Hatena::Groupmanabiai

1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! このページをアンテナに追加 RSSフィード


クラスのみんなが伸びる(成長する)ために日頃から悩まれている先生方!?
みんなが伸びる(成長する)授業を目指したい方
すべての子ども達のために一緒に学びましょう!
上越教育大学の西川先生が提唱する『学び合い』の考え方を中心に
みんなが伸びる(成長する)学習の場づくりを共に考えています!


この会には、教員(大学、短大、高校、中学校、小学校)
一般社会人、保護者、学生(大学院、大学、短大)、塾の先生
などなど実に多様なメンバーが集まって互いに高めあっています。


2014-01-19

学校に来れない

| 12:04 | 学校に来れない - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 学校に来れない - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

登校拒否なんて言葉で語られていたのが、気づいたら不登校になりました。そして、教員までが学校に入れないことが話題になります。この手の問題は、当事者にならないとあまり関心が向かないような気もしています。私は、いつどこで起きてもおかしくないと思っているのですが…

最近、ちょっと考えてしまいます。

教員がそういう状態になった場合、学校サイドのフォローはほとんど無いような気がします。あまりかかわりが無い場合、社会の厳しさがそうだからと済まされてしまいがちです。本当に心配していても、一人では、気持ちや行動をそちらへ向けるゆとりや時間的な隙間がなかなかありません。集団ならどうか?と思いますが、そういうことを考えられる集団ならばきっとそのような心配をしなくてもいいのだろうなぁ・・・とも思います。

私も今までのキャリアの中で学校の内外でいろいろな方と遭遇してきました。そういった状況になったときに集団で対応できるケースが極めて少ないです。

全体の問題として考えずに、管理職と一部の当事者でローカルなものにしてしまう傾向があるから・・・しかも対処療法的になることが多い・・・

人事(ひとごと)のように、責任を負わないような対応に終始する。あからさまに当事者の能力や精神状態によるものとして処理しようとする。そのような対応を指示されるとと、さもありなんと思います。

根っこの部分は何なんだろう?と考えると・・・

そもそも学校とは何をするところなのか?を見失い。何が幸せなのか?と見失ってしまってはどうしようもないんだろうな。という思いにたどり着きます。学校観です。

学び合い』の考え方はこんな問題も、いとも簡単に解決させる力を持っていると思います。

西川先生の下には多くの教育委員や校長など管理職サイドの方も来られているようです。明るい光が見えます。

「一人も見捨てない社会を目指すこと、全員が幸せな社会を目指すこと」この大義を本気に自分のこととして考えられる人が少しでも増えたらいいな。と思うことが多いこのごろですした。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20140119

2014-01-04

| 20:46 | 禅 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 禅 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

私を西川研に送り出してくれた校長先生から電話がかかってきて、お誘いを受けたので、年始のご挨拶も兼ねておじゃましてきました。県の教育界のトップにいた方なので、一対一の席はとっても緊張しましたが、懐かしい話やありがたい話で楽しく過ごしているうちに、その先生から、久しぶりに臨済禅の勉強会に参加しないか?とお誘いをうけ(てしまい?)ました。

その先生にお世話になっていた当時、職員会がおわった放課後、校長室で細々と臨済宗の中興の祖、白隠禅師の唯一の師匠である正受老人についての学習をしたり、休日の早朝に、近くになる正受老人の庵(かなり有名らしく、国内外の著名な方国家元首レベルがお忍びて訪れるらしい)で座禅を組んだりしていました。煩悩の塊の私は、ただただ飛び交う蚊と、じょじょに消え行く意識との戦いに明け暮れる有様でしたが・・・

今回は、ちょうど、年末に北陸に行ったついでに、思い立って本山の永平寺に行ってきたところでした。そこで、曹洞禅の世界に触れ、単純な私は、道元禅師の思想に影響を受けまくっていたので、これも何かの縁かな・・・と思いました。

とても勉強をしているというレベルではないのですが、禅の本を読み始めると、ところどころ『学び合い』に通じるところがあるんです。そうなるともっと知りたくなってしまいます。教育の不易な部分、根本的な思想は同じなのかもしれません。

よい機会なので自分の専門外の世界に参加してみようかな?と思っています。

mei-c5mei-c52014/01/04 23:33冗談ではなく、読み合わせ、してみたいです!

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2014/01/05 13:02mei-c5さん 若いのに渋いですねぇ!笑。本当に、実現させましょうか!山梨に来たときにでも相談しましょう。
私も初任の学校から、古典の読み合わせの会がある学校や地域に縁があり、さまざまな会に参加して(させられて?)いました。信州教育の源流を学ぶ会、西田幾多郎同好会、道元禅師の正法眼蔵などなど。当時は、読めずに恥をかいたり、解釈されてもわけが分からなかったりしていましたが、今頃になって、じわりじわりと効いてくるような気がしています。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20140104

2014-01-03

ヘッダーを変えました

| 12:23 | ヘッダーを変えました - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - ヘッダーを変えました - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

マイナーチェンジですが、変えました。

長野の会の告知も行います。山梨ともどもよろしくお願いします!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20140103

2010-12-22

PISA2009

| 00:39 | PISA2009 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - PISA2009 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

昨日、深夜のNHK教育でPISA2009についての論説を京都大学の松下先生が行っていました。うちの学校のカリキュラムセンターの研究員をお願いしている先生です。その中で、上海の参加を認めたことと、上海が軒並み上位(トップ)に位置していることについて過剰な反応(フィンランドの時のフィンランド詣や何から何までフィンランドに倣え!という論調のような)、そして順位ばかりに着目することについて危惧されると、話していました。報道などによってセンセーショナルに伝えられると、その報道を通したPISAの結果に日本中が揺れ、その振幅が経済界、政治の世界そして文部科学省によって増幅されて現場に押し寄せ、その結果、右往左往することと思われますが、今回はやや持ち直したため、あまり関心がないようですね。PISAに慣れた(飽きた?)のでしょうか?『学び合い』による授業は、まさにPISA型の学力をつけるのに最適な考え方だと思っています。今はなんとなくそう考えているのですが、きっとはっきりする日も近いと思います。

ghjalghjal2010/12/22 07:00川崎の先生方!お目が高い!
でも、あくまでも現場が注目しないとダメですね。
そういう意味では、自分の不徳を感じます。

maya-1maya-12010/12/22 17:49蛇足かもしれませんが、ある程度気が熟したら、「学び合い神奈川」のメンバー+αで総力をあげて支援するなど有効ではとふと思いました。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2010/12/22 22:37ghjalさん maya-1さん 今年は連絡が無かったですが、来年あったら神奈川の皆さんとみんなでフォローしたいなぁと勝手に思っています。その時はよろしくお願いします!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20101222

2010-07-18

田舎地域の作業(『学び合い』とはまったく関係ありません)

| 08:48 | 田舎地域の作業(『学び合い』とはまったく関係ありません) - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 田舎地域の作業(『学び合い』とはまったく関係ありません) - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

朝から地域の河川の整備に行ってきました。大鎌やビーバー(草刈機)を持参の上、集合して我が家の近くの国道のバイパスから千曲川本流までの200メートルくらいの草刈です。そのほかの区間は地区のほかの組が分担して行います。都会にいるときには考えられなかった作業です。今日の川は、昨夜までの大雨洪水警報が解除されましたがすごい水量です。地元の人間が危険だ!という中みんなで作業です。藪の中で蚊の大群と格闘しながらの作業でした。すごい急勾配で立っているだけでも相当な力が必要です。滝のように汗が流れます。やっと作業が終わりましたが、その後、地域の若いみんなは秋祭りの道具の点検作業があります。私は数年前から若者の仲間ではなくなりました・・・私より若い人だけで成立するのでうちの地区は幸せです。川の周辺の環境整備は水害などから地域を守るために必要な作業です。ごみがたまって川を堰き止め、一気に崩れて下流へ流れるのを防ぎます。いわゆる里山の保全作業です。地域が行っていることで下流域を水害から守るのです。田舎ではこんなことまで地域で行います。せっかくの休みがどっと疲れて台無しになります。しかし、これを税金で役所がやると大変です。お金も時間もかかります。田舎では、税金(交付金)を国からいただく代わりに自分たちでできることは自分たちでやっていくことが身についています。つまり地域の人がいただいた分の負担を分かちあっているように思えます。都会から田舎に越してきて本当にそう思います。

w8bridgew8bridge2010/07/18 21:40 私は、温泉につられて今の地に引っ越してきました。温泉は、蛇口をひねるといつでも出るし、冬は融雪にも使えるので、かなり重宝しています。
 さて、この地域は、町内の活動が盛んな所で、河川敷一帯の清掃作業、道路への花の苗の植え付け、川のどろ除去作業、神社の草刈作業、ねぷた祭り(町内でねぷたを出します)等、たくさん町内で行う事業があります。
 引っ越して来た当初は、結構戸惑いました。行事も多いので町内会費も結構高いです。
 ということで、1kawaさんの気持ちは、よく分かります。
 それと、山梨の会の参加を前向きに考えています。決心しましたら、メールを出させていただきますので、よろしくお願いいたします。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2010/07/20 21:01コメントありがとうございます!
本日まで、サマースクールでキャンプに行っていました。返信がおそくなりすみませんでした。温泉!すご~くうらやましいです!地方の暮らしも結構いいのは分かります。私も、日本一の千曲川(信濃川)のカヌーポートまで10分以内という特典があります。スキーへもゲレンデの天気と交通量を見てから準備をしていくこともできます。良さもいっぱいですよね!
さて、山梨の会ですが是非是非参加を決断してください!みんな首を長くして待っています。

maya-1maya-12010/07/20 23:01仲間を誘って8月7日参加したいと思っています。もうしばらくお待ちください。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2010/07/21 09:35maya-1さん 是非、たくさんのお仲間をお願いします!楽しみにしています。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20100718

2010-07-15

集団の力で解決する

| 20:11 | 集団の力で解決する - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 集団の力で解決する - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

学年会で話し合ったことです。私たち学年のチームは、いくら分担しても一人ひとりに寄り添いながら60名の子どもを同じように支えることはできません。でも、集団の力で課題を解決する道を示すことで課題を解決することは目指せそうな気がします。

その考え方にたってさまざまな学年の諸問題に向かっていくことを確認しました。学年の目標は、「一人も取り残すことなく、支えあう学年」です。もちろん、学年という集団のために貢献できることは一人ひとり異なります。でも、みんなができるようになるために自分ならなにができるかを真剣に考えていくことが大切です。

もうすぐ夏休みです。こんな忙しい時期に、そんか話ができる学年会に感謝です。

o4dao4da2010/07/17 11:13長野ではお世話になりました。質問です。どうしたらこのパンフのように掲載できるのですか?

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2010/07/17 11:54o4daさん こちらこそお世話になりました。
見てのとおり、エクセルで作ったポスターそのものですが、範囲指定してペイント(ウィンドウズのアクセサリに入っているソフトです)に落として画像(jpeg)として保存しました。めちゃくちゃ乱暴なやり方ですが、投資ゼロでできます。
その後、編集、商品・写真から画像をアップデートしましたよ。もっと丁寧に説明が必要でしたら遠慮なく!

o4dao4da2010/07/17 12:22一太郎でつくったものをアップしようと思ったのですが、ペイントにならなかったんです。残念、もう少し模索します。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2010/07/17 14:14お役に立てずに残念・・・一太郎派だった私も、今回の職場から支給されたPCがMSに侵されていたためとうとうワードの軍門に下りました。ということで一太郎の場合についてアドバイスできないのが残念です。
絶対、一太郎のほうが優れていると思いますが、おろるべしMSです。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2010/07/17 14:15ちょっと思いついたのですが1ページに表示してプリントスクリーンでコピーをして張り付けることは可能ではないでしょうか?それでも読めるようならできそうですよ!できなかったらごめんなさい。

ZairishaverZairishaver2012/02/22 22:45You clodun't pay me to ignore these posts!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20100715

2010-02-14

あ~!!!授業したい!

| 15:15 | あ~!!!授業したい! - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - あ~!!!授業したい! - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

ツイッターのような叫びです。今年は授業をしていません。まんまとそういう仕事に回されてしまいました。まじめに授業したくなってきました。禁断症状です。4月からは授業に復帰したいよ!

ghjalghjal2010/02/14 16:50うわあ、もう二回目が設定されて、しかもテーマを検討中なんですね。禁断症状が解消されるといいですね。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2010/02/14 22:46ghjalさん 禁断症状の解消は切実です。でも、今年はおかげで多くの先生に『学び合い』を紹介するチャンスに恵まれましたが…2回目ですが、じっくりとYtkさんなどと相談して決めたいと思います!

katokiti2003katokiti20032010/02/14 22:53>学習者観の違い
このところを理解してもらうのが一番難しいんですよね。
自分もまだまだ悩み中です。
一番分かりやすいのは、学習者の声に耳を傾けることと対話なんですが、それが今の現場は難しい。
っていうか、自分が「難しい」と思い込んでいるだけなんでしょうか…?
う~ん、もっと思案します(^_^;)

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2010/02/14 23:04katokitiさん やっぱりこのことをテーマにしようかな。と思いました。自分はICレコーダーで子どもの発話を聞きまくったので疑いなく信じています。研究室ではそれが前提の話がされていました。でも、それを知らない人はどうやって信じるのだろうか?ということを知りたいと思います。今まで、当たり前だったから想像することはできるのですが本当のことを知りたいです。
Ytkさん。読んでますか!どういうときに、学習者が有能だ!と感じるかをみんなで話し合いたいです。東京の会に行けたら聞いて回ろうかな?

ytk0820ytk08202010/02/15 08:17今、読みました!では、このあたりが次回のテーマになりそうですね。色々な意見に触れ、高め合っていける会にするには、フリートークよりワールドカフェみたいな何か手法を仕組んだほうが良いのかもしれないと思うのですが、模索中です、いや、積ん読中(汗
ちなみに、僕は、色々考えましたが....応えが見つかりません。たぶん、経験の問題かもしれません。子どもと接してきた時間が少なく、あまり子どもに対する見方が固定化していないので(ようは経験と勉強の不足なんですが)、「学習者は有能」と言われても「そんなことないでしょ」ではなく「へぇ、そうなんだ~」と思ってしまうことが多いです。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2010/02/16 23:10Ytkさん、東京ではバザール担当の打診があります。よって山梨隊として参加します!応援よろしく!

ytk0820ytk08202010/02/16 23:41はい!いつも東京の会では山梨からの参加者は自分一人という感じだったので、嬉しいです。今回は、さまざまな地域から、さまざまな立場の違った方々が参加・発表されるとのことで楽しみです!!今の段階では参加のつもりなので、3月27日は女子聖学院でお会いしましょう。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2010/02/17 17:35Ytkさん 東京で、山梨の『学び合い』の存在をアピールしましょう!定例会のチラシなども用意しましょうか!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20100214