Hatena::Groupmanabiai

(続)nakajimaの「一期一会」

長野県南部の中学校で社会科の教員をしています。授業公開は日程が合えばいつでもOKです。その際は①参観はできるだけ複数名でお越し下さい。②授業後に授業(『学び合い』)についてお話をする時間を確保して頂けるとありがたいです。③必要であれば異学年学習の公開も可能ですので、希望があれば事前にお知らせ下さい。連絡をする際のmailはnakachiro0402☆outlook.jp(☆を@に)です。よろしくお願い致します(深々と礼)。

2017-02-10

あと10年若かったら・・・

17:35

「自分がもう10年若かったら・・・」

こんなフレーズ聞いたことありますよね?。その多くは「若ければもっとできるのに」っていう自己弁護(?)で使われることが多いような気がします。もちろん、体力的なことで言えば、若い時の方ができたことは多かったように思います。でも、年齢を経るにしたがってできることもあります。それが当たり前です。

もし、自分の仕事の出来不出来を年齢のせいにする(・・・そんな人はあんまりいないと思いますが)のであれば、それは自分で何でもやりたい人か「力」で集団を動かしたい人なのかもしれません。

「俺がもし20年若ければ、このドアを蹴破ってお前を引きずり出すだろう。でも、俺も少しは賢くなった。もしそんなことをしても、お前はまた心のドアを閉ざしてしまうだろう。そんなことをしても意味がないってことを俺は知っている。だから、俺は待つ」

有名な教師ドラマの一節です(多分)。4月から、私は現場に戻り、若い人のやっていることを「やってみれば?」と言いながら見ているのでしょう。そして、多分「その活動は、全ての生徒のためになるの?。卒業した後の生徒のためになるの?」と問い続けるのでしょう。

何のために自分は教壇に立ち、生徒と対峙しているのか?。

そんなことが同僚の先生方に伝えられるような仕事をしたいと思います。・・・いや、そういう仕事をしなければならないのです。