をさせて頂いた学校から、子どもたちが書いた授業の感想が届きました。

授業の様子から、子どもたちがどんな感想を書いてくれたのかはおよそ分かっていましたが、私が思っている以上に私の授業を好意的に受け止めてくれた子どもが多かったです。また「またあんな授業をしたい」「また授業をしに来て下さい」と書いてくれた子どもも多く、授業をさせて頂いて良かったと思いました。

自分なりに種は蒔けたと思います。あとは、その学校の先生方がどんな風に育ててくれるか・・・。心から期待したいと思います。

OB1989OB19892017/03/15 06:49iku-nakaさんのお陰で充実したゼミの1年間でした。心から感謝しています。期待してるよレベルを「もっと×4」にします。

scorpion1104scorpion11042017/03/15 10:23論文完成、おめでとうございます。
どれだけ1年間で努力されたのだろうと思うと、頭が下がります。私も、iku-nakaさんのようにその熱意を持ち続けられるようにしたいと思っています。(^^)/

iku-nakaiku-naka2017/03/15 16:58scorpion1104さん
コメントありがとうございます。M先生のお力を借り、何とか間に合わせることができました。私もscorpion1104さんのように、とことん「1人も見捨てない集団」にこだわっていきたいと思います。
追伸、4月からは(も?)N先生及びN研のみなさんにお世話になると思います。引き続きよろしくお願い致します(深々と礼)。

iku-nakaiku-naka2017/03/15 16:59M先生
コメントありがとうございます。こちらこそ本当にお世話になりました(深々と礼)。先生のおかげで充実した1年を過ごすことができました。
「もっと×4」ですか・・・(大汗)。分かりました。先生のご期待に添えるよう、4月からアクセル全開で行きたいと思います。4月からも引き続きご指導の程、よろしくお願い致します(再び、深々と礼)。

2017-03-10

より良い集団

17:48

本日、私とゼミの4年生で研究室の掃除をしました。1年間お世話になった教室ですので、来年の4年生が気持ちよく使えるように片付けをしました(多分、キレイになったと思いますが・・・)。

私が4年生全員と顔を合わすのは、おそらく今日が最後になります。個人ゼミがそれぞれ入っていたり、卒業式があったりするので、4年生同士はまだ顔を合わす機会があると思いますが、私は次回の個人ゼミで大学に行くのも最後になると思いますので(論文が終わればですが・・・)、今日が4年生全員と会う最後の機会となります。

掃除を終え、私が帰ろうとすると「先生、何だか寂しいですね・・・」と声を掛けてくれたゼミ生がいました。その時、自分は4年生にとって、このつながりが名残惜しいと思ってもらえるような、言い換えればより良い集団となるお手伝いが少しはできたのかなって思いました。

訳も分からず大学生の集団に飛び込み、Lineのやり方を教えてもらい、一緒に『学び合い』の授業を参観し、『学び合い』について考えました。また、長野セミナーや合同ゼミなど、対外的な活動も行いました。「仲間」と言えば聞こえは良いですが、そんな関係になれたんじゃないかなって私は勝手に思っています(大笑)。

4月からはそれぞれの場所でそれぞれの道を歩み出します。最後に「じゃあ、次は夏休みくらいにみんなで集まりますか?。多分、愚痴大会になりますね(笑)」なんて話で盛り上がれる仲間になれたのですから、それぞれの地で新しい仲間を作り、それぞれが頑張ってくれると思います。

私も新しい赴任地でより良い職員集団を作るべく頑張りたいと思います。

2017-03-07

特別なことはしていない

19:57

先ほど、昨日出前授業をさせて頂いた学校からメールを頂いていることに気づきました。

授業をさせて頂いた学年の主任の先生は、問題のあるクラスの児童が、先生が代わり『学び合い』をするだけであれだけ変わるのかと驚かれていたこと。そして、以前から『学び合い』の考え方に賛同されていた先生は、私の授業を参観し、とても勉強になったと言って下さった事などが記されていました。

正直、授業をさせて頂いたクラスが問題を抱えているクラスには思えませんでした。仲間のために頑張れる集団は、素晴らしい可能性を秘めています。授業を通じて、私はその可能性を大いに感じました。

特別なことは全くしていません。1人も見捨てない授業を願えば、子どもたちはきっと応えてくれるはずです。

話はかわりますが、4月からの自分の身の振り方について、何となく見えて来ました。今言えることは、来年度は今以上に「もっと」を目指せそうだということです。具体的なことは4月になってからですが、心の中では「よし、やってやろうじゃないか!」と密かに燃えてます(笑)。しかし、ムリは禁物です。慌てずぼちぼちやりたいと思います。

2017-03-06

”いい顔”を何度も見ることができました

20:02

先週末からいろいろな場所で”いい顔”を見ることができました。

土曜日は、S大で行われた学会において、自分の発表を終えた後、『学び合い』についての質問にきちんと答えるゼミ生の”いい顔”が見られました。M先生のもとで『学び合い』について学んできた集大成としての「姿」が見られたような気がします。多分、私の発表が1番下手くそだったと思います・・・反省(大汗)。

日曜日は教え子の結婚式に参加しました。新婦として涙ながらにご両親に感謝の気持ちを伝える”いい顔”が見られました。私にとって初めて担任した生徒です。いろいろな思い出があります。式に参列していた他の教え子たちも、新婦の言葉に涙していました。今でもいい仲間でいることが分かり、とてもうれしい気持ちになりました。

そして本日。N市内の小学校で4年生の社会科の授業を、2クラスでさせて頂きました。結果から言えば、2クラスとも時間を残して全員クリア。「1人も見捨てない」という思いが児童の姿から伝わってくるような授業でした。また、2クラス目の授業では、最後に課題をクリアした児童のちょっと恥ずかしいけれど、課題が達成できた満足感を感じるような”いい顔”が見られました。学習カードには「みんなで協力して頑張ることができました。また、こんな授業をやりたいです」という反省が多く書かれていました。今年度最後の飛び込み授業でしたが、とても印象に残る授業になりました。

”いい顔”からは、その人の成長を感じます。成長を感じられることは、教師にとって財産だと思います。とても貴重な数日を過ごすことができたと思います。感謝です。