Hatena::Groupmanabiai

(続)nakajimaの「一期一会」

長野県の南部の中学校で社会科の教員をしています。4月より現場に復帰します。授業公開は日程が合えばいつでもOKです。その際は①参観はできるだけ複数名でお越し下さい。②授業後に授業についてお話できる時間を確保して下さい。③可能であれば異学年学習も公開するつもりです。そちらの希望があれば事前にお知らせ下さい。mailはnakachiro0402☆outlook.jp(☆を@に)です。よろしくお願い致します(深々と礼)。

2017-11-25

もし、そうだったとしから・・・

17:28

先日のブログの中で、M先生からコメントを戴きました。

私も、まさにその通りだと思います。しかし、もし「1人も見捨てない」の主体が「生徒」であることを理解していて、それでも「1人も見捨てないなんて言う必要なんてない」と主張する先生がいたら・・・と、ここ数日考えていました。私の憶測ですが、これから書く事が現実にあるとすれば、とても怖いと思っています。そうでないことを信じたいです。

「私のクラスは生徒同士がきちんと関わっている。だから『1人も見捨てない』なんてことを授業で言わなくても大丈夫」

「私のクラスは道徳や特別活動を通して仲間との関わりを育てて来ているから、人間関係で困っている者はいない。だから『1人も見捨てない』なんてことを授業で言う必要はない」

「人間関係を育てるのは、普段の授業ではなく、学級活動や道徳、特別活動である。だから、『1人も見捨てない』なんてことを授業で言う必要はない」

例えば、上に載せたような発言をする教師がいたとしましょう。上の発言は、一見すると「生徒(生徒同士の関わり合い)」が「主語」になっているように見えます。多分、多くの教師が、上に載せた発言を聞けば「その通りだ」と思うでしょう。ここで、上のコメントのような状況を判断しているのは誰でしょうか?。それは、もちろん「教師」です。教師が自分のクラスを状況を評価し、生徒同士の関わりが十分であるから、敢えて「1人も見捨てない」という言葉を使う必要がないと思うのです。

非常に危険です(・・・よね?)。教師の判断基準で「1人も見捨てられてない」と評価されている集団の全てが「健全」なのでしょうか?。もっと言えば、教師の見えない所で問題や悩みを抱えている生徒はいないのでしょうか?。私の経験上、クラスや学年の問題やトラブルは、担任の見えない部分で起こることが多いです。言い換えれば、担任の見えない部分にこそ、生徒たちの「本当の姿」があると言えます。

そう考えた場合「自分が見ていて大丈夫だから問題ない」という、教師目線の判断はとても危険です。一方『学び合い』の考え方が浸透していれば、教師の見えない所で生徒自身が問題を解決できるようになります。だって、生徒たち同士に「1人も見捨てない」という意識が浸透していれば、困っている仲間を生徒同士の関わりの中で救うのですから。

もちろん、全ての生徒のことをきちんと看取れる教師がいるのかもしれませんが、そんな教師は希です。さらに、私たちは日々の仕事の中で必ずいろいろなことを「見落とす」のです。その自覚があれば、生徒にできることは生徒に任せ、生徒たちに助けてもらうのです。力のない私は『学び合い』を通して生徒たちに助けてもらっています。もちろん、今でもそうです。

自分の判断を信じることは大事ですが、それが全てではない。また、生徒にできることは生徒に任せる・・・これこそまさに「生きる力」だと思うのです。結局のところ、まだまだ「教師主導」という意識が強いのです。そういう点についても早く気づいて欲しいと心から思います。

2017-11-23

子どもを見捨てているのは教師ですよね?。

09:02

昨日の研究授業の後に行われた研究会で、ある先生が言われた言葉です。

学び合い』を方法論であると考えられている先生方にとって、昨日の授業にはたくさんの「?」が付くのでしょう。そして『学び合い』の根幹とでも言うべき「1人も見捨てない」という言葉についても「そんなことを教師が言う必要なんてない!」という雰囲気を、話し合いの中で感じました。

もし、私がタイトルのような質問をされたら、間違いなく「今まで何度もそうしてきました」と答えます。というか、そう言うしかありません。実際、そうだったのですから。だからこそ、私は話し合いの場でそんな発言はしません。自分ができなかったことを偉そうに言える立場ではないのですから。

「少なくとも、私は子どもを見捨てるような教師ではない。だから、子どもたちに『1人も見捨てない』なんて言わない。そんな必要なんてない」

私の勝手な想像ですが、そんな気持ちが先ほどの発言から感じられました。もちろん、子どもを見捨てようなんて思っている教師は1人もいないでしょう。しかし、教師がどんなに努力しても見捨てられていく子どもがいる現実を、私たち教師は直視すべきなのです。もしかすると、自分のクラスにいる間だけなら誤魔化せるかもしれません。楽しい思い出を作れるかも知れません。でも、それは本当に「クラス全員」なのでしょうか?。「学年全員」なのでしょうか?。「学校全員」なのでしょうか?。子ども1人1人に聞かない限り、子どもの気持ちなんて分かりません。そして、そんなことをしている時間は教師にはないのです。そんな事を考えながら、生徒の姿は素晴らしかったのに、やっぱりモヤモヤした自分がいました。

私は、これからも「仲間を大事にできる集団」であり、また「困った時に支え合える集団」を育てるために「1人も見捨てるな!」と言い続けます。続ければ、きっと大きな変化が起こることを信じて。

OB1989OB19892017/11/24 06:49やはり,「一人も見捨てない」という表現に誤解があるようです。
「一人も見捨てない」の主語は教師ではなく,子どもたちです。
「子どもたちが,誰一人として,所属する集団の中の他の子どもたちを一人も見捨てない」となるわけです。
したがって,教師が子どもたちを一人も見捨てないのではなく,子どもたちが集団内の仲間を一人も見捨てない教育なのです。
子どもたちが教師に見捨てられていたとしても,集団内で子どもたちが互いに一人も見捨てられていないのであれば,まだ救いがあるのです。
子どもたちが居場所を感じるのは、教師に依ってではなく集団によってです。
集団内での絆に依るのです。
教師が責任を持って行うべき「居場所づくり」(教師が育てる発想)と,子どもが主体となるべき「絆づくり」(子どもが育つ発想)を区別しなければならないと文科省も言っています。
我々の一人も見捨てない教育は、後者に直結するものです。
機会があったら,それを小・中学校の先生方に伝えてください。

OB1989OB19892017/11/24 06:52一人も見捨てない教育の,真の意味を1月30日に伝えに行きます。場を作ってもらえますか?

iku-nakaiku-naka2017/11/24 20:01M先生
コメントありがとうございます。本校でも『学び合い』に関して一枚岩ではありませんので、他の学校の先生であればさもありなんだと思います。
追伸、1月の件、調整させて頂きます。今しばらくお待ち下さい。

2017-11-22

強み

19:58

久しぶりに、やや長めのブログです。

今日は、県の教育会が主催する研究授業が行われ、私は午前中、村内の小学校へ道徳の授業を見に行きました。研究主任の先生が、小学校の研究の方向について『学び合い』の内容を含めた説明をされていました。「小学校はここまでやっているのか・・・」と正直焦りました(大汗)。

授業は、6年生のクラスで『学び合い』の考え方を大事にした授業でした。事前に説明があったのですが、特別支援学級に通級し、年度当初は教室になかなか入れず『学び合い』の授業をするようになってから教室で授業を受けられるようになった児童も一緒に授業を受けていました。私は、その児童を授業中ずっと見ていました。お恥ずかしい話ですが、久しぶりに目頭が熱くなりました。素晴らしいクラスと子どもたちでした。大勢の子どもたちが代わる代わるその児童と関わります。それも自然な関わり方です。結局、私が見ていた児童は授業中にほとんど活動することはありませんでしたが、彼の中に「学び」は必ずあったと確認しました。

授業後の研究会。予想はしていましたが、「全体追究の時間の確保」だの「生徒の道徳的価値を揺さぶる資料が必要」だの「1人1人の生徒の評価」だの「より生徒に寄り添った課題の提示」だのと、まるで1時間の生徒の学びを1人の教師が全て把握できるか如くの発言が続きました。腹は立ちませんでしたが、どこを見ているのだろうと感じました。「あれだけの学びをしている子どもたちに道徳的心情が育っていないとでも言いたいのか?」とも思いました。と同時に、まだまだ超えるべきハードルは高いと痛感しました。唯一の救いは、私の見ていた児童の学びを、指導主事の先生が研究会の中で認めて下さったことです。主事の先生は、私と同じようにその児童に1時間中張り付き、言葉を拾ったからこそ、その児童の学びの過程が分かったのです。それを30数名の児童についてもできるのか?と聞かれれば、答えは明確です。いい加減気づいても・・・いえ、気づかなければいけないんじゃないかと思いました。

何となくモヤモヤした気持ちで学校に戻り、午後の授業を行いました。3年生の公民の単元で、今日は単元テストを予定していたので予定通り行いました。クラス平均点は200満点中170点。目標点(160点)を超えたのが29名中21名。最低点も140点を超えました。私の授業には全体追究も生徒を揺さぶる資料も生徒に寄り添った課題もほとんどありません。でも、結果は出ています。テストの結果を見ながら、ちょっとだけ溜飲を下げられたような気がしました。

あの生徒たちが4月から本校の生徒になる。非常に楽しみに感じました。そして、『学び合い』で小学校と中学校が繋がっている「強み」を改めて感じることができた1日でした。

OB1989OB19892017/11/23 07:04申し込もうとしたら期限が過ぎて断られました。

scorpion1104scorpion11042017/11/23 08:10その小学校に関わりたかったんですが、残念な結果に終わりました。

iku-nakaiku-naka2017/11/23 08:42M先生、scorpion1104さん
コメントありがとうございます・・・あれれ?・・・です(汗)。
研究会は全県なので融通が利かなかったかも・・・とは思います。また、小学校の『学び合い』の種は昨年蒔かれ、今年になって芽が出てきたという状態です。今の6年生に関しては、私たちが花を咲かせなければ・・・と強く思いました。

scorpion1104scorpion11042017/11/23 17:21なるほど、そうだったんですね。いろいろと腑に落ちました。

2017-11-15

まだまだ・・・

20:30

本日は、N先生をお招きして、小中連携の研修会が行われました。本校で『学び合い』の授業を公開し、午後は授業についての研修会を実施しました。小中で『学び合い』についての検討会ができることに感謝しつつ、先生方のお話を聞いていました。

N先生のお話も、短時間でしたが、相変わらず的確でした。あの話を、多くの先生方が「自分の問題」として捉えてくれることを願っています。

・・・ということで、研修会自体は素晴らしいものになったと思います。しかし、私自身は「まだまだ・・・」という気持ちがとても強いです。その理由は、給食の時のある生徒との会話にあります。会話の内容はこんな感じでした。

*********************************

私「今日の『学び合い』の授業どうだった?」

生徒「やることがちょっと多くて大変でした・・・」

私「ふ~ん。○○の授業って、いつも『学び合い』でやっているの?」

生徒「いつもって訳じゃないです。社会の『学び合い』の授業は楽しいから、他の教科でもどんどんやって欲しいです・・・」

*********************************

本校の現状として、『学び合い』の頻度が教科によってまちまちです。それを少しでも改善しようとやってきましたが・・・生徒の声から、自分の仕事がまだまだ足りないことを痛感しました。

生徒の声を教職員に伝える努力をし続けたいと思います。精進します。

jun24kawajun24kawa2017/11/15 22:32釈迦に説法だけど、ゆっくりとね。
私の見る限り、凄い速度で変化しています。
自分の望む速度では変わりませんが、自分が恐れる速度を超えていると思います。
いや~、凄かった。
大満足です。
あと、例の件、よろしくお願いします。

jun24kawajun24kawa2017/11/15 22:35追伸です。
みんなで取り組む『学び合い』入門
に書きましたが、3人の同志が生まれれば、結果を出せば学校は変わります。
かなりの先生が、腑に落ちる直前状態と感じました。

iku-nakaiku-naka2017/11/16 06:43N先生、コメントありがとうございます。また、昨日はお世話になりました。焦らず、しかし着実に事を進めていきたいと思います。

追伸、例の件、了解しました。

2017-11-02

一応、宣伝です・・・

20:46

N先生が宣伝をして下さっていますので、私も宣伝をさせていただきます。再来週、本校で『学び合い』の授業公開をします。私は授業公開をしませんが、複数の教科で『学び合い』の授業を公開します。参観を希望される方がいましたら、上記のアドレスに連絡していただいても構いません。よろしくお願い致します(深々と礼)。

より広く・より長く

20:44

しばらく更新をさぼっていました(汗)。

行事や中体連の大会がひと段落し、日々の学習にようやく目を向けられるようになりました。・・・ちょっと忙しかったです(大汗)。

ここ数年思っていることですが、最近はさらに思うようになりました。

「より広く」。そして「より長く」です。

学び合い』を始めた当初のように、1時間の授業で感動することはなくなりました。「いい学びだな~」とは思いますが、同時に「この学びが1ヶ月後も続くにはどうしたら良いんだろう?」とか「中学を卒業しても仲間と関わって学ぶ力を付けるためにはどうすれば良いんだろう?」と考えるようになりました。

また、1時間の学びが良くなくてもあまり腹を立てなくなりました。「まあ、次の時間もあるし」とか「単元や学期を通して良くなればいいし」なんて考えるようになりました。もちろん「あのさぁ~」とお説教をすることはありますが、昔のように目くじらを立てることは随分少なくなった様な気がします。歳を取ったのかもしれませんが、少し長く・広く考えられるようになったお陰で生徒の学びをキチンと見られるようになった気がします。

単元テストは、平均で160(200点満点)を超えるようになりました。教科担任の言葉を真摯に受け止め、クラスの中で活動を修正しようとする生徒の姿が多く見られるようになりました。予習をしてくる生徒の数も随分増えてきました。2学期もそろそろ「まとめの時期」です。少なくとも、1学期の学びより良い学びになっているという実感を持たせてながら学期末を迎えたいと思っています。

jun24kawajun24kawa2017/11/02 21:37大いに期待しています。
最古参の実践者が研究主任なのですから。

iku-nakaiku-naka2017/11/03 19:01N先生
コメントありがとうございます。慌てずに、でも着実に進んで行きたいと思います。