Hatena::Groupmanabiai

1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! このページをアンテナに追加 RSSフィード


クラスのみんなが伸びる(成長する)ために日頃から悩まれている先生方!?
みんなが伸びる(成長する)授業を目指したい方
すべての子ども達のために一緒に学びましょう!
上越教育大学の西川先生が提唱する『学び合い』の考え方を中心に
みんなが伸びる(成長する)学習の場づくりを共に考えています!


長野市で不定期に学習会や情報交換会を行っています。
この会には、教員(大学、短大、高校、中学校、小学校)
一般社会人、保護者、学生(大学院、大学、短大)、塾の先生
などなど実に多様なメンバーが集まって互いに高めあっています。


2010-02-21

教材について学ぶ会

| 17:41 | 教材について学ぶ会 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 教材について学ぶ会 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

先日、T波大附属小学校の授業研究会に行ってきました。恐ろしい参観者数で相変わらずかなり気合を入れないと子どもの姿を確認することすら難しい状態です。私が参観したのは理科と算数です。同時に多くの授業が行われている中、それぞれの授業とも体育館と講堂が通勤電車のような状態になってしまう有様です。ざっと見積もってもひとつの教科1000~1500名くらいの集客力!!!うらやましいです。池袋周辺のビジネスホテルはほぼ満室でした。『学び合い』の研究会をしてこんなに集まったら怖いですが、どうしてなのか?考えちゃいました。まあ、その議論はさておき・・・

算数の研修会でどちらかというと『学び合い』の研修会のような様相を呈してきたときがありました。「全員の子どもが参加していたか?」「子どもたちに自由に相談させたらどうだっただろうか?」「ふむふむ」と聞いていました。でも、会場はいまひとつ盛り上がりません。そんな時に、一目も二目もおく附属の先生が「授業論になってしまっている、もっと算数の教材について話しませんか?」というような趣旨の話をしました。むむむ・・・、と思いましたが、回りの先生方は「うんうん」と深く頷いています。「なるほど!みんなはそういうことを求めてきているんだな!」おばかな私はそのときようやく気づきました。そして同時にこの手の研究会はつまらないと思っていた私が急に楽しくなってきました。なんてお馬鹿だったのだろう!今までかなり損をしていたな!と思いました。

その先の今日の教材についての議論は、「私も自分ならこう扱うのに!」「いや三角形じゃなくて四角形でやるのに!」とか架空の教室をイメージして楽しんでいました。こういう学校で練りに練ってくれた手ごたえのある楽しい課題を『学び合い』でやってみよう!と思いながら聞き入りました。実に楽しかった!一緒に行った、若い先生がそれまで睡眠学習していた私がいきなり起きてメモを取り出したので驚いて「どうしたんですか?なにか凄い事話してますか?」と心配気に聞いてきました。「自分にとってこの話の意味が変わったんだよ」とますます困るような返事をしましたが、本当に面白かった。来年、授業を持ったらやってみよ!そしてそのときには詳しく実践報告できるかもしれません。

ghjalghjal2010/03/03 01:35>「なるほど!みんなはそういうことを求めてきているんだな!」
まさにパラダイムシフト。『学び合い』の考え方にたつと、それぞれの授業の意味合いに強く感じることがあるものです。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2010/03/04 22:50そうなんですよね!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20100221