Hatena::Groupmanabiai

(続)nakajimaの「一期一会」

長野県の南部の中学校で社会科の教員をしています。4月より現場に復帰します。授業公開は日程が合えばいつでもOKです。その際は①参観はできるだけ複数名でお越し下さい。②授業後に授業についてお話できる時間を確保して下さい。③可能であれば異学年学習も公開するつもりです。そちらの希望があれば事前にお知らせ下さい。mailはikskjhs_nkjm☆hotmail.co.jp(☆を@に)です。よろしくお願い致します(深々と礼)。

2017-06-17

はてさて・・・

07:50

先週の職員会の中で、P調査の結果について、各教科(国語・数学・英語)からの説明がありました。私も感じていたのですが、本校の結果は「かなり高い」と思います。校長先生も教頭先生も「こんな高い数値はあまり見たことがない・・・」と言っていましたので、私の感覚はあながち間違っていないと思います。

「先生、どうしてそうなったのかを分析して」

教頭先生からはそんな事を言われています。一応、私は研究主任なので分析は必要だと考えています。

①昨年度との比較から言えば、結果は確かに良くなっている。

②今年の1年生や2年生が、今の3年生や卒業生と比べ格段に優秀であるという話は聞こえて来ない

③昨年度から新たに取り組みだしたことと言えば、村を挙げて『学び合い』を始めたことくらいしかない

④それによって、やり方はまちまちであっても、生徒たちに活動を任せる時間が格段に増えている

・・・半分答えは出ているような気がしますが。まあ、とりあえずいろいろな要因を考えてみたいと思います。

2017-06-08

いろいろ・・・

18:08

1.焦らず、少しづつ・・・

 昨日、教室に入れず廊下で授業を受けた生徒がまた授業に来ました。まだ廊下での参加ですが、他の生徒が前回と同様サポートしてくれました。心の中では「もう教室でできるんじゃない?」って思っていますが、ここは焦らず、ちょっとづつ前に進んでくれればと思います。

2.単元テスト

 昨日、単元を任せて学習させたクラスの1回目の単元テストを行いました。結果はイマイチ・・・(汗)。最低点が100点(200点満点中)を切っている生徒もいるという状況は良いとは言えません。しかし、単元テストを返し「あのさ、単元の学習に向かう姿勢が甘いんじゃない?」と私がひとこと言うと、前の単元よりも遥かに質の高い学びが展開されました。「みんなができる」という抽象的な言葉ももちろん大事ですが、テスト点という明確な「結果」を突きつけられると、生徒も学習に対して具体的なイメージができるようです。こちらも慌てずに見守ろうと思います。

3.センター研修

 本日、センター研修に参加しました。『学び合い』の内容も含まれている研修でしたので、存じ上げている方がチラホラ。また、『学び合い』という言葉も以前に比べて浸透し、アレルギー反応も随分少ないんだな・・・なんて思いました。・・・すそ野は広がっているようです。

 N先生の講演はいつも通りでした。しかし、午後別の先生の講演を聴いていると、何となくモヤモヤ・・・。話の端々に「教師が」という主語が見え隠れしているような気がしました。確かに、教師が準備することはありますが、それが全ての生徒にフィットすることをどうやって確認するのだろう・・・なんて何となく思いました。教師が作るグランドデザイン、カリキュラム。教師が行うPDCAサイクル・・・誰のための活動なんでしょう?。これだけ時間がない現場でこれ以上新しい仕事を上乗せしたところで、結局「形だけ」になるのが関の山だと私は思います。

単元で必要な学習カードを配布し「○時間後に単元テストをやります。基準はクラス全員が○○点以上を取ることです」と言って学習をスタートさせ、単元テストで結果を確認し、生徒自身が反省すべき点を反省(改善)し、次の単元の学習に生かしていく・・・これ以上、生徒一人ひとりにフィットしたPDCAサイクルはないと思います。かと言って、単元テストで結果が出なければダメなので、その点については「もっと」を求めていきたいと思います。

2017-06-05

共通認識

19:16

「静かに話を聞きなさい!」と教師が生徒に注意した時に「どうして先生の話を静かに聞かなきゃいけないんですか?」と生徒に聞き返されたら、みなさんは何と答えますか?。

「教師の話を静かに聞くのが『当たり前』だ!」なんて説明では生徒は納得しません。逆に「どうして当たり前なんですか?」って聞かれるかも知れません。「そんな事を言ってくる生徒はいない」という意見もあるかもしれませんが、言わないだけで心の中では思っている生徒もいるかもしれません。

つまり、教師が発した言葉を生徒が素直に受け入れるためには、教師と生徒の間で共通認識(合意)がなければダメなのだと、最近特に感じます。

今日、1年生のあるクラスでお説教をしました。最近学習が停滞してるのが明らかに分かる状態でしたので、ここら辺できちんと軌道修正が必要だと思っていました。

かといって、いきなり怒るとかではありません。「皆さんの学習のペースも速くなってきたので、全員が課題クリアする時間を繰り上げます」と言って学習をスタートさせます。学習が停滞しているので、経験上、クリアする時間が早まれば、能力の高い生徒は困っている生徒を置き去りにするケースが増えます。能力の高い生徒が自分の学習だけになると、苦手な生徒はさらに分からなくなります。学びが高まっているクラスでは「ねえ、教えて」という声が飛び交いますが、学びが停滞しているクラスでは、その声も出ません。これも、今までの経験上、明らかです。

案の定、時間になってもクラスの3分の1もクリアできない状況になっていました。そこで私はこんな話をします。

「あのさ、今日の学習を見ていると、半分の人は一生懸命やってるんだよね。でも、半分の人は適当にやってる。適当にやっている人の半分は自分のことだえ考えている人。自分がクリアしても、困ってる仲間を放っといてる。そして残りの半分は、分からないに「分からないから教えて」って言えない。困っているのに助けてって言えないのは、手を抜いているのと同じだよ。困っている仲間を放っとく人や困ってるのに「困ってる」って言えないクラスで何が起こるか分かる?。仲間はずれや陰口、いじめなんだよ。みんなはそんなクラスにこのクラスをしたいですか?。もし、そんなクラスにしたくないって思うのなら、今日の授業は残り〇〇分あります。クラスの全員が「本気」で学んで、全員のクリアを達成して下さい。では、どうぞ」

この後の生徒の動きが私が話をする前より数段良くなっているのはよくお分かりだと思います。そうなる理由は、生徒にとって「誰かを見捨てることは、自分にとってもクラスにとっても良くないこと」という共通認識があるからです。その意識に訴えることで、停滞している学びを修正できると私は思っています。

「お前たち何やってるんだ!。もっと関わり合え!!」なんて言った所で、そうすることが自分たちにとって必要であるという認識がないかぎり、その場しのぎの学びになるのでしょう。生徒は日々成長しています。もちろん、学びが後退したり停滞することもあります。そんな時、私たちがどんな願いを持っていて、その願いが生徒との間で合意されていることが大事なのだと思います。また、これは所謂、生徒指導にも言えることだと私は思っています。

2017-06-02

慌てずに少しづつ・・・

05:25

これから部活動の引率がありますので早めに・・・といっても、ここ数日更新をさぼってます(大汗)。

先日のブログで紹介した教室に入れない生徒が、昨日、私の授業に参加しました。昨日の朝、担当の先生から「今日、先生の授業に行くかれませんのでよろしくお願いします」と言われていましたので「どうぞ」とだけ言っておきました。

午後、そのクラスの授業に行くと、クラスの前の廊下でクラスの生徒と授業に来た生徒がなんだか話をしています。

「何?」と私が聞くと

「ここまで来たけど、教室には入れないって言ってます」と、ある生徒

「ふ~ん。で、どうする?」と私が聞くと

「先生、廊下でやっても良いですか」と、別の生徒

「いいんじゃない?」と私

そうしたら、教室に入れない生徒を囲んで数名が自分の机とイスを廊下に持ち出し、教室に入れない生徒と一緒に勉強していました。教室に入れない生徒は教科書も学習カードも持っていませんでしたが、一緒に学習していた生徒たちが手取り足取り教えていました。私は遠くからしか見ていませんでしたが、とても良い雰囲気で学習をしていたと思います。

教室に残った生徒はいつも通り。でも、自分の課題が終われば廊下に出て行って廊下で学習している仲間の様子を見たり「あと何分だよ」って廊下にいる生徒たちに伝えるなど、クラスのつながりが見える1時間でした。

何も知らずに廊下を通った先生方は驚いたでしょうが、私にとっては「結果を出してくれれば何でもOK」ですので、いつも通りです。授業が終わって、授業に来た生徒に「またおいで」と声を掛けたら、笑顔で戻って行きました。次回も来てくれればいいなと思います。

結果は早く欲しいですが、慌てずに少しづつ行きたいと思います。

OB1989OB19892017/06/03 11:12Facebookでシェアしました。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100016443523302

iku-nakaiku-naka2017/06/04 18:10M先生
コメントありがとうございます。ご自由にお使い下さい。
焦らず、でも着実に「もっと」を求めて行きたいと思います。

2017-05-26

・・・助けて下さい

19:53

・・・そんなに深刻な内容ではないのですが(汗)。

実は、ある先生に勧められ、Facebookを始めようとしたのですが、登録が済んでいろいろな方を招待(?)していたら、何故かアカウントが使用できない状況になり、おまけにログインもできない状況になってしまいました(汗)。いろいろと調べてみたのですが、ただでさえアナログ人間な私(汗)。インターネット上の専門的な説明に全然ついて行けません(大汗)。

新しいメールアドレスを登録すればいいのでしょうか?。それとも今登録しているメールアドレスを使える方法があるのでしょうか?。どなたか詳しい方に教えて頂きたいと思っています。コメント欄でも上記のメールアドレスでも結構です。アドバイスをよろしくお願い致します(深々と礼)。

宿泊行事

19:46

今週は宿泊学習があり、やはり何だかバタバタした1週間でした(大汗)。

実は、私は以前は宿泊行事がキライでした。というか、宿泊行事の必要性を感じない人でした。

「なぜ高いお金を払って宿泊行事なんてするんだろう?」

「宿泊しなくても、普段の学校生活で生徒に付けたい力は付くんだけど・・・」

「そもそも、行く場所が決まっている宿泊行事に意味があるの?」

・・・なんて思っていました。また、宿泊行事に行くと「〇組クラスは・・・だけど、△組は・・・」という評価をされ、きちんとできないクラスはダメなクラスというレッテルを貼られているようでイヤでした。なので、行事に行く前には事細かい指導をし、当日いろいろなことを言われないように心がけました。

つまり、宿泊行事の時は自分の評価ばかりを考え、生徒に目が行っていなかったと思います。・・・反省です(大汗)。

でも、今はそういう行事があっても良いと思っています。行事を通して良かったことは普段の生活につなげ、反省すべき点も普段の生活の中で改善すればいいのですから。できないことを見つける1つの手立てとして宿泊学習を考える事ができるようになったので、そういう行事も少しは楽しめるようになったと自分では思っています。

行事は生徒を成長させるチャンスです。つまり、行事を単なるイベントにしてしまわないかどうかがとても大事なのだと改めて感じました。

jun24kawajun24kawa2017/05/27 06:56https://m-ochiai.net/facebook-login/
にありますが、フェイスブックに連絡してはいかがでしょうか?
もしかしたら、「アカウントが停止されてしまっている場合(実際の事例付き)」に対応するかもしれません。

OB1989OB19892017/05/27 07:06私も素人なので,よく分かります。
アカウントを登録したときに「Facebook認証コード」というのが届きませんでしたか?
たしか,それを入力したらなんとか動き始めた記憶があります。
1ヶ月前のことですけど,もう忘れました(笑)。
とにかくこの世界は,今,認証とかいうので,これでもかこれでもかと尋ねてきますから大変ですね。

iku-nakaiku-naka2017/05/28 09:53N先生、M先生
コメントありがとうございます。とりあえず問い合わせをしてみました。返事はまだですが・・・(大汗)。
使い慣れないものは、なかなかやっかいです・・・。